20世紀フォックス単語

ニジッセイキフォックス

1.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

20世紀フォックス映画 (Twentieth Century Fox Film Corporation) /21世紀フォックスとは、かつて存在したアメリカ映画会社。通称「20世紀フォックス」「20th Century Fox」。

ウォルト・ディズニー・カンパニー下。

概要

1934年、20世紀映画フォックスフィルムという2つの映画会社が合併し誕生。

ワーナー・ブラザーズユニバーサル・ピクチャーズパラマウント映画コロンビア映画ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント)などと並び、アメリカの大手映画会社の一を占めている。

2013年ついに社名が「21世紀FOX」に変更され、「20世紀FOX」は同社の下部ブランドとなることが発表された。以降はテレビ制作を「FOX」、CATVを「FOXニュース」、映画制作を「20世紀FOX」名義で行った。

2017年ディズニーによるフォックス映像制作部門買収計画が発表され、2019年に買収が了した。映画テレビ番組制作部門はディズニー内に再編され、テレビ放送部門はFOXコーポレーションとして独立したまま存続する。

そして2020年、買収元のディズニーが同スタジオからFOXの名義を外すことを決断。今後は「20世紀スタジオ」として再スタートを切ることになり、米国映画史に一つの区切りをつけることとなった。

主な作品

…と、言わずと知れた名作を数多く制作し、AVATARに至っては2019年に『アベンジャーズ:エンドゲーム』に抜かれるまで世界最高行収入映画となっていた。
でも、ニコニコ動画的には「コマンドーを作った映画会社」と言った方が、ピンと来たりティンときたり第三次大戦が始まったりする人が多いかもしれない。

オープニングファンファーレ

20世紀フォックスの代名詞といえるのが、配給作品の冒頭に挿入されるオープニングロゴである。

パンパカーンパパパパパンパカパーン♪」とけたたましく鳴りファンファーレと数本のサーチライトに照らしだされる社名ロゴ映像は一度見たら忘れられないほどのインパクトを持ち、非常に高い知名度を持つ。

ちなみに、あまりにも有名なファンファーレ著作権を一時ワーナーミュージック下の音楽出版社に売却したことがあり、映画の冒頭でこのオープニングロゴを挿入する度に毎回そこに楽曲使用料を支払っていた時期がある。(その後再び買い戻し、現在は20世紀フォックスが権利者となっている)

なお20世紀スタジオとしてリニューアルされた後も、このファンファーレは引き続き用いられるとの事。

日本の関連会社

削除状況

他の削除情報をGoogleで検索するexit

動画 権利
BONES 第三季節 13話その2exit_nicovideo 著作権 BONES

関連動画

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/23(金) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/23(金) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP