今注目のニュース
「自分から喋るようになった」声優・松岡禎丞、後輩ができたことによる変化を語る
「いってらっしゃい」と夫を見送る妻 3ページ目の展開に、胸が締め付けられる
リベンジポルノの被害者も低年齢化 11歳の少女が転校を余儀なくされる

681系単語

ロクハチイチケイ

掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

681系とは、JR西日本が所有する交直流電車である。

概要

北陸本線特急雷鳥・スーパー雷鳥」の485系の置き換え用として設計・製造された。なお、民営化後のJR特急車両としてはJR西日本が最後発となっている(最初はJR九州783系)。

日本の交直流車両としては初めてVVVFインバータGTO)を採用した車両でもある。

体には普通鋼が使用されているが、後にコストダウンと高調波問題の関係でマイナーチェンジした683系へと移行すると、体はアルミダブルキン構造へと変更された。

最高速度は130km/hである。元はくたか用W編成及び元北越急行所有の2000番台160km/hであった。高速運転を視野に入れて開発されたため低重心化が底されており、曲線運行速度も初期振り子車両381系に匹敵する本則+20km/h(半径600m以上)を達成している(半径600未満で+15、半径700以上で+25)。
なお、160km/h運転を視野に入れたのは「スーパー特急」計画が北陸にあり、それに対応する為でもあった。だが結局はフル規格で北陸新幹線の建設が進められる事となった為、を持て余している状態でもある。

2015年3月14日ダイヤ正に合わせて全編成の方転が行われている。

各番台概要

先行試作車(→1000番台)

1992年7月に1編成が投入され、臨時「雷鳥」として導入された。当初は9両固定編成であったが、2001年の先頭改造で量産同様に6+3編成となった。

編成番号は金沢所属時代がT07(6両編成)とT18(3両編成)、京都転属後はW01(6両編成)とV01(3両編成)となっている。

2015年2月以降に、「しらさぎ」編成仕様の帯が追加され、その後「THUNDERBIRD」のロゴが塗りつぶされた。その後、2015年3月14日ダイヤ正から同年6月頃までは金沢所属と共通運用で、「しらさぎ」の運用に就いていた。その後、元北越急行所有塗装変更が終了したため、2015年7月京都に返却、「サンダーバード」色へ再度変更の上、京都所属の683系0番台と共通運用で「サンダーバード」運用に復帰した。一方、V01編成は「しらさぎ」の運用から外れた後も塗装変更されず、運用に復帰することなく同年9月9日され、681系初のとなった。

なお、量産とは搭載機器が異なる事から検修面で苦慮していることもあり、運用に余裕が出た時点でW01編成もとなる予定。

0番台

1995年に登場し、同年4月ダイヤ正(阪神・淡路大震災により3月から延期されていた)より特急スーパー雷鳥サンダーバード」として営業運転を開始した。基本編成6両+付属編成3両の形態を採る。また1997年には特急はくたか」としても営業運転を開始している。なお、「サンダーバード」用編成は683系0番台導入時に、元「はくたか」編成は「しらさぎ」運用開始前後に、683系内設備の仕様を合わせる編成の組み換え、改造が行われた。
当時、「サンダーバード」編成と「はくたか」編成では一部仕様が異った為、「サンダーバード」編成は「はくたか」運用には気密性の関係で就けなかった。この為旧T04-06・T14・16・17編成をW03-05・13-15編成とする際には気密性を高める改造が行われている。

2014年8月20日京都から金沢に9両(W06+W16)が再転属し、元はくたかサンダーバード編成の大半には2015年2月以降に「しらさぎ」へ転用を見越し、「しらさぎ」編成仕様の帯が追加された。

しらさぎ化された元はくたか編成は帯追加の他にも「White Wing」のロゴが覆われている状態で、サンダーバード編成は「THUNDERBIRD」のロゴを残した状態で、ダイヤ正前の「はくたか」・「サンダーバード」等の運用に就いていた。そして、ダイヤ正直前に「しらさぎ」編成化されたすべての編成のロゴが塗りつぶされ、ダイヤ正以降はに「しらさぎ」の運用に就いている。

同時に「サンダーバード」運用から「しらさぎ」に転用されたW12・13、V12編成が、金沢に再転属し、W07・08、W17編成となった。

ダイヤ正後の2015年3月14日から同年6月頃までは、帯をっている681系はT11編成とW16→T12編成(当時、現V12編成)の2編成にまで減少した。

W14編成は、同ダイヤ正直後、「しらさぎ塗装で「しらさぎ」の運用に入っていたが、T13編成として「サンダーバード塗装に変更の上転用された。その後W17→T14編成と入れ替わりでW14編成に戻り、「しらさぎ」運用に復帰した。

T14編成はW17編成として「しらさぎ」運用に就いていたが、先述の通りT13→W14編成と入れ替わる形で「サンダーバード」運用に復帰した。

2015年ダイヤ正以降、一の京都所属の0番台となったV11編成は一時期、先述の1000番台W01編成と共に「しらさぎ塗装に変更され、「しらさぎ」運用に就いていた。
2019年にかつてV13編成として配置されていたT12編成がV12編成として再々転属、復帰している。

現在T11・T14・V11編成にはリニューアル工事が施工されており、681系で原色の「サンダーバード塗装を保つのは、京都所属のV12編成と、先述のW01編成のみである。(ただしV12編成には「THUNDERBIRD」のロゴが残っていないため正規の原色ではない。)

サンダーバード」編成は金沢所属編成はT編成(TはTHUNDERBIRD)、京都所属編成はV編成を、「しらさぎ」編成は「はくたか」編成時代のW編成(WはWhite Wing)をそのまま名乗っている。

なお、先述の通り、転属や他列車への転用が多数行われたため、編成番号と先頭番の末尾が一致している編成はT11編成の1編成のみである。

2000番台

北越急行所有。JR西日本OEMであるが、JR西日本許可を得て独自の塗装を行っていた。1997年の登場から2015年3月13日まで在来線特急時代の「はくたか」に使用されていた。
北越急行所有時代の称は「スノーラビットエクスプレス」(ちなみに、JR西日本所有称は「ホワイトウイング」)。

本編成がN01・02編成、付属編成がN11・12編成を名乗っおり、編成番号は683系8000番台と連続する形を採っている。

北陸新幹線開業後の2015年3月14日683系を含んだ北越急行所有の全が、JR西日本に売却、後に「しらさぎ塗装への変更がされ、現在は「しらさぎ」の運用に就いている。

配置状況(2019年4月1日時点)※青字はリニューアル編成

金沢総合車両所

吹田総合車両所京都支所

廃車

お絵カキコ

681系スノーラビット
681系2000番台
スノーラビット

関連動画

 

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 10ななしのよっしん

    2016/07/21(木) 23:21:14 ID: 6gYRcfbWuY

    1000番台の内装、現行の最新車両べたらえらいひどすぎるわww
    机ちっちゃいわ、イス低いわ、回すの重たいわでいろいろヒドイ
    今もサンダバ5号かかがり火6号あたりで走ってるの見かけるけど、外装も先頭車両の下カバーにブツブツ開いてたらその1000番台だから、見分け方あって分かりやすいわ

  • 11ななしのよっしん

    2017/01/15(日) 01:27:02 ID: 1v9DKb26S6

    681系1000番台683系4000番台287系は外観は大して変わらないけれど、内はコンセントが付いたり、テーブルが大化したり、座席が厚になったり(特に普通車)と着実に進化している。
    JR西日本デザイン保守的であまり変えない分、内装にを入れている印

  • 12削除しました

    削除しました ID: iyKi5s1KbG

    削除しました

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP