今注目のニュース
ケロロ、誕生日おめでとう! 「ケロロ軍曹」誕生日記念でキャラソン&サントラ99曲を一挙配信スタート
「親の治療費に」でデータ転売 高橋容疑者の供述で企業批判も
ドンキ限定98円ポテチの売れ行きが絶好調! 広報「想定の約3~4倍」

105系単語

ヒャクゴケイ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

105系は、国鉄が開発し、現在JR西日本で運用されている直流通勤電車である。

概要

国鉄105系電車
105系
基本情報
営業最高速 100km/h
軌間 1,067mm
形態 通勤車両
製造年 1981年

103系姉妹であり、最短で2両からの短い編成を組むことが可

103系は大都市で走ることを前提に機器を分散して積むのに対して、105系では増解結がよくあることを前提とし、1両にすべての機器を積み込んでいる(1M方式)。このスタイル飯田線用に開発された119系をはじめ、JR東日本が旧の機器を流用して製造した107系にも継承された。

地方で細々と走っていた旧電を置き換えるのに最適であり、JR西日本の閑散路線ではよく見かける存在となった。

1981年より新造された3と、1984年より103系改造して誕生した4の2種類が存在する。

改造の種は全て103系で、東京常磐緩行線にて地下鉄千代田線への直通運転に使用され、鉄板焼き電車として悪名高き103系1000番台が多数を占める。0番台からの改造も少数存在する。

JR東日本では0番台からの改造仙石線末端部のローカル運用に就いていたが、1998年に撤退している。その後は新と久里にある訓練センターで訓練としての余生を送っていたが、2008年までに209系と交代し姿を消した。

JR西日本では日根野電車区、岡山電車区、広島運転所、下関総合車両所現在も所属しており、電化ローカル線役を担っている。末期色化計画による単色塗装も各地で出現している。

活躍路線

和歌山地区

岡山地区

広島地区

下関地区

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/09(月) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/09(月) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP