381系単語

サンハチイチケイ

5.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

381系とは国鉄開発した日本初の振り子式車両である。

概要

特急電車スピードアップの為に曲線区間をいかに速く走らせるかを念頭に置いて開発された。

591系試作にて各種試験を行った後に381系を製造し、1973年7月中央西線電化に合わせて準備された。
名古屋長野間の特急しなの」にまず投入され、後に紀勢本線の「くろしお」や伯備線やくも」にも投入された。
福知山線山陰本線「北近畿」(現:こうのとり)への投入計画もあったが、国鉄末期車両製造の資確保が困難であった為485系の投入となった(が、後にその置き換えで381系が入っている)。また、高山本線「ひだ」への投入計画は高山本線電化計画そのものがなくなった為実施されなかった。

振り子式を採用した事で曲線区間では国鉄開発標としていた本則+20km/hという速度で走れたが、一方で「列車に酔いやすい」という苦情も出た。これは当時のシステムが「自然振り子式」で体の傾斜が重力任せであった事に由来している(これは後に制御装置を付ける事で善され、以後の振り子車両はこの制御付が基本となっている。また、運転開始後は列車酔いに対処する為に座席にエチケット袋が用意されていたが、現在は「くろしお・やくも」とも洗面台にのみ用意されている。もっとも、振り子機構ではなく軌が原因の場合もあるが・・・)。
だが、この381系による「振り子=酔いやすい」というイメージが強い為か現在良されたJR世代の振り子でも敬遠する人は多い。

また軽量なアルミ製の体であり、出120kwと485系183系などに採用されているMT54と同じ定格出ながら高回転に耐えられるMT58モーターを採用し、MTも2:1前提となっているため高速性も高い。1985年に「くろしお」編成を試験用に組成し直した6両編成(クハ381-115+モハ381-47+モハ380-47+モハ381-49+モハ380-49+クハ381-116)を使用して湖西線で行われた高速試験走行において、179.5km/hという日本狭軌鉄道で最高の記録を残している。なお、この試験編成では制御付き自然振り子の試験も行われている。

民営化後はJR東海JR西日本に引き継がれた。

国鉄時代の新製形式と改造履歴は下記の通り。

形式名 両数 改造後形式 両数 備考
モハ381 92 クモハ381-0 9 モハ381の先頭改造
モハ380 92
クハ381-0 18
クハ381-100 44
サロ381-0 31 クロ381-0 2 しなの」向け先頭改造

JR東海

JR東海では「しなの」向け編成88両を引き継いだが、この時点で運用開始から14年経過。
このうち、名古屋工場でサロ381-0をクロ381-0への改造(これは国鉄時代から継続)とクハ381-0のクロ381-50への改造を実施した(いずれも1987年)。また、サロ381-0をパノラ先頭クロ381-10への改造も実施。こちらはサロ381アルミ構体前7mの側構体を撤去したうえで、パノラマ展望室を設置したが、そのままでは溶接できないため結合面にシール材塗布を講じたうえでボルト結合している。

運用開始から20年となった1994年には制御付き自然振り子を採用した後継の383系試作編成が登場。1996年までに383系の量産い、381系は定期運用から撤退。長野オリンピック終了後には波動用に残されていた編成もが進み、パノラマ編成が2本残されていたが、2008年までに全となっている。
その後美濃太田電車区に4両が残されていたが、先頭2両(クロ381-11・クハ381-1)がリニア・鉄道館にて展示された。このうちクロ381-11はパノラマ化改造に起因する体老朽化により維持困難となったため、N700系9000番台展示に伴い玉突きで展示終了。西浜松に移送後解体された。美濃太田に残された残り2両(モハ380-1、モハ381-1)も2013年頃に解体された。

JR東海での改造履歴は下記の通り。

改造後形式 両数 内容
クロ381-0 5 サロ381-0の先頭改造国鉄時代から継続
クロ381-50 5 クハ381-0をグリーン車格上げ改造
クロ381-10 3 サロ381-0のパノラマ化改造

JR西日本

「くろしお」「やくも」用を継承。
※なお、287系代走で入線した福知山線山陰本線福知山支社管区内)や「くろしお」で走行する東海道本線においては軌強化工事や架線の替えが行われていないため、振り子装置を使用していない(但し、東海道本線では振り子装置は「切」でなく「入」になっている)。そのため、自然振り子の381系で運転される特急も非振り子式特急と同じスピードで走行している(振り子さえあれば高速でカーブを通過できるというのは大間違いであるため、注意が必要。→振り子式車両

くろしお(日根野所属車)

1989年から1990年にかけて「くろしお」編成の一部で「スーパー雷鳥」同様のパノラへクロ380-0が5両吹田工場改造された。JR東海とは逆に後位構体を切断し、先頭構体を接合した。「スーパーくろしお」に投入され、地にクリームイエロートリコロールレッドラインという塗装となった。
「くろしお」系統はその後283系オーシャンアローが投入されたが少量配置となった。この際にアコ改造とあわせてオーシャンアローに合わせる形で「くろしお・スーパーくろしお」の塗装地にオーシャンブルーへ変更した。

2010年代になると置き換えが開始される。ノーマルの「くろしお」編成は287系2012年3月より投入され、この際置き換えられた「くろしお」用381系が塗装変更のうえ福知山183系を置き換える事となった。既に1編成が吹田工場国鉄色に戻されて福知山回送されており381系「こうのとり」運用がアナウンスされている他、一部ホームには381系乗位置案内が掲示されている)。なお、2011年に入り日根野電車区の国鉄塗装6両と後藤総合車両所の保留2両がとなっており、287系投入までの代走381系(国鉄塗装)も287系投入後に後藤総合車両所にて部品取りの上となった。
また、国鉄塗装「まほろば」などの臨時特急に充当される事もあった。
なお、183系引退583系使用列車の終了などで2013年3月以降はJR西日本一の運用持ちの国鉄特急車両となる。

2015年3月14日ダイヤ正以降、「くろしお」運用に就いているパノラマ編成の置き換えが行われたが、新車両の導入アナウンスがない事から「しらさぎ」用683系2000番台(→289系2000番台)の日根野転属が取り沙汰された(ただし、683系は振り子等の体傾斜装置がない為、所要時間の延長が10分程度発生する)。鉄道ジャーナル別冊では福知山電車区の381系も683系にて置き換えられると記載され、同6月号ではJR中の人が置き換え検討を明言している。2015年4月28日にはJR西日本から正式に「くろしお」「こうのとりきのさき・はしだて」の289系による381系置き換えが発表された。置き換え日は2015年10月31日で、置き換え後の381系運用車両は「やくも」のみとなった。
289系で置き換えられたパノラマ編成の一部は後藤総合車両所に移された。塗装変更は行われず山陰本線での臨時輸送に就いたものの「やくも」運用には就くことなくとなった。

「くろしお」向けの改造履歴は下記の通り。

改造後形式 両数 内容
クロ380-0 5 サロ380-0のパノラグリーン改造
モハ380-500 3 モハ380-0に自動連解結装置取り付け
クハ381-500 5 クハ381-100に自動連解結装置取り付け
クロ381-100 7 クハ381-100グリーン車格上げ
サハ381-0 7 サロ381-0の普通車格下げ

やくも(後藤所属車)

「やくも」用のパノラ2両は1994年後藤工場改造出場。「くろしお」向けと同様の改造であるが、乗務員専用の冷房装置・先頭台車へのスノープラウ・耐ブレーキの設置が改造メニューに追加された。なお、この編成は「スーパーやくも」として薄ベースとした塗装に変更された。

スーパーやくも」以外のやくも編成もアコ改造により灰色黄色帯の緑やくもへと変更された。その後90年代リニューアルから10年経過した2000年代後半に「やくも」では全編成で大規模リニューアル工事が敢行され「ゆったりやくも」化。これにより向こう10年の活躍が保された。

ちなみに、国鉄時代に事故に遭いながらもにならず新製車両並みの復旧を遂げた(番そのままに新製したとも噂された)クハ381-132は長らくゆったりリニューアル工事を受けずに緑やくも色で米子支社に残存していたが、この度リニューアル工事の為に後藤総合車両所に入線し改造出場している。
一方、2009年車両故障を起こしたクモハ381-4とモハ380-90は復旧せずに2011年された。
また、2015年関西エリア289系投入により余剰となった381系が後藤総合車両所に転属。「ゆったりやくもクモハ381-2と日根野から転属してきた「くろしお」増結用モハ380-69に自動解結装置を取り付けスカートの形状を変更した500番台後藤総合車両所より出場した。

「やくも」向け編成の改造履歴は下記の通り。

改造後形式 両数 内容
クロ380-0 2 サロ381-0のパノラグリーン改造
モハ380-200 3 モハ380-0に喫煙室設置
クロ381-100 8 クハ381-100グリーン車に格上げ
サハ381-200 7 サロ381-0を普通車格下げ、喫煙室設置
クモハ381-500 7 自動連解結装置の取り付け
モハ380-500 6 WKE400電気連結器を追加
クハ381-100 2 クハ381-1000の振り子度の復元

そんなこんなで活躍していたが、2022年以降、新特急車両への置き換えが表されていた。[1]当初は2023年振り子式車両273系へ置き換え開始予定であったが、新型コロナに伴う財務状況の関係で2024年4月へと変更され、2024年6月15日の「やくも1号」の運行を以てに273系への置き換えは了。当初381系を波動用として残さず全する予定となっていた(273系4両だけど大丈夫か?)が、ダイヤ正のリリースにおいて置き換え了後も当面の間はゆったりやくも色の一部編成が待機することが明らかとなった。
置き換え前の最後の活躍は国鉄色編成・スーパーやくも色編成・ゆったりやくも色編成の3種類での運用となっている。なお、2023年11月には緑やくも編成も登場し、381系4色体制となる。

北近畿特急(福知山所属車)

2011年183系置き換えのため日根野からくろしお編成(ノーマル編成)が転属し国鉄色に変更のうえ運行開始。
当初は振り子機構を停止していたが2014年6月以降、振り子度を3°にするため1000番台が順次付加された。当時、この1000番台では振り子度を5°から3°にする事で非対応区間においても振り子を使用可にしているという説と振り子が作動している日根野出雲車両と区別する為に付加したという説とが存在している。前者は某巨大掲示板や某百科事典サイトで広まっており、後者鉄道雑誌に記載されている。なお、JR西日本公式サイトでは「利用客からの(山陰福知山特急用381系の)揺れに対する苦情から台車を調整し振り子機構を作動させる事により揺れを少なくし乗り心地を善している」としている。該当線区は地上設備の制約があるが、3°に制限する事でクリアしている。
なお、公式サイトexitではやっつけの1000番台化作業写真を見る事が出来る(ちなみに、内の形式表記もに印刷したものが貼られるというやっつけ状態である)。

2015年北陸新幹線金沢延伸で余剰となった683系2000番台により置き換えられ、一部は後藤総合車両所に転属している。なお、置き換え前の2014年豪雨に伴う機器浸により4両のが発生している。

主な運用列車(2020年11月5日現在)

過去の主な運用列車

配置状況(2023年10月時点)

後藤総合車両所出雲支所

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *衝撃の1行「やくも車両新製」 最後の国鉄型特急(2021年5月24日 産経新聞)
    exit
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/03(日) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/03(日) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP