C-17単語

シージュウナナ

掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

C-17はマグダネルダグラス(現ボーイング)社が開発した大輸送機であり、同社の遺作でもある。
称は「グローブマスターIII」。 

概要

1980年代初めにC-141の後継機として「C-5のような長距離・大搭載量とC-130のような未舗装の滑走路での短距離離着陸を両立させ、アメリカ本土から前線まで直接物資の輸送を可にする」というな性のもとMD社によって開発された。
初飛行は1991年アメリカ空軍をはじめとして数カで200機以上が運用されている。

貨物の搭載のため機体胴体はかなり太く、MBTを含めアメリカ軍の全てのAFVが搭載可である。
未舗装の滑走路での短距離離着陸を実現するため、C-130代替的としたAMST計画(後にこの計画は中止された)において同社が開発したYC-15で実された技術を利用している。
化が図られており操縦士2名とロードマスター1名での運用が可である。

イギリスではA400Mの開発遅延のためC-17を数機購入している。同様の理由でフランスでもC-17の採用を検討してる。
日本ではC-X補に上がっていたが、巡航速度や機体重量による利用可空港の制限等の理由により採用されず、C-Xとしては産のC-2が開発された。

2013年に生産了を決定、2015年11月に生産を了した。全部で279機が生産された。[1]

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *http://flyteam.jp/news/article/57298
この記事を編集する

掲示板

  • 5ななしのよっしん

    2015/09/07(月) 19:15:45 ID: QTRS+w3wP3

    ガウ攻撃空母

  • 6ななしのよっしん

    2015/12/09(水) 01:17:12 ID: qvBww9x3hR

    航空自衛隊にもあれば便利だったろうけど、大きすぎたのが逆にとなったよなぁ。結果的にC-2の開発が決定したから良かったが。

  • 7ななしのよっしん

    2020/09/24(木) 22:19:50 ID: NFVYDq8ykF

    しょっちゅうエースコンバットの標的にされてるイメージ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/23(月) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/23(月) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP