今注目のニュース
2020年流行る?!「ジグザグバング」とは
悠木碧、子役の笑顔に悶絶「かわいいんだよな!」 幼少期はダンゴムシ集めにハマる
牛乳を飲むとお腹がゆるくなる理由を、管理栄養士に聞いてみた

27時間テレビ バスケットボール事件単語

ニジュウナナジカンテレビバスケットボールジケン

  • 11
  • 0
掲示板をみる(100)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(11)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

27時間テレビ バスケットボール事件とは、2011年FNS27時間テレビ内のバスケットボールコーナーで、『いじめ』を彷彿とさせるシーンを放送したことにより、ネット炎上した事件である。

概要

事の発端は、フジテレビ系列2011年7月23日~24日に生放送された『FNS27時間テレビ めちゃ2デジッてるッ! 笑顔になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん!!』である。

その番組内のコーナーすぽると! 美女アスリート合コンSP』にて、美女アスリート3人(片岡美、伊藤中山明日実)と男性タレント3人(ナインティナイン岡村隆史SMAP中居正広ジャルジャル福徳秀介)により、「ランチミーティング合コン」として3on3(スリー・オン・スリー。6人で行うバスケットボールミニゲームのこと)を行った。ただし合コンとは名ばかりで、「岡村をないがしろにし、その後岡村バスケットボールを投げつける」というコントを行うというものだった。

そのコーナーの放送後、「いじめを彷彿とさせて不快だった」という抗議が一部の視聴者から発生。ネットでは「内容がひどすぎる」と炎上状態になった。特に、コントのきっかけを仕掛ける役を担当した福徳に対するバッシングしいものとなった。さらに、騒動とは関係のないはずの、コントに参加してくれた女性アスリートのブログまで炎上したり、本当は言っていないような罵を編集によってあたかも言ったかのように見せた、悪質な捏造動画も出回った。

騒動後、岡村をはじめとした出演者がラジオなどの媒体で、当時の詳細を釈明している。詳細は後述するが、概ねまとめると、「コントをしようとして失敗した。そのため暴力的な表現になってしまった。」とっている。

放送上の流れ

(この節は、初版作成者の見たままを書いたつもりですが、多分に主観的な内容が含まれているかもしれません。
その点はご了承ください。)

  1. 試合開始。岡村がパスを要しても他のチームメイト岡村にパスを出さない、いわゆる岡村を『』する状況が発生する。
  2. 岡村のパスを要する「ヘイヘイ!」というに対して、中居がゲームを中断。「うるさくて邪魔」と岡村に言う。「いや、パスが来ないから」と反論する岡村
  3. 反論している岡村の背後から、福徳が思いっきバスケットボールを投げつける。(1回
  4. いきなりのボール直撃に戸惑っている様子の岡村視し、ゲームが再開される。
  1. 再びゲーム中断。中居が再び「うるさくて邪魔」と岡村に言う。
  2. 再び岡村の背後から、福徳が思いっきバスケットボールを投げつける。(2回
  3. コートの傍で試合を観戦していた、加藤浩二もボールを投げつける。それを皮切りに、観戦していためちゃイケメンバー全員岡村ボールを投げつけ始める。
  4. 岡村は、戸惑いながらもボールを投げ返したりするも、多勢に勢、大量のボールをさらに投げつけられる。
  1. 試合再開。こぼれたボール岡村がついにキャッチ、そのままシュートするも外してしまう。そんな岡村に中居は「何やってんだ。入れろよ。」と厳しい言葉を投げかける。
  2. 再び岡村ボールをキャッチ。しかし、岡村ボールを持ったまま3歩以上歩いたため、トラリングにより再び試合中断。
  3. 言い訳する岡村の背後から、再び福徳が思いっきバスケットボールを投げつける。(3回
  4. それを皮切りに、めちゃイケメンバー全員が再び岡村ボールを投げつけ始める。今回は岡村にどんどん近づいて、強めに投げる。
  5. そんな中、濱口優ペットボトル岡村叩きつける。
  1. 試合再開。ルール通りに行動したはずなのに、なぜかいちゃもんをつけられ岡村が反則したことになり、試合中断。
  2. 福徳が岡村の頭に軽くボールを当てる。痛がる岡村。そのままCMへ。
  1. CM明けに、試合再開。「ヘイヘイ!」と叫ぶ岡村に、中居がキレ気味に「チッうるせーな」とく。
  2. シュートを強行するも、外す岡村。そんな岡村チームメイト、及びめちゃイケメンバーから罵が飛ぶ。
  3. 17.が数回繰り返される。
  4. めちゃイケメンバー全員が再び岡村ボールを投げつけ始める。
  5. そんな中、濱口優は硬いヘルメット岡村叩きつける。
  1. CM明け、めちゃイケメンバーと対峙する岡村。乱れ飛ぶバスケットボール
  2. コメンテーターとして参加していた江本紀も、なぜかバスケットボールの投げつけに参加。
  3. 最終的に、岡村が心配になったのか、江本が岡村ヘルメットをかぶせてコーナー終了。

そもそもどんなコントがしたかったのか

放送後、出演者がラジオなどでったところによると、以下のようなコントになる予定だったという。

美女アスリートとの共演に、はしゃぎすぎる岡村。面倒くさくなったチームメイトの中居と福徳は、岡村に厳しい態度を取り始める。それを不に思った岡村は文句を言って、チームメイトや観戦しているめちゃイケメンバーらと口論になる。そんな中、岡村背中バスケットボール軽く当てられる。岡村はすぐに振り向くも、だれが当てたかは判らない。

その後、試合再開するも、
 ⇒ 美女にはしゃぐ岡村
 ⇒ 岡村にいちゃもんがついて試合中断
 ⇒ 岡村に対して厳しい態度のメンバー
 ⇒ 岡村メンバーの口論がしくなり、収拾がつかない
 ⇒ 岡村に後ろからボールが当てられる。でも犯人かわからない
 ⇒ 強制的に試合再開
のやり取りが繰り返される。

最終的に、はしゃぎ続けるばかりで、怒られても言い訳ばかりの岡村にしびれを切らしたメンバーは、岡村に勢いよくボールをぶつける。

どこで失敗したのか

後にラジオ岡村、及び別のラジオでオアシズ・靖子がった失敗の原因は共通しており、『フリが浅かった』というものである。

このコーナーでは、「岡村ボールを投げつける」という結果に繋げるために、「岡村ボールを投げつけられても仕方がない」という前提の説明が必要であった。今回は「岡村ウルサイ」「何カッコつけとんねん」などと他のメンバーイライラする描写、めちゃイケメンバー岡村が口論になるという、岡村めちゃイケメンバーは対等であるという描写(岡村が弱者ではないという描写)、何度も注意をされたのに岡村が態度をめないという描写が入るはずであった。しかし実際の放送ではその描写は視され、いきなりバスケットボールをぶつける描写が挿入されてしまった。要するに今回のコントでは、段階を踏んで説明するというお笑いで言うところの『フリ』が丁寧に描けていなかったのである。

上記の『フリ』が視された重要なポイントとして、「福徳の1発が強すぎた」ということに尽きる。放送では、岡村メンバーの最初の口論後、いきなり福徳が1発から勢いよくボールを投げつけていた。このせいで、視聴者には岡村が理由なくボールをぶつけられた」という印しか残らず、視聴者を不安に気持ちにさせてしまった。
また、「めちゃイケメンバーがたくさん居て、が投げたのか判らないという状況で、『投げたの福徳ちゃうんか?』『いや、ちゃいます』って言ってるうちに、またどこかからボールが飛んでくる」というやり取りもしたかったようだが、福徳のボールが来た時、岡村が振り返った先には福徳しかいなかったため、すぐに犯人が分かってしまった。この時岡村は、「犯人が福徳だとわかっているのに『や?』っていうの恥ずかしかった」とっている。

福徳の1発がもっと弱いボールだったら、1発岡村には犯人が分らないような位置から投げていれば、こういう結果にはならなかったかもしれない。しかしこれは、「福徳がお笑いをわかっていない」「福徳の実不足」というだけが原因ではない。その原因を否定するわけではないが、その様な系統の批判に終始するのもまた違うといえる。福徳がこのような行動をとってしまったのは別の原因があるという。

打ち合わせの不十分

まずは、このコーナーは綿密な打ち合わせがされなかったということがある。出演者はその他の27時間分のコーナーの打ち合わせに追われ、さらにコントとしては簡単な内容であったため、口裏合わせのみで綿密な打ち合わせは行われていなかった。

また、福徳はコーナー前に、共演者の加藤浩次に「どんな感じにやるのがベストですかね?」と相談したところ、加藤は福徳のをしっかり見て、「お前が思うタイミングで、全で思いっきり当てろ」とアドバイスしていたという。

時間の短縮

そして、バスケットボールコーナーに割り当てられた時間が短くなってしまったということがあげられる。このコーナーの前コーナー明石家さんま会の『ホンマでっか!?TV』であり、このコーナーが盛り上がり時間がかなり押してしまった。また、このコーナーの後はスポーツニュースの予定があり、このスポーツニュースの時間は動かせなかったので、結果的にバスケットコーナーの時間が短くなってしまった。

その結果、余りにもの少ない時間に現場のディレクターが焦ってしまう。そんなディレクターは『岡村ボールをぶつけなければ!』ということで頭がいっぱいになって、口論シーンの最初からいきなり「福徳!ボールボール!」というカンペを出してしまう。それを見た福徳にも焦りが伝わり、カンペの示通り、また本番前に加藤にかけられたアドバイス通りに、勢いよくボールを投げつけてしまったのである。

メンバーの対応ミス

上記2つの出来事がありながらも岡村は、自らも含めて出演者の対応のミスがあったことを謝罪している。

バスケットコーナーは『すぽると!』名義ではあったが、実際はめちゃイケスタッフにより構成されていた、いわばホームの状況であり、まためちゃイケメンバーがの多くがっていたにもかかわらず、ホームの雰囲気にできなかった。そして、めちゃイケメンバー、さらに美女アスリートなどの多くのカードがあったにもかかわらず、それを生かし切れなかった。さらに、岡村自身もボールをぶつけられているときに「これ何なん?」と戸惑うようなリアクションをしてしまい、もっと上手い対応があったのではないか、と謝罪した。

この一連の流れに関して岡村は、「卓上の27時間テレビが出てしまった」とっている。「卓上」とは、「会議だけで盛り上がった内容」という意味である。

批判

コーナーの放送後、ネット上では批判が巻き起こり、炎上する事態になった。しかし「イジメに見えて不快」という批判ならまだしも、「福徳は『めちゃイケエースだ』と勘違いしている」といったものや、「岡村は福徳にキレている」というような出演者の心情に関する根も葉もないガセも蔓延した。これについて岡村は「あれはコントやから」「が福徳にキレているとか、絶対にないから」と否定している。 

余談

コーナーに参加していた中居は、このとき流れた不穏な空気を感じ取り、最終的に1球もボールを投げなかったことを後日ラジオで明かしている。また1球から強いボールを投げてしまった福徳に対し、CM中に一発からやっても意味わかんねえから」「お前さ、一発強いから、意味が分かんなくなっちゃうから、弱めにやれ」と注意したとのこと。CM中とはいえ、福徳にこの件で本番中に注意をしたのは中居だけだったという。それを見ていたナインティナインは、後日ラジオで「アイドル(笑)アイドル芸人さんに(お笑い導をしている)」と笑った。

岡村は後日ラジオで、「コントに失敗してしまったことは申し訳ない」と陳謝しながらも、「イジメではないのか」という批判、福徳叩きに終始している批判、さらに参加した女性アスリートのブログ炎上したことに対しては、視聴者ネット上で批判をしている人たちを痛批判した。

ただ、関係ないバスケ選手のブログ炎上させてたやつはアホ
ちょっとあったことで、ブログ炎上させて喜んでるお前らアホやで。
これこそイジメちゃうん?

関連動画

関連項目

掲示板

  • 98ななしのよっしん

    2019/12/10(火) 23:13:37 ID: mfpP3bc3HW

    >>96
    だったら芸人だけいればよくて、何も面いとこするセンスのない体育会系女は邪魔な汗臭いゴミでしかないだろ
    矛盾している、ねぇ

  • 99ななしのよっしん

    2019/12/11(水) 00:22:38 ID: JqSsx65Ako

    >>98
    矛盾していません。
    このラジオ岡村さんは、女性アスリートのことを「カード」と表現しました。
    芸人がそのカードを使って笑いをとればいいんです。

  • 100ななしのよっしん

    2019/12/29(日) 05:24:42 ID: q6WIdUGa7L

    なんちゅうかその口調にくせのある人多いのお
    …まぁ責取って再発を防ぐっちゅうのはあるが
    中々、スタッフまずいもんじゃのう、これ…連携や連絡がないとこうなったっちゅうんはほうれんそう大事じゃのう、
    ここにレスバする人も自分の意思を伝えなならん 要点はわかりやすく伝えなならん、自分も気を付けなならんな

急上昇ワード

最終更新:2020/01/28(火) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/28(火) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP