3DO 単語

1046件

スリーディーオー

2.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

3DO(スリーディーオーまたはスリーディオとは、かつて存在したマルチメディア端末規格である。

概要

3DO

元はエレクトロニック・アーツ(EA)社の会長(当時)だったトリップ・ホーキンスのアイデアで、これを知った松下電器産業とホーキンスが提携して3DO社を設立し、ここで3DO規格が開発された。

「3DO」の「3D」は3次元3 Dimension)、そして、オーディオAudio)やビデオVideo)のように一般的なものになるように願って、両者に共通する最後の一文字「O」をつけた、という。

3DOは、言ってみればマルチメディアの「VHS」を作るという論見であった。[1]しかし、3DO規格に対応した端末は1993年以降に数社から発売されたものの、普及させることはできなかった。

歴史

3DO社

元々はEAのベンチャー事業部門だったが、1991年独立会社として切り離された。ホーキンス自身が率いたこの会社は後に社名を3DOとし、松下電器産業タイムワーナー、他数社が出資した。3DO社はオープン・アーキテクチャ開発し、OSを他のメーカーライセンス供与して製品を作らせるというスタイルで、ソフト会社を引き付けるための技術支援と、タイムワーナー所有の映画、出版物、音楽への無料アクセス提供ロイリティは3ドルに抑え、また、マシン代替わりしても(既存のゲームコンソールPCと違い)ソフトの互換性はずっと維持する…と発表した。[2]

端末

3DO規格の最初の端末「REAL 3DO インタラティマルチプレイヤー」は、1993年アメリカにおいてパナソニックから699ドルソフトが3本付属)で発売された。

日本では1994年3月20日パナソニックから3DO REALスプライト動画再生を持つ32bitゲーム機の先駆けとして発売。三洋電機からも3DO TRYが同年10月1日に発売された。端末を製造するメーカーロイリティが入るわけではないので赤字で販売するわけにはいかず、両機とも発売時の定価は54,800円とかなりの高額であった。

セガサターンプレイステーションなど他社が32ビット機を発売する直前の1994年11月11日に、松下電器産業は3DO REALIIを44800円で発売した。

ソフトウェア

M2

3DO端末の売れ行きは芳しくなかったが、松下電器は諦めず、3DO社が新たに開発した「M2」の独占使用権を1995年10月に3DO社から1億ドル(約100億円)で買い取り、M2を採用した後継機の開発を計画した。しかし後継機の発売は何度も延期され、結局1997年松下電器庭用事業からの撤退を表明、保有していた3DO社の株式については3DO社に償譲渡した。[3]

その後3DO社はセガサターンプレイステーションPC用のソフト開発、発売していたが、2003年5月連邦倒産法第11章を申請し倒産している。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *電視遊戯館34「次世代ゲームマシンがもたらすもの」三浦 よむ[yom] 1994年2月岩波書店
  2. *「技術とイノベーションの戦略マネジメント (上)」泳社 2007 p.80
  3. *「特集 松下の見えざる危機--「神様」をえられぬ人々」日経ビジネス 1997年8月25日
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
紲星あかり[単語]

提供: ゆうあみ

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/23(火) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/23(火) 23:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP