AVATAR 単語

160件

アバター

1.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

『AVATAR(アバター)』とは、2009年開されたSF映画である。製作ジェームズ・キャメロン

概要

細かいところにとことんこだわるキャメロンセンスが炸裂した大作SF映画。また、本格的な3D上映対応映画であり、本映画3D上映を初体験したという人も多いだろう。

色彩あふれる惑星パンドラと、そのダイナミック自然描写が圧巻。一方で『エイリアン2』などでも見られたSFミリタリーテイストあふれるRDA社の装備(VTOL機AMPスーツetc)なども魅的。

構想に14年、製作に4年かかったとされている。ただし、『ダンスウィズウルブズ』や『もののけ姫』等の他作品の摘するもある。

興行収入ランキングについて

2009年開された際に、当時の世界行収入ランキング世界一位となった。

2019年に『アベンジャーズ/エンドゲーム』によってランキング一位を奪われたが、2021年中国で『AVATAR』の再上映が行われ、そこで大ヒット記録したことにより再び行収入ランキング一位を奪還した。

続編

本作開から13年後の2022年12月に続編『AVATAR:ウェイオブウォーター』が開。キャメロンく全5作構想の内の2作もかなりの時間を費やしてのお披露となった。

『AVATAR:WoW』は前作からのブランクの長さを心配するも上がっていたが、ふたを開けてみれば世界行収入第3位になる大ヒットとなった。

また、3作は既に撮済であり、2024年12月開予定とされていた。しかし、2023年6月開日が2025年12月に延期された。

2作ヒットを受けて4作・5作制作も決まっており、4作2026年、5作2028年開予定だったが、2023年6月の発表ではどちらも開が3年延期され、4作2029年、5作2031年開を予定している。

ストーリー

地球の資が枯渇し、太陽系外の惑星パンドラでの鉱物採掘がおこなわれるようになった22世紀パンドラは有用な資と多くの自然に囲まれた豊かな惑星だったが、地表は有な大気で覆われて人間は呼吸具なしには活動できず、また獰猛な野生動物開発に反対し体力に優れる人間原住民族「ナヴィ」の妨によってその開発は思うように進まなかった。そこで開発を進めるRDA社は人間とナヴィのDNAを掛け合わせることで人間遠隔操縦可かつパンドラ環境に対応した分身的存在「アバター」を開発した。

主人公ジェイクはとあるきっかけでアバタープログラムに参加。ナヴィへ取り入って情報を収集するよう命じられる。しかし、ナヴィの習に触れていくなかでジェイクはナヴィの女性ネイティリとに落ち、またRDA社のパンドラ開発へ疑問を抱いていく。

やがて待ちきれなくなったRDA社は最大の鉱物が眠るとされるナヴィの聖地への侵攻を開始。ジェイク達はついに社の方針に反抗して立ち上がる。

関連商品

2作目『ウェイ・オブ・ウォーター』

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/26(日) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/26(日) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP