今注目のニュース
人を見る力を養うには? 何度もダマされた男の悩み
PayPayで支払いやチャージができない… AWS障害の影響
許せないと思う迷惑行為でダントツに多いのは? 公共交通機関のマナーに関する調査

3Dシステム単語

スリーディシステム

掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

3Dシステムとは、ゴーグ家庭用ゲーム機用周辺機器である。
この名称はファミコン用をすが、他機種の(にシャッター式の物)ゲームについても解説をする。

概要

歴史から解説すると、初めてシャッター式立体映像技術が実用化されたのは1922年の事である。
当時の物は風車のシャッターを回転させ、その間から映像を覗く方式だった。
しかし、問題点も多くあまり実現しなかった。
その後、本稿で解説する液晶シャッター式眼鏡1981年に開発される。
そして翌年1982年に稼動したセガの「サブロック3D」が恐らく初の立体映像ゲームではないかと思われる。
その後もナムコの「3Dサンダーセプター2」等が発売され、それらのどは液晶シャッター式の専用スコープが装備されていた。
液晶シャッター式の立体映像の仕組みとしては、スコープを左右交互に可視、不可視を高速に繰り返し、それにシンクロして、画面も左右交互に度がブレた画面が表示されている。
この状態を裸眼で見ると単にブレているようにしか見えないが、ゴーグルを覗くとブレた画面がそれぞれ左、右に振り分けられ、左右独立した画面を擬似的に見れる事で立体画面を実現している。

その後、1987年3月12日スクウェア(DOG)よりファミコンディスクシステムソフトとして発売された「とびだせ大作戦」は、前述の要領で、左右にブレる画面という部分をファミコンで表現し、左右に振り分けるという部分をシャッターではなく、立体映画で使われるような眼鏡(とびだせメガネとして本作用に販売されていた)で代用して表現している。(つまり画面も左右にブレるのと同時にに変色を繰り返している)
このゲームの立体表現プログラムは当時スクウェアに在籍していたイラン天才プログラマーナーシャ・ジベリ」による物である。

そして同年8月7日、同じくスクウェアより「ハイウェイスター」が発売され、10月21日任天堂よりファミコンの周辺機器として「3Dシステム」が発売された。
3Dシステムは、最初に述べたシャッター式の立体映像ファミコンで実現する為の周辺機器であり、映像とシャッターをシンクロさせる為、本体に接続する必要がある。
ハイウェイスターは初の3Dシステム対応ソフトであり、3Dシステムより二ヶ前に発売されていた。
尚、ハイウェイスターは当初はとびだせ大作戦同様ディスクシステムで開発されており、3Dシステムではなく、とびだせメガネ対応ソフト第二弾として開発されていた。
タイトルも当初は「とびだせレーシング」という仮称が付けられていた。
また、同年12月7日にはとびだせ大作戦ソースを使った続編であるJJも発売され、こちらも3Dシステム用に作り直されている。
このハイウェイスターJJナーシャ・ジベリによりプログラムされている。
3Dシステムは海外では発売されていない為、ハイウェイスター海外版である「Rad Racer」はとびだせ大作戦同様眼鏡を使う仕様となっている。
因みに3Dシステムを販売した当の任天堂販売の対応ソフト1988年4月14日になってようやく発売した「3Dホットラリー」一作のみである。

任天堂3Dシステムが発売された1987年11月7日には、同じ原理を用いたセガマーク3用の周辺機器「3Dグラス」が発売され、同時に対応ソフトとして「ザクソン3D」が発売された。
ザクソン3D3Dグラスの同梱パッケージも販売された。
任天堂の3Dシステムはバンドで頭に固定するゴーグだったのに対し、3Dグラスはにかけるタイプ眼鏡である。
その為、デザイン自体は3Dグラスの方が格好良いものの、重さで外れやすいという欠点がある。
また、あまり知られていが、任天堂の3Dシステムとセガ3Dグラスは何故か互換性がある。
尚、ファミコンの対応タイトルが全て3D,2Dのモード切り替え式で2Dでの通常プレイも可であるのに対し、マーク3版の対応タイトルは3Dシステムを使用する事を前提に作られている物がどであり、大抵通常プレイ不可能である物や、通常プレイをするのに裏技を使う必要がある。

対応ソフト

立体映像を用いたアーケードゲーム作品

任天堂3Dシステム対応ソフト

セガ3Dグラス対応ソフト

関連動画

当然と言えば当然だが、ニコニコ動画3D映像が楽しめる対応ソフト動画は存在しない。
以下、対応ソフト映像をお楽しみください。

 

関連商品

 

 

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/23(金) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/23(金) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP