今注目のニュース
怪現象再び...去年に続き今年もロシアの一部地域で、日が昇ったのに空が暗闇に包まれるミステリーが発生
猫の魂が抜ける瞬間を激撮!? 幽体離脱しているような猫のお騒がせ写真が話題に
仕事でスパッと読めたらカッコいい! 難読苗字クイズ

ADVANCE OF Ζ単語

アドバンスオブゼータ

掲示板をみる(85)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ADVANCE OF Ζとは、アスキー・メディアワークス模型雑誌「電撃ホビーマガジン」で連載されているガンダムシリーズ模型小説企画。通称は「AOZ」。
そのあり方は「ガンダム・センチネル」からの影が見受けられる。

概要

サンライズアスキー・メディアワークスとの共同企画として誕生した機動戦士Ζガンダム公式外伝
これまでにティターンズに所属するテストパイロットからの視点で描かれた「ティターンズの旗のもとに」(著:今野敏 2002-2007)と、反地球連邦活動に身を投じる事になった士官補生の視点から描いた「刻に抗いし者」(著:神野2010-2012)、グリプス戦役後にジオン残党・エゥーゴ双方に接収されたTRシリーズ同士の戦いを描いた「AOZ Re-Boot」(作:藤岡建機 2014-)の三種類が展開されている。

なお、「ティターンズの旗のもとに」と「刻に抗いし者」の二作品の間には世界観を共有する以外直接的な接点は見られないが、「隻足のジオン軍パイロットザンジバルの艦長になる」「主人公物語当初ジム改の系列機に乗り、物語の進行に伴いガンダムへと乗り換える」といった共通点が存在する。

また、「ティターンズの旗のもとに」が模型写真小説(及びイラスト)によるフォトストーリーが全編雑誌掲載であるのに対して、「刻に抗いし者」は設定や模型作例および、それを用いた特撮本編の一場面と共に雑誌へ掲載し、本編完全版ウェブサイトアップロードするという形式が取られている。

ティターンズの旗のもとに

機動戦士Ζガンダム』の敵側組織であるティターンズパイロット主人公とし、彼らの視点から見た展開を行う作品である。違う視点から見ることで、『機動戦士Ζガンダム』を深く掘り下げる的を持っている。

物語主人公ティターンズ配属からグリプス戦役終結までを描いた「グリプス戦役編」と戦後逮捕された主人公軍事裁判を描いた「裁判編」の二つが同時進行し、正義感と誇りを持った若きティターンズ士官達の栄と挫折、そして不当な「賊軍」扱いへの反抗を描いていく。

ガンダムシリーズの関連作品としては初めて本格的な法廷ドラマを描いた作品であり、立体物作例と行して展開していく模型雑誌の連載企画としては若干の異を放っている(作者である今野敏は本作や宇宙海兵隊ギガースのようなSF小説の他にも「ハンチョウ」の原作である安積班シリーズなどに代表される警察小説などを手がけている為、ある意味では氏の得意分野での勝負とも言える)。

また、既存のMSやMAをベース機として追加パーツを施した「TRシリーズ」と呼ばれる試作機群、モチーフにしたエンブレム先を塗装したマニュピレータなど、そのメカニックデザインも特徴である。

今のところゲームへの出演やHGUC化などされたのは、このシリーズのみである。

刻に抗いし者

『ティターンズの旗のもとに』とは逆に、反地球連邦組織側からの視点で描かれたもう一つのAOZ。
偶然にも30バンチ事件の映像を手に入れた主人公と、その幼馴染兄妹が敵味方に分かれて戦う様子を描く。

主人公がカラバの一員として地上を転戦する「地上編」と、宇宙へ上がりエゥーゴとして戦う「宇宙編(エゥーゴ)」の二部構成。また、連載終了後に番外編である「審判メイス」が短期連載された。
ティターンズの~」とストーリー的なつながりはいが、描写の一部で前作のストーリーが反映されている。

登場するメカニックはTRシリーズほどのインパクトいものの、GPシリーズMSVからのフィードバックを受け、後の時代の様々な兵器へ繋がっていくかのような意、設定がちりばめられている。
また、作中で彗星の採掘(の確保)や火星の開拓の様子がられるなど、宇宙世紀世界観をより深める設定も魅と言える。

前述の通り、本編ウェブサイトアップロードする形式の作品である為に模型企画で発生しがちな文章表現や誌幅の制約が緩和されているのが特徴であり、その為、「ティターンズの旗のもとに」よりも連載期間は短いが、小説としてはこちらの方が文章量が多い。本編ガンダムインフォexitにて最新4話は閲覧可で、現在も実は最終話番外編だけ読める。むしろ番外編は単行本化されていないので、これで読むしかない。

機動戦士Ζガンダム本編からゲスト的な扱いではあるが劇中にアムロ・レイエマ・シーンが登場しており、特にアムロに関してはΖガンダム本編では描かれなかったニューギニア基地攻防戦においてティターンズを手玉に取る活躍を見せている。

また、本作新規機体以上に既存設定機の活躍が立つのも特徴で、マラサイザクマリナー、ザクフリッパーなどの活躍は覚ましい。また宇宙編に入ってから作者が個人的に思い入れがあるというバーザムの活躍が異常立つようになり、その反も大きかったとされる。

コミカライズは「ヤッタネ!ウレシード」の作者であるが手がけた事も(一部ファンから)注されたが、こちらは作者体調不良に伴い現在は連載休止となっている。

A.O.Z Re-Boot

「ティターンズの旗のもとに」でメインメカニックデザインを担当した藤岡建機によるシリーズ第三弾。
小説作品であった「ティターンズの~」および「刻に~」とは違い最初から(WEB)漫画作品として展開されている。
キャッチコピーは「けるあのをもう一度」。 

ティターンズの~」に登場した機体の後継機・修機を軸に置いた実質的な続編にあたり、火星を拠点とするジオン残党勢連邦軍に合流したエゥーゴ、そして両勢に流れたTRシリーズの後継機による戦いを描く。

登場人物や世界観については、後述のOVER THE MIND」 からの引用立つ為、OVER THE MIND」の続編と見る事もできる

本編となる漫画電撃ホビーWEBで連載。
電撃ホビーマガジンでは設定解説、機体ピンナップ、氏による模型が掲載された。
電撃ホビーマガジン休刊後は隔での連載が電撃ホビーWEBで続いており、設定に関しても特集が組まれている。

OVER THE MIND

ガンダムエース2003年7月号に掲載された藤岡建機の読みきり作品。AOZの姉妹作。
「ティターンズの旗のもとに」に登場するガンダムTR-6[ウーンドウォート]に搭載されているシステムの開発の末がられており、本作の登場人物が「AOZ Re-Boot」にも登場する。
 

登場機体

ニコニコ大百科に記事がある機体。

ティターンズの旗のもとに

刻に抗いし者

A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎの見た夢-

関連動画

関連商品

ティターンズの旗のもとに(ムック)

刻に抗いし者(ムック)

ティターンズの旗のもとに(小説)

刻に抗いし者(小説)

ティターンズの旗のもとに(漫画)

刻に抗いし者(漫画)

関連項目

掲示板

  • 83ななしのよっしん

    2019/05/30(木) 23:14:39 ID: eBdOSzau/Q

    RE-BOOT大分設定の追加、変更があったしとりあえずTR-1系とTR-6系の項更新した方がいいんじゃない?

  • 84ななしのよっしん

    2019/06/20(木) 14:14:51 ID: gSr51gWW4v

    A:アホ
    O:お間抜け
    Z:ぞんざい

  • 85ななしのよっしん

    2019/06/20(木) 14:18:45 ID: UsaF9KL7S8

    TR-5までは好きだよ
    最初の一連ムックシリーズまでと言うか

急上昇ワード

最終更新:2019/08/17(土) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/17(土) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP