Bullet×M@Sters単語

バレットマスターズ

3.3千文字の記事
掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

Bullet×M@stersとは、陽一Pによるアイドルマスター二次創作NovelsM@ster)である。

概要

高い文章と有名ゲーム会社「ニトロプラス」や「プロペラ」などの洗練されたBGMが売りのシリーズ

他の戦闘系のNovelsM@steriM@S架空戦記にはめずらしく、プロデューサー物語に大きく関わってくる。さらに架空戦記顔負けのしい戦闘描写があるのも特徴である。

見る人を選ぶ作となっているが、全体の構成折り紙つき。Bullet×M@sters第四話では曲と文章をリンクさせる「テキストシンクロ」という離れ業を見ることができる。

第三話以降はEDがついている。

動画・マイリスト

ストーリー

アイドル少女天海春香は将来のに期待を膨らませアイドル事務所765プロを訪れる。ところが彼女を待っていたのは悲しい現実――巨大アイドル事務所オール」がと権で支配する芸界の実態だった。

Pをはじめとする765プロや他の味方事務所との日常オールからの刺客の襲撃と出会いが春香を成長させてゆく。そしてしだいに明かされる真実…。

春香トップアイドルとなりアイドル業界を変えることができるのだろうか…? 

事務所と登場人物 

登場人物の性格はほぼ原作に準拠しているが、作者独自の設定が付与されている場合が多い。

以下はネタバレに関して未視聴でも問題ない程度に配慮されていますが、気にされる方はご注意下さい。第五話(~第六話)くらいまで視聴された方であればネタバレの問題全くないと思います。

第12話までネタバレした記事はこちら

 

765プロ

オール抵抗する少数精鋭のアイドル事務所

天海春香

社長スカウトされやってきた少女本編主人公アイドル三浦あずさにあこがれ765プロに入社。現在アイドル業界を変えるべく、何より自分ののためにアイドルとして戦うことを決意する。ほぼ原作に準拠した明るく前向きな性格(黒春香閣下の要素はし)。

戦闘皆無だが歌や踊りを想う気持ちは人一倍強く、命の危機に立たされても己の信念を貫こうとする一面もあわせ持つ。また外見・だった特徴がく、Pや美希から「地味」と連呼される。本人もそれを自覚しており、才の塊である美希ユニットを組むことになると怯んでしまうことがあった。

原作との大きな違い(ある意味原作基準)はダンスだけでなく歌も苦手だということ。

様々な人物との出会いによってゆっくりと、しかし確実に成長してゆく。

プロデューサー

プロデューサーなのにアイドルプロデュースしないことから視聴者側から「駄P」とか「ダメだこのPwww」とかいわれたりする。その代わりといわんばかりに常人をえた身体の持ちで、その気になれば屋根を貫くほどの怪力をもっている。頭戦はともかく判断はかなりのもの。そのためプロデュサーとしてよりも護衛の役割のほうが強い。

ずれたメガネ、乱れた、かなりのヘビースモーカージャンクフードばかり食べるなど本当にだらしがない。欠伸がくせだが、くせであると同時に戦闘中の緊をほぐすためのものらしい。

また過去についてが多く、三浦あずさや矢掛とも因縁があるらしい。

音無小鳥

春香やPをサポートする事務員。

怒ると非常に恐く、その眼はPが震え上がるほどである。
765プロのヒエラルキーの頂点に君臨している。

高木順一朗

765プロ社長。相変わらずシルエット塗り。

春香765プロへと導いた本人。

Rプロ

765プロと共にオール抵抗するアイドル事務所

秋月律子

Rプロ社長にして美希プロデューサー

頭が切れて責任感が強く、非常に頼れる存在。そのをいかし塔になることもあれば、前線に躍り出て戦うこともある。彼女の場合常人離れしたを持ち合わせているわけではないが、自作の簡単的な暗器スタンガン、催スプレーで応戦する。

優しい性格だが現実的な考えの持ちで、常に今後のことを考えて行動する。

星井美希

Rプロアイドル原作通り普段はやるきのないゆとり春香同様戦闘はない。

経験・レッスン不足のため技術面は未熟だが、その実どのアイドルをも上回る圧倒的な才を持つ。第四話では刺客相手に一作戦を練り上げ危機を脱した後、オーディションで抜群の表現を発揮、才の片鱗を見せた。
だが彼女には一定の「波」があるらしく、驚くほどの表現を見せることもあれば、本番中に寝るのではないかと思うほどやる気いこともある。

葦原

本編オリジナルキャラクター

Rプロの社員。律子く、「それなりに人間のできた人」とのことだが……。

オール

日本の芸界をる巨大事務所

スキャンダルをでっち上げて失脚させたり、物理的な危を加えてきたりと事務所。挙句の果てに警察とも繋がっているらしい。

社長

本編オリジナルキャラクター

いかつい体格、それに合わせたような厳格な顔つきの初老の老人。それ以外は不明。

三浦あずさ

オール所属のアイドル春香アイドルすきっかけとなった人物。かつては別の事務所仕事をしていたようだが休業中にオールへ移籍した。今はだった活動をしていない。

なぜオールに移ったのかは不明。なにやらプロデューサーが大きく関係しているらしい。

実は昔プロデューサーの……。

矢掛(やかげ)

本編オリジナルキャラクターあずさプロデューサー

皺一つスーツ、整った髪形、細身の体、まっすぐな姿勢、柔らかい口調とプロデューサーとは何もかもが正反対。ハンサムな顔立ちだが人を見下すような、人間とさえみなしていないをしている。

どうやら765プロの対処を任されているようで、プロデューサーとも過去に何らかの関わりがあったらしい。

あずさのため、というより何か他の意図もあるようだ。

Masters

オール社長が組織した戦闘集団で、抵抗する事務所に対する最終手段。

矢掛く「落ちこぼれ」。アイドルとしてどこか足りてない、そういう達らしい。アイドルとして最小限の活動はしているらしい。

双海亜美・真美

最初に仕掛けてきたMasters。

わずか12才にしてナイフ使い双子姉妹。性格は邪気そのもの。遊び感覚で人を殺そうとするため、殺気く攻撃の回避が難しい。さらに双子独特のコンビネーションで相手を攻撃する。正面からの戦いならMastersの中でも折り。

第三話にてプロデューサー春香を強襲した。

高槻やよい

武器五百円玉による銭形次よろしくの銭投げと弾で、格闘技にも精通している。心優しい性格のようで本当は戦いたくはないが、生活のために戦っているとのこと。ちなみに五百円玉は支給品で、余った分はただでもらえるらしい。

原作での彼女を知っている人なら武器とのアンバランスな組み合わせに驚く。

第四話のオーディション会場にて萩原雪歩と共に強襲した。

萩原雪歩

何本ものワイヤーを自在に操り攻撃する。速攻性は他の武器に劣るが、多的かつ変自在な攻撃をしかけてくる。気弱で優しく、やよいと同様戦いたくて戦っているわけではないらしい。

第四話のオーディション会場にて高槻やよいと共に強襲してきた。

如月千早

敵意があるわけではないらしいが多くは不明。

原作では全キャラクターきっての歌姫だが、この世界では…。

第五話の公園にて接近。

菊地真

第六話のデパートにて強襲してきた。

その他の登場人物

山田哲

本編オリジナルキャラクター

ボーカルビジュアルダンス全てを担当するコーチ。気さくで人当たりもよく優秀なコーチだが、オール抵抗しているため身をひそめている。

名前の由来は原作に登場する、
 Vi. 審員 崎すぎお
 Vo.審員 歌
 Da.審員 軽口
名前を一文字ずつを足したもの。

支援動画

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/16(火) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/16(火) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP