1.44単語

イチテンヨンヨン

  • 6
  • 0
掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

1.44とは、

曖昧さ回避

  1. 3.5インチFDフォーマット容量の一つ
  2. ロシアミコヤン社が試作した戦闘機「MiG-1.44」

当項では2.のMiG-1.44について記述する。

概要

1.44は1981年米国ATF(先進戦術戦闘機計画)に対抗するために結成されたMFI(多機前線戦闘機)計画にいて、ミコヤン社の案のひとつとして提案された機体である。
機体のスタイリングは(ユーロファイター・タイフーンF-15Cイーグル)÷2のような感じに仕上がっている。
MFI計画が進んでいるさなか、ソ連が崩壊し計画が狂ってしまう。本来なら1995年に飛行試験を行うはずだったが、1997年MFI計画が中止され、更にライバルスホーイ社がSu-47を初飛行させたことから、ミコヤン社は大慌てし1998年に機体写真開し、2000年に初飛行を行った。
今後の計画としてはロシア空軍側はT-50 PAK FAを本格採用する積もりであり、1.44が採用されることはまずいと思われる。
2000年に初飛行を終えたあとは機体は重機の餌スクラップにされたのでは?という説も一部浮上していたが、2009年のジュコーフスキー航空ショー(MAKS)の会場の隅のほうでひっそりと駐機されているのが撃され、未だにスクラップされずに残っていることが判明している。

登場作品

関連動画

 

関連商品

 

関連コミュニティ

1.44に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 21ななしのよっしん

    2017/12/17(日) 22:23:31 ID: RvdVbBplJn

    並べてみると案外違うゾ、パクリくさいのは否定できないけど
    むしろその後のJ31がF-35にかなり似てる、ガワだけでもパクってきたのは脅威かもしれん

  • 22ななしのよっしん

    2019/02/23(土) 11:55:01 ID: ROkbDHoiQ0

    J-20は1.42を具現化したようなものなのかな?
    ほぼ没案化したMFIの開発情報をミコヤンの開発者がなんらかの見返りに中国当局にリークしたのか、ミコヤンとしてもスホーイに吸収される最後の抵抗として中国に協したのか、それともロシアMFI計画を少しでも駄にしないために面下でJ-20開発に協でもしたのか。非軍事オタクとしては勝手な妄想が捗って楽しい。
    ただのガワパクはロマンがないなぁ、濃厚なのかもしれんが。
    1.44Mig-31の後継か、第6世代機用関連開発の技術試験機として密かに飛び続けてほしいな。わざわざMig-35採用でミコヤンを救済したんなら、尚更期待せずにはいられない!

  • 23ななしのよっしん

    2020/04/14(火) 19:55:48 ID: 3MGLCbvtnU

    ダイオウイカ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/25(金) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/25(金) 09:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP