B-17単語

ビージュウナナ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ボーイング B-17とは、アメリカ陸軍第二次世界大戦時に運用した重爆撃機である。

概要

4発のエンジンを搭載した大爆撃機である。量産型(B-17F)ではM-2機関銃を11挺も装備して死を解消し、燃料タンクや搭乗員の周りに防弾を施しており、や胴体に大穴が開いても飛行を続けられるほど頑丈な機体だった。

開発

1930年1月マッカーサー陸軍参謀総長とプラット海軍作戦部長が協議し、アメリカの沿防衛については、陸軍航空隊が一義的な責任を負うことになった。この経緯から1934年に陸軍航空隊は、ハワイパナマアラスカを含む西半球のアメリカ領土を防衛するための大爆撃機を開発する計画「プロジェクトA」をスタートさせた。プロジェクトA900キログラム爆弾を搭載して8000キロメートルの航続を持ち、洋上まで進出して飛来する敵艦載機を排除し、侵攻する敵艦隊を精密爆撃で撃破する、というコンセプトで、航空機会社3社から提案があったが、いずれも採用には至らなかった。その中でボーイング社は独自に新たな大爆撃機を提案し、これが後にB-17として採用された。[1]

プロジェクトA

マーチン社、ダグラス社、そしてボーイング社が名乗りを挙げた。マーチン社はB-10の発展モデル146ダグラス社は自社の大ヒット旅客機であるDC-2を爆撃機改造したDB-1を提出した。2社が双発機、それも既存の機体の改造品で済ませた一方で、ボーイング社はプロジェクトAで開発していた巨大爆撃機XB-15を小化したような四発機を新規に設計し、翌年の1935年に後のB-17の原となるモデル299を初飛行させた。この初飛行の際、試作機を見た新聞記者が当時まだしかった胴体側面のブリスター座を見て、眼を備える砦を連想し「フライングフォートレス飛ぶ要塞)」と呼んだ。ボーイング社は宣伝に丁度いいと考えてこの称を正式採用したが、5年以上も後にこの「飛ぶ要塞」が称に相応しい大活躍をすることはまだも予想していなかった。

コンペは3社の試作機を実際に飛ばして性較することで行われ、新設計かつ大ボーイングモデル299ライバルを航続距離爆弾搭載量で圧倒し、速度も互以上と優秀であった。この結果を見た陸軍航空隊はコンペが終わる前にB-17を65発注することを決定し、ボーイング社とモデル299がこの爆撃機発注競争の勝者となるかと思われた。しかしコンペ終了間際にささいなミスからモデル299墜落してしまい、必須の飛行試験を全て了できなかったボーイング社は失格となってしまう。それでもボーイング社や将軍たちは高性ボーイング機を何とか採用させようとしたが、ダグラス社のDB-1の価格が1機で58200$だったのに対しモデル299は1機99620$と(凝った新規設計なうえに発動機の数が2倍なので当然といえば当然なのだが)倍近い高額であり、共通の軍隊最大の敵、予算によって結局コンペの勝者はダグラス社となり、DB-1がB-18として正式採用・量産されボーイング社は受注を得られなかった。

それでもボーイング機を諦めきれない陸軍航空隊の将軍たちは、抜けとして増加試作の名1936年にモデル299の発展をYB-17として13機のみ発注させることができた。13機のYB-17は直後にY1B-17と名をめ、その後数年間陸軍航空一の近代的大爆撃機として飛行試験や洋上爆撃の訓練を続けることになる。なお、このY1B-17飛行隊で航法員として乗り組み長距離洋上飛行の訓練で頭を現していた一人の中尉が、後に対日戦で戦略爆撃揮を執り空軍大将にまで昇進する「鬼畜メイ」ことカーチス・ルメイその人であった。

その後、欧州戦争の気配が近付くとともに貧乏に苦しんでいた陸軍航空隊にも予算が増額されていく。1937年にY1B-17とターボチャージャーつきの試作機Y1B-17AがそれぞれB-17とB-17Aに名をめ増加試作から正規の採用機扱いになったのと同時に、B型以降のが順次発注され、1939年から配備されていくこととなる。1939年第二次世界大戦が勃発すると、B-10などの旧式爆撃機安価なだけで低性B-18やB-23などではとても欧州での戦争に使えないと判断され、B-25B-26、そしてB-17の代替をした四発重爆撃機B-24などの新世代爆撃機の開発と生産が急がれる中で、B-17の発注数も大幅に増し生産は加速した。わずか13機の増加試作から始まったB-17の生産は最終的に1945年5月まで続けられ、12731もの大量生産が行われることになる。

運用

欧州戦線へ

B-17の初の実戦参加はアメリカ陸軍によるものではなく、Cに相当する機体をフォートレス Mk Iとして購入したイギリス空軍によるドイツの軍港への爆撃だった。しかし、1941年から実戦投入されたフォートレス Iはアメリカ製の高性なノルデン式照準器がなく、さらに防御機の数も5挺のみと少なかったため、一連の爆撃は戦果を挙げられず損ばかりを増やす結果となった。この失敗からイギリス空軍フォートレスでの爆撃々に断念してしまう。B-17はこの時点ではまだ「強な防御を備えた撃墜が難しい爆撃機」とは言えなかったのだ。このフォートレス Iの戦訓からD以降は防御座と装甲の強化が行われる。1942年にアメリカは垂直尾翼を大化し武装も強化したEを持ち込み、後にFも加わった。

B-17は排気タービン過給器付きエンジンを装備していたので高飛行性に優れており、実用上昇限度はF11200メートルを記録していた。ところがB-17には与圧装置がかったために作戦飛行高度を上限まで上げられず、常用作戦高度は7000~7500メートルになった。ドイツBf109Fw190はこの高度であれば性的に余裕を持って迎撃することができたので、B-17の搭乗員は氷点下40度前後の厳寒の中で防寒酸素マスクを装備し、ドイツ機と凄まじい銃撃戦を繰り広げなければならなかった。[2]

他の戦線が小康状態になった1943年から爆撃作戦は本格化したが同時にドイツ空軍の迎撃もしくなり、未帰還率が25%える日も出るなどB-17飛行隊は膨大な損を重ねるようになってしまう。しかし前述の防御座と装甲の強化が行われ、1944年以降のとなったGでは実に13挺もの12.7mm機関銃を装備し、密集編隊の弾幕ドイツ空軍を苦しめた。さらに1944年からはP-51P-47などがドロップタンクを装備してB-17の爆撃行に随行するようになり、護衛戦闘機の登場によって濃密な迎撃の中でも被撃墜率は7%未満に抑えられるなど、損を減らすことに成功した。B-17は実に約64トンもの爆弾を投下したと記録されており、ドイツの継戦を確実に削いでいった。

余談だが、B-17の機内にはアイスクリームを作る機械が備え付けられていた。戦闘で生じる振動により、帰還する頃には美味しくなっている事から多くの搭乗員から好まれた。

19436月4日イタリアに圧をかけるためシチリ爆撃に向かったB-17の編隊があった。作戦後、手ひどくやられたB-17はよろよろと地中海を飛行していた。すると背後から機が迫った。敵、と思いきや正体は味方のP-38だった。安堵した乗員たちはそのP-38に護衛を依頼すると、快く承諾。しかし間もなくして機体にしい振動が襲った。なんとP-38がこちらに一斉射しているではないか。満身創痍だったB-17はトドメを刺され、そのままへと墜落した。実はP-38鹵獲機で、イタリア軍パイロットが運用していたのだった。これまでにも数機のB-17が餌食となり、乗組員は全滅していた。今回、一人だけ奇跡的に助かった事で鹵獲機の存在が露わになった。

太平洋での戦いと鹵獲されたB-17

太平洋戦争開戦時、フィリピンオーストラリアなどにEを中心に少数のB-17が配備されていた。しかし日本軍電撃的な侵攻作戦を前に立った活躍が出来なかった。

1941年12月8日真珠湾攻撃が行われた。この報告を受けたフィリピン駐留アメリカ軍は、B-17を以って日本航空基地がある台湾爆撃を考えたが、不順と濃霧を理由にマッカーサーが中止を命じた。これがとなり、日本側に先手を打たれた。濃霧の隙を突いてきた零戦隊がフィリピンに現れ、クラーク及びイバ飛行場に駐機していたB-17が為す術なく18機撃破されてしまっている。

いきなり出鼻を挫かれたB-17であったが、残余の機体は侵攻して来る日本艦隊攻撃に差し向けられた。1942年1月4日、占領したダバオのマララグ湾に展開していた日本艦隊を爆撃。停泊していた重巡妙高を中破させる戦果を挙げたが、一方でアメリカ民に無敵の高性機だと喧伝されていたB-17は日本軍機に撃墜されてしまい、軍上層部に衝撃を与えた。この頃に戦果誤認と熱狂するマスコミによる伝言ゲームの結果米軍のB-17が「戦艦ヒラヌマ(架の艦)を撃沈」「戦艦榛名(当時マレーに居た)に特攻をかけて撃沈」と様々な誤報が出回り、戦死したB-17の搭乗員コリン・ケリー大尉英雄り上げられた。その後も戦争中期までは日本軍拠点への爆撃や偵察を担い、また珊瑚開戦やミッドウェー海戦など初期の要な戦の際も日本艦隊に対する爆撃を試みたが、零戦ではほとんど追いつくことができなかった高高度からの対艦爆撃は撃墜されるリスクが極めて低かったものの、爆撃の命中率も1%未満と散々だった。具体例を挙げると、6月5日に行われたアリューシャンでの戦闘では5機が日本艦隊を攻撃したが、命中弾はゼロだった。同時期に行われたミッドウェー海戦においても南雲機動部隊に攻撃を仕掛けたが、全て外れている。

ガダルカナル島を巡る戦いでは、B-17は拠点爆撃に奔走。日本側の作戦に制約を課した。ガで遭遇した九七式飛行艇を圧倒したという記録も残されている。1942年10月4日、第17爆撃隊所属のB-17がショートランド爆撃。この時、迎撃に上がった水上機母艦千歳所属の零式水上観測機を切断され、撃墜されている。新鋭とはいえ水上機に重爆撃機敗北した希有な例と言える。

爆撃にも従事し日本軍拠点のラバウルを執拗に攻撃したが、斜装備の月光の出現により被害が出るようになってきたため中止された。太平洋戦線にはB-17より航続距離が長いB-24の方が適していると判断されたため既に1942年中には機種交代が始められており、ごく少数の救難機や偵察機を除き、1943年中にはB-17は太平洋戦線から姿を消している。

なお、開戦時フィリピンに在機していたB-17はDが1機、Eが2機全な形で日本軍鹵獲されている。鹵獲されたB-17は陸軍研究所などで解析されたり、日の丸に塗り替えてテスト飛行をしたり、鹵獲機を集めた全行脚に加えられたりした。緒戦の日本軍戦闘機にとってB-17の防弾性は非常に厄介で中々撃墜させられなかったが、鹵獲機を使った模擬戦で弱点や防御座の死が研究され、多数のB-17が零戦に撃墜されている。また解析で得られたデータや構造設計は陸海軍の様々な重爆撃機の開発に応用されたがいずれも幻に終わり、海軍の四発陸上攻撃機である連山だけが一試作機の完成までこぎつけたが、量産されることなく終戦を迎えている。強なB-17に対抗すべく双発機天雷の開発がスタートしたが、試作機を6機作ったところで開発中止終戦まで残ったのは6号機だけだった。ドイツ軍鹵獲したB-17を模擬戦や特殊任務に用いた他、機体性の優秀さから輸送機としても使用した。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *アメリカ空軍歴史と戦略」田孝 書房出版 2008 pp.38-39
  2. *ドイツ本土戦略爆撃大内健二 人社FN文庫 2006 p.132
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/26(木) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/26(木) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP