1勝クラス 単語

4件

イッショウクラス

1.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

1勝クラスとは、中央競馬地競走において、収得賞金500万円以下の競走馬が出走可レース、および収得賞金1円以上500万円以下の競走馬のことである。

1990年2019年までの表記は「500万下」。それ以前は「400万下」「300万下」…だった時代もある。

概要

その名の通り、中央競馬新馬戦or未勝利戦勝利を挙げた、通算1勝の競走馬が所属するクラス。ただし勝ち上がった後に重賞で2着を獲った場合は収得賞金が加算されて昇級する。また未勝利のまま2歳オープン特別を勝利した場合は収得賞金600万円を獲得するためこのクラスを飛び越えることになる。そのため、通算1勝の競走馬が全てこのクラスというわけではない。

たとえばエタリオウは通算17戦1勝だが、GⅡ青葉賞で2着を獲った時点で収得賞金が加算されてこのクラスを脱している。
収得賞金クラス分けについては、詳しくは収得賞金の記事を参照。

1勝クラスの競走は、2歳季から施行される。2勝クラス3勝クラスの競走が施行されるのは3歳季からなので、3歳までにここを勝ち抜けたは、3歳季が始まるまでの間はオープン扱いとなる。2歳季、3歳季の1勝クラスはそれぞれ対齢限定戦だが、3歳季以降は「3歳以上1勝クラス」「4歳以上1勝クラス」となる。

3(4)歳以上1勝クラスのレースは一般競走(特別競走じゃない、レース名がついていないやつ)が多い。一般・特別合わせて年間1,000戦近くが開催されており、ここを勝つと収得賞金500万円を獲得し、2勝クラスへと勝ち上がれる。

また、このクラスに属する競走馬は、大きく分けて3種類いる。

3歳未勝利戦終了後、未勝利のままで中央競馬地競走に残った競走馬は、基本的にはこのカテゴリーの競走に格上挑戦を続けることになる。なお、そういう勝利した場合、収得賞金500万円になるので、まだ1勝クラスのままである。

特別出走手当については、以下の通りとなっている。

3歳競馬まで 3歳競馬 4歳 5歳 6歳以上
勝利・未出走 全額 半額 なし
収得賞金1円以上200万円未満 全額 半額
収得賞金200万円以上500万円以下 全額 12万減額

このため、ただ走ってるだけでは稼げなくなってくる。

また、3(4)歳以上1勝クラスに関しては、2勝クラス以上と異なり、中央4場で行う競走、および競馬福島新潟・中小倉に関しては、東日本(東京中山、および競馬福島新潟)は美浦トレーニングセンター所属が、西日本(京都阪神、および競馬の中小倉)は栗東トレーニングセンター所属が、出走順位で優遇される(それ以外は地区ごとの優遇はない)。

※注、ただし2020年から季期間で札幌競馬場(函館競馬場)と新潟競馬場のみの2場開催で、小倉競馬場が1かほど開催されていない期間は、東所属のが出走に関して不利とならないように、この期間は新潟競馬場での優遇措置は除外されている。

一方で、3歳以上1勝クラスの季の東京京都開催以降と4歳以上1勝クラスに関しては、未出走・未勝利は中央4場で行う競走には出走できない。中央4場で開催されない競馬であれば特に制限はない。
※なおこの制限は2024年より撤されることが案内されている。

1勝クラスのレースでニコニコ大百科に記事があるレース

現在は施行されていないレース

関連動画

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/13(土) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/13(土) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP