B快速単語

ビーカイソク

1.1千文字の記事
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

B快速は、列車種別のひとつ。JR東日本JR西日本で運行していた。停案内や販の時刻表では一般に種類が分けられないことが多く、「快速」と表記する事が多い。

JR東日本

仙石線では快速列車を運行していた頃、停が2種類あった時代はA・Bに種別を分けていた。他のJR各社であれば快速より格下の種別は区間快速が設定される事が一般的であるが、JR東日本では区間快速を設定せず、A・Bに分けていた。あおば通駅 - 多賀間を各駅停車する快速列車で使用していた。現在仙石東北ラインで運行している快速列車は停の違いにより、便宜的に赤・緑に分けているものの厳密には種別を分けていない。

JR西日本

1988年3月13日から2018年3月16日まで運行していた。
従来の快速和歌山駅各駅停車にしたもので、快速区間快速の中間に当たる種別である。
並行する南海本線の種別に例えると「区間急行」に相当する(快速急行区間快速準急に相当)。

2011年3月12日ダイヤ正で大半の「紀州路快速」がB快速と同じ停となったため(事実上の格下げ)、固有種別としての「B快速」は消滅したが、事実上のB快速は今も日中時間帯を中心に多数運行されていると言える。

阪和線大阪環状線梅田貨物線・東海道本線の4線を直通する。

シンボルカラー青色で、幕表示はB快速地に文字

運行区間

本数

2018年3月16日以前のダイヤでは上りが午前4時台に1本、下りがに2本、とレアな存在。
販の時刻表や、で配られる時刻表ネット時刻表サイトには単に「快速」としか書かれていないので判別は困難だが、の掲示にはちゃんとB快速と記されている。

停車駅

和歌山駅間の各・東岸和田駅和泉府中駅三国ケ丘駅堺市駅天王寺駅新今宮駅大正駅弁天町駅西九条駅新大阪駅

使用車両

番外編

仙山線においても宮城県内の一部のでA快速・B快速・C快速などと案内されているが、販の時刻表では快速の種類を分けてなく、正式に列車種別として使われた事実も乏しい。なお、山形県内のでは特に種類を分けていない。

かつて東京メトロ東西線では通勤快速が運転されるようになる以前は快速の種類を分けていなかったが、内部では列車番号から西船橋駅 - 東陽町駅のA快速浦安のみ停のB快速・浦安駅 - 東陽町駅間は各駅停車のC快速と呼称していた。ただし、正式な種別名として用いていなかった。なお、現行ダイヤ快速はB快速、通勤快速はC快速がそれぞれ相当する。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2021/01/14(木) 07:07:53 ID: tqqAVygWEW

    仙石線にもあったよね。
    なぜ説明されていないのですか?

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/05(日) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/05(日) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP