70年代風ロボットアニメ ゲッP-X単語

ゲッピーエックス

  • 4
  • 0
掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「70年代風ロボットアニメ ゲッP-X」とは、1970年代アニメシューティングゲームである。

概要

「70年代風ロボットアニメ ゲッP-X」とは、1999年株式会社アローマから発売されたプレイステーションソフトで、シューティングゲームである。内容は1970年代アニメパロディなどをふんだんに盛り込んだものになっている。

ゲームの内容もアニメになっており、ゲーム中にOPアニメーションアイキャッチCMエンディング次回予告ステージ毎に用意されているという底っぷりである。その内容は全て「熱い」内容に仕上がっている。

主人公声優に本作のパロディ元である「ゲッターロボ」の主人公声優である神谷明をそのまま起用していることで話題になった。

その他、スタッフキャストメンバーをそろえている。シューティングゲームの内容もしっかりと作りこまれていて隠れた名作との呼びが多い。

「’70年代風ロボットアニメ ゲッP−X」と、タイトルの頭に「’」が付いた形で表記されることもある(ゲームソフトジャケットプレイステーションオフシャルサイトゲームソフト一覧ではそちらの表記となっている)。

ストーリー

時に、西暦197X年。
宇宙悪魔帝国と名乗る巨大な悪の軍団が、まずは日本から地球侵略を開始した。
帝国の送り出す宇宙ビーストの圧倒的な破壊の前に、地球側の抵抗もむなしく、
日本国民は全滅危機にさらされていた。

そんな時である。
日本世界に誇る天才科学者、博士は、こんなこともあろうかと密かに
開発していた戦闘用巨大ロボット、ゲッP-エックスに発信命を下した・・・。

関連動画

こぼれ話

元々、このゲームは「ゲッPロボ」という凄い名前で発売予定だった。「P」は「ピー」という放送禁止を隠す擬音語に思える。

時子供だった私(本記事初版編集者)は、ゲーム雑誌の発売予定作品一覧を見ながら毎週、毎週、「大丈夫なのかな?このゲーム・・・版権とってるのかな?」とドキドキしながら思っていたのもいい思い出である。

しかし突然この作品がゲーム雑誌の「発売予定」の項から「発売日未定」の項に移動された。当時の私は「あ!なんかあったんだ!!」とゲーム雑誌を見ながら感じとった。

それから本作が「ゲッP-X」と名前を変えて発売に到るまでには数年もの歳が立つことになる。

ちなみに、タイトル変更に至った末については、かつて制作スタッフの一人だった人物が自らのサイトでその内情をっていたようである(元のページexitは消滅済みだが、ウェブアーカイブとして閲覧可能exit)。

その内容によれば、「ゲッPロボ」が半分くらい出来上がったころにダイナクプロ企画書を持っていったようだ。そしてロボットデザインが似すぎていることなどの幾つかの問題点は摘されたものの、修正すれば「ゲッPロボ」のタイトルで販売して構わないとの許可をもらえた。しかし「制作スタッフが、やる気を失ってしまった」(これについては理由や細かい経緯などが記載されておらず詳細不明)ために企画は一旦中止しまったのだという。

ゲキガンガー3

本作品と直接の関係はいが、「ゲッP-X」が発売したのと同時期に同じ70年代パロディ作品である「ゲキガンガー3」がありべられることになった(ゲキガンガー3とは機動戦艦ナデシコというアニメの劇中アニメ

ゲキガンガー3もゲッP-Xと同じ1号機が戦闘機2号機が飛行可な潜艇、3号機が戦車という設定である。

関連商品

関連コミュニティ

70年代風ロボットアニメ ゲッP-Xに関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/02(水) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/02(水) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP