AMD単語

エーエムディー

9.2千文字の記事
掲示板をみる(515)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(22)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
  1. Advanced Micro Devices …アメリカ半導体メーカーで、CPUGPUを開発&販売している。本項で説明。
  2. 社団法人デジタルメディア協会(Association of Media Digital)
  3. エイエムディ自動機、日本の自動組み立て機の設計・製造メーカー
  4. アルメニアドラムアルメニア通貨単位ドラムISO 4217コード
  5. アフマダーバー空港IATAコード
  6. AMD模型(Antisymmetrized Molecular Dynamics)、原子核のモデル
  7. 加齢斑変性(Age-related Macular Degeneration)、病気
  8. エウシュリー18禁ゲーム戦女神シリーズ」に登場する美をする魔神アムドシアス非公式略称

AMD(企業) 概要

AMD

Advanced Micro DevicesはPC業界ではIntelと共に名を知られた半導体製造会社である。AthlonなどのCPU開発で有名。ビデオカード製造で有名なATi社を買収し、現在GPU製造メーカー2強の一でもある。(ATiについての詳細は該当項を参照のこと)

「あむど」ではなく、「エーエムディー」が正しい呼称。

歴史

かつてはIntelセカンドソース契約を結んでx86プロセッサーを製造していたが、Intelは80386についてはセカンドソース供給を行わないと発表したため、AMDは互換品を独自に開発することを決定する。そしてIntelからは大きく遅れたものの、Am386とAm486を相次いで発売し、特にAm486はPentiumでの仕様変更(ソケット7)などもあって根強い人気を得た(AMDは、それ以前に結んだセカンドソース契約が有効である、としてAm386をリリースしたが、Intelはこの契約効だと訴え、長期間の訴訟合戦に発展している[1])。

この時期になるとCyrixなどのIntel互換CPUメーカーが相次いで参入し、AMDの市場を脅かすようになった。AMDもより高性の製品を投入すべくK5の開発に着手するが、開発が難航したためやむを得ずAm486を高速化したAm5x86K5までの繋ぎとして投入していた。

K5の後継である「K6」は開発が難航したため、AMDは1996年に同じ互換CPUメーカーであるNexGen社を買収、自社で開発中だったK6を捨て、当時NexGen社が開発していたNx686ベースにK6を開発することにした。Nx686は独自インターフェースを採用していたのでSocket 7に変更し、1997年4月に最初のAMD-K6がリリースされた。[2]

K6は一時的にクロック周波数でIntelを上回ったことや、Pentium IISlot 1に移行したのに対して引き続きSocket 7対応を謳い続けたことで、PC自作の間で人気を獲得した。

次にAMDはPentiumIIIに対抗するCPUとして「Athlon」を1999年リリースした。これは買収されたNexGenの開発チームが移籍後にゼロから開発したCPUで、恐らく初めてIntelx86における性能面でのリードを失った。動作クロック競争においても、AMDが先に1Ghzプロセッサをリリースする結果となった。またAMDがCeleronに対抗して低価格版プロセッサとしてリリースした「Duron」は、結果的にはAMD以外のx86互換プロセッサ・ベンダをPC市場から事実駆逐することになった。[3]

AMDのCPUは、自作を中心にIntel社を人気を博したものの、Core iシリーズ登場後は再びIntelの後を拝した。

64bitへの対応では、1999年x86-64命セットx86の命体系を維持しながら64bitする)を発表。2003年にはこれを実装したAMD Opteronを発表し、各サーバーメーカーの採用を勝ち取った。Intelx86は32bitのままで、64bitItaniumでカバーするという戦略だったがItaniumは性が上がらず、なるべくアーキテクチャを収斂させたかったマイクロソフトIntelに対してx86-64の採用を強く働きかけたため、結局IntelEM64Tという名称でx86-64を受け入れた。[4]

2006年にはカナダATI Technologiesを買収し、グラフィックチップ分野にも進出、元々製造していたチップセットCPUに同社の技術を入れたグラフィックを搭載するようになり、Athlon向けチップセットで良好関係にあったnVIDIAとは敵対関係に一変した。一方でCPUで敵対関係にあるIntelとは、グラフィックカードの供給などで複雑な関係へと変化した。ATIの買収に伴い、コンシューマゲーム機向けカスタムチップ提供も行うようになった。2016年の時点で、大手3社の据え置き機はすべてAMDのチップを採用している。

2014年リサスーがAMDのCEOに就任したが、当時のAMDはBulldozerコアCPU開発がうまくいかず、K8コアで参入したハイエンド市場でのポジションを急速に失っていた。リサスーは製品開発のフォーカスを「ハイエンド・コンピューティング」に定め、ハイエンドCPUを新しいアーキテクチャーから設計するという思い切った決断を行い、3年後の2017年にZenアーキテクチャーによるCPURyzen」をリリースファウンドリーパートナーについても、最先端プロセスの開発競争から脱落しつつあったGlobalfoundriesからTSMCへの切り替えを決断した。[5]

Ryzen発売後は単体CPUの販売数量シェアを増やし続け、日本においては2019年7月に一時的にintelを逆転、それ以降もシェアは拮抗している。[6]

2020年10月にはXilinx(ザイリンクス)の買収を発表、2022年2月に買収を了させている。[7]

製品群(2019年7月現在)

2019年7月現在AM4のマザーボードにてRyzenシリーズとして展開されている。注意しておくべきことは内蔵GPUがHEDT向けのRyzen Thread Ripper、またRadeon Vegaを搭載するRyzen G、Athlon を除いたメインストリーム向け製品には搭載されていないことである。これらの製品にはグラフィックカードが必須である。また同じAM4であっても、一部のマザーボードは新しいCPUに対応できない可性がある。

AMD Ryzen シリーズ

AMDにとって6年ぶりのアーキテクチャ刷新となる。Socket AM4を採用しておりAM3+やFM2+とは互換性がない。

モデル CPUクロック(定格/ターボ/XFR コア/スレッド L2キャッシュ L3キャッシュ TDP
Ryzen 7 1800X 3.6 GHz/4.0 GHz/4.1 GHz 8/16 4 MB 16 MB 95W
Ryzen 7 1700X 3.4 GHz/3.8 GHz/3.9 GHz 8/16 4 MB 16 MB 95W
Ryzen 7 1700 3.0 GHz/3.7 GHz 8/16 4 MB 16 MB 65W
Ryzen 5 1600X 3.6 GHz/4.0 GHz/4.1 GHz 6/12 3 MB 16 MB 95W
Ryzen 5 1600 3.2 GHz/3.6 GHz 6/12 3 MB 16 MB 65W
Ryzen 5 1500X 3.5 GHz/3.7 GHz/3.9 GHz 4/8 2 MB 8 MB 65W
Ryzen 5 1400 3.2 GHz/3.4 GHz 4/8 2 MB 8 MB 65W
Ryzen 5 1300X 3.5 GHz/3.7 GHz/3.9 GHz 4/4 2 MB 8 MB 65W
Ryzen 3 1200 3.1 GHz/3.4 GHz 4/4 2 MB 8 MB 65W
モデル CPUクロック(定格/ターボ コア/スレッド L2キャッシュ L3キャッシュ TDP
Ryzen 7 2700X 3.7 GHz/4.3 GHz 8/16 4 MB 16 MB 105W
Ryzen 7 2700 3.2 GHz/4.1 GHz 8/16 4 MB 16 MB 65W
Ryzen 5 2600X 3.6 GHz/4.2 GHz 6/12 3 MB 16 MB 95W
Ryzen 5 2600 3.4 GHz/3.9 GHz 6/12 3 MB 16 MB 65W
モデル CPUクロック(定格/ターボ コア/スレッド L2キャッシュ L3キャッシュ TDP
Ryzen 9 3950X 3.5 GHz/4.7 GHz 16/32 8 MB 64 MB 105W
Ryzen 9 3900X 3.8 GHz/4.6 GHz 12/24 6 MB 64 MB 105W
Ryzen 7 3800X 3.9 GHz/4.5 GHz 8/16 4 MB 32 MB 105W
Ryzen 7 3700X 3.6 GHz/4.4 GHz 8/16 4 MB 32 MB 65W
Ryzen 5 3600X 3.8 GHz/4.4 GHz 6/12 3 MB 32 MB 95W
Ryzen 5 3600 3.6 GHz/4.2 GHz 6/12 3 MB 32 MB 65W

Ryzen Thread Ripper

Socket TR4でのみ動作する、HEDT向けのRyzen

モデル CPUクロック(定格/ターボ コア/スレッド L2キャッシュ L3キャッシュ TDP
TR 2990WX 3.0 GHz/4.2 GHz 32/64 16 MB 64 MB 250W
TR 2870WX 3.0 GHz/4.2 GHz 24/48 12 MB 64 MB 250W
TR 2950X 3.5 GHz/4.4 GHz 16/32 8 MB 32 MB 180W
TR 2920X 3.5 GHz/4.3 GHz 12/24 6 MB 32 MB 180W
TR 1950X 3.4 GHz/4.0 GHz 16/32 8 MB 32 MB 180W
TR 1920X 3.5 GHz/4.0 GHz 12/24 8 MB 32 MB 180W
TR 1900X 3.8 GHz/4.0 GHz 8/16 4 MB 16 MB 180W

Socket sTRX4でのみ動作する、HEDT向けのRyzen

モデル CPUクロック(定格/ターボ コア/スレッド L2キャッシュ L3キャッシュ TDP
TR 3990X 2.9 GHz/4.3 GHz 64/128 32 MB 256 MB 280W
TR 3970X 3.7 GHz/4.5 GHz 32/64 16 MB 128MB 280W
TR 3960X 3.8 GHz/4.5 GHz 24/48 12 MB 128 MB 280W

APU (Accelerated Processing Unit)

AMDが新たに開発した統合プロセッサー。GPUノースブリッジCPUに組み込んでおり、高い内蔵グラフィックが売り。ソケットはFM2+であり、FXシリーズCPUとは互換性がない。しかしBristol RidgeからSocket AM4になり、APUとRyzenシリーズが同じソケットで使えるようになった。

Raven RidgeからはBulldozerに代わってZENアーキテクチャが採用され、従来のAPUとべて大きくCPUが向上しintel Coreシリーズと遜色ない性を持つようになった。

最高設定でなければそれなりに3Dゲームを遊ぶことができるので、較的安価ゲームPCを構築可である。A-シリーズでは外付けのRADEONグラフィックボードと組み合わせるデュアルグラフィックスにより、グラフィックス性を向上させることができるが、ソフトウェアによって効果に差があるようだ。

一般的にグラフィックボードは専用のビデオメモリを搭載しており、メインメモリよりも新しい世代の高速な規格が採用されている。しかし内蔵グラフィックはその構造上、メインメモリビデオメモリとして利用するのでメインメモリの動作クロックを受ける上、グラボべてメモリ帯域の制約がある。少しでもグラフィックを向上させたいならば、高クロックメモリの使用をお勧めする。

現行製品 デスクトップ向け(2019年7月現在

AMD Ryzen G シリーズ

モデル
(定格/ターボ
内蔵GPU
L2キャッシュ
L3キャッシュ
TDP
Ryzen 5 2400G 3.6 GHz/3.9 GHz 4/8 RX Vega 11 1250 MHz 2 MB 4 MB 65W
Ryzen 3 2200G 3.6 GHz/4.2 GHz 4/4 Vega 8 1100 MHz 2 MB 4 MB 65W
Athlon 240GE 3.5 GHz 2/4 Vega 3 1000 MHz 1 MB 4 MB 35W
Athlon 220GE 3.4 GHz 2/4 Vega 3 1000 MHz 1 MB 4 MB 35W
Athlon 200GE 3.2 GHz 2/4 Vega 3 1000 MHz 1 MB 4 MB 35W
モデル
(定格/ターボ
内蔵GPU
L2キャッシュ
L3キャッシュ
TDP
Ryzen 5 3400G 3.7 GHz/4.2 GHz 4/8 RX Vega 11 1400 MHz 2 MB 4 MB 65W
Ryzen 3 3200G 3.6 GHz/4.2 GHz 4/4 Vega 8 1100 MHz 2 MB 4 MB 65W

A-シリーズ

モデル
(定格/ターボ
コア
内蔵GPU
L2キャッシュ
TDP
A10-7850K 3.7 GHz/4.0 GHz 4 R7 720 MHz 4 MB 95W
A10-7800 3.5 GHz/3.9 GHz 4 R7 720 MHz 4 MB 65W
A10-7700K 3.4 GHz/3.8 GHz 4 R7 720 MHz 4 MB 95W
A8-7650K 3.3 GHz/3.8 GHz 4 R7 720 MHz 4 MB 95W
A8-7600 3.1 GHz/3.8 GHz 4 R7 720 MHz 4 MB 65W
A6-7400K 3.5 GHz/3.9 GHz 2 R5 756 MHz 1 MB 65W
モデル
(定格/ターボ
コア
内蔵GPU
GPUクロック L2キャッシュ TDP
A10-7890K 4.1 GHz/4.3 GHz 4 R7 866 MHz 4 MB 95W
A10-7870K 3.9 GHz/4.1 GHz 4 R7 866 MHz 4 MB 95W
A8-7670K 3.6 GHz/3.9 GHz 4 R7 757 MHz 4 MB 95W
モデル
(定格/ターボ
コア
内蔵GPU
GPUクロック L2キャッシュ TDP
A12-9800 3.8 GHz/4.2 GHz 4 R7 1108 MHz 2 MB 65W
A10-9700 3.5 GHz/3.8 GHz 4 R7 1029 MHz 2 MB 65W
A8-9600 3.1 GHz/3.4 GHz 4 R7 900 MHz 2 MB 65W
A6-9500 3.5 GHz/3.8 GHz 2 R5 1029 MHz 1 MB 65W

Athlon / Sempron

省電APU。FM2+のAシリーズとは、ソケット、クーラー共に互換性はない。

モデル
(定格)
コア
内蔵GPU
GPUクロック L2キャッシュ TDP
Athlon 5350 2.05 GHz 4 R3 600 MHz 2 MB 25W
Athlon 5150 1.6 GHz 4 R3 600 MHz 2 MB 25W
Sempron 3850 1.3 GHz 4 R3 450 MHz 2 MB 25W
Sempron 2650 1.45 GHz 2 R3 400 MHz 2 MB 25W

AMD FX シリーズ

ソケットはAM3+でありFM2+とは互換性がない。Bulldozerの後継であるPiledriverアーキテクチャを採用した、Visheraコアベースの省電版CPUFX-83××E)が最新であるが、これも2014年に発売されたものであり、現行モデルとしてはかなり古い。全ラインナップでオーバークロックが可であり、AMDは本シリーズオーバークロックに向いたCPUと位置づけている 。(ただし保外)

Bulldozer系アーキテクチャは、複数のモジュールを搭載する構造である。モジュールには2基の整数演算コアを有しており、それらが浮動小数点演算コアL2キャッシュを共通のリソースとして共有し、2スレッドの実行を行う。そのためFX-8000番代、9000番代は8コアプロセッサーとされているが、OSでは4コア8スレッド扱いとなっている。

2015年5月に新設計のZENアーキテクチャを採用した、ハイエンド向けFXが将来投入されることが発表された。ソケットはAM4になる予定で、これまでのFXとの互換性はなくなる。

モデル CPUクロック(定格/ターボ コア L2キャッシュ L3キャッシュ TDP
FX-9590 4.7 GHz/5.0 GHz 4モジュール/8コア 8 MB 8 MB 220W
FX-9370 4.4 GHz/4.7 GHz 4モジュール/8コア 8 MB 8 MB 220W
FX-8370 4.0 GHz/4.3 GHz 4モジュール/8コア 8 MB 8 MB 125W
FX-8370E ​3.3 GHz/4.3 GHz 4モジュール/8コア 8 MB 8 MB 95W
FX-8350 4.0 GHz/4.2 GHz 4モジュール/8コア 8 MB 8 MB 125W
FX-8320 3.5 GHz/4.0 GHz 4モジュール/8コア 8 MB 8 MB 125W
FX-8320E 3.2 GHz/4.0 GHz 4モジュール/8コア 8 MB 8 MB 95W
FX-8300 3.3 GHz/3.8 GHz 4モジュール/8コア 8 MB 8 MB 95W
FX-6350 3.9 GHz/4.2 GHz 3モジュール/6コア 6 MB 8 MB 125W
FX-6300 3.5 GHz/4.1 GHz 3モジュール/6コア 6 MB 8 MB 95W
FX-4350 4.2 GHz/4.3 GHz 2モジュール/4コア 4 MB 4 MB 125W
FX-4300 3.8 GHz/4.0 GHz 2モジュール/4コア 4 MB 4 MB 95W

Athlon X4

GPU非搭載のSocket FM2+用CPUAPUのGPU効化したもの。

モデル 動作クロック(定格/ターボ コア L2キャッシュ TDP
880K 4.2 GHz/4.0 GHz 4 4MB 95W
870K 4.1 GHz/3.9 GHz 4 4MB 95W
860K 4.0 GHz/3.7 GHz 4 4MB 95W

エンタープライズ/エンスー向けCPU

AMDに提示されている最新のモデルナンバー表は既に4Core製品群のみとなっている。モデルナンバーの千の位は同時にマザーボード上に乗っけられるCPU数を意味する(8431なら8CPUまで)。の位は今のところ6コアであるか否かを示す。下二桁にも一応規則性はある。

なおOpteronに関してはTDP(熱設計消費電)ではなくACP(Average CPU Power 実際に使用した場合の均的な消費電)を消費電標としている。

チップセット

Athlonのリリースとともに、本格的なチップセットの開発を開始した。
当初はVIAなど数社と競合していたが、現在はAMDの独占状態となっている。
ATIを買収後は、グラフィックとしてRADEONを統合したチップセットを発売している。

GPU

AMD RADEON(ラディオン)シリーズ

RADEON

AMD FirePRO

ゲーマー、一般ユーザー向けのRADEONに対し、クリエイターなどをメインユーザーに据えた製品群。ATI時代のFireGLの流れをOpenGL特化のFirePro 3D、そのモバイル版のMobility FireProFireMVの後継となる複数画面表示を前提としたFirePro MULTI-VIEWの3シリーズが存在する。

過去に発売されていた主な製品群

※一部省略

(旧製品について)Phenom II X3及びPhenom II X2・Athlon II X3の一部でマザーボードBIOS設定を変えると4つのコア全てが動作するようになるものがある。しかし元々効化されていたコアは欠陥があったために効化されていた訳であり、有効化されたコアは正常動作しない可性がある。

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目・外部リンク

脚注

  1. *x86初期からK5まで AMDの歩みを振り返るexit 2010.8.9
  2. *価格性能比に優れたK7でシェアを伸ばしたAMDexit 2010.8.16
  3. *PCエンサイクロペディア:第14回 PCのエンジン「プロセッサ」の歴史(8) 2. NexGenの買収でAMDはIntelのライバルに - @ITexit 2003.3.15
  4. *64bitへの移行に20年を要したIntelの挫折 Itaniumの大失敗とOpteronへの敗北exit 2022.6.22
  5. *SIAのロバート・ノイス賞を受賞したAMDのリサ・スーexit 2020.9.29
  6. *「Ryzen」旋風吹き荒れる、AMD製CPUの販売シェアが再び7割近くにexit 2020.6.23
  7. *AMD、Xilinxの買収を完了exit 2022.2.15
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/03(月) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/03(月) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP