C-5単語

シーファイブ

掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

C-5は、アメリカ空軍で運用されている大戦略輸送機である。称は「ギャラクシー」。

概要

1963年アメリカ空軍より提案された次期大輸送機計画「CX-HLS」により開発された。
開発は、ロッキード(現 ロッキード・マーティン)社。原機の初飛行は1968年
アメリカ軍の全ての装甲戦闘車両が輸送可であり、An-124が登場するまでは世界最大の輸送機であった。
機体構成は同社のC-141と同じく高配置のに4基のターボファンエンジンを搭載し尾翼はT字尾翼となっている。
また貨物の積み下ろしを速に行えるよう前後にランプ付きの貨物を持っている。

C-5Aは当初は115機を調達する予定であったが、開発の遅れと価格の上昇から81機に削減されている。
なお開発中に予定よりも重量が過したのでの厚みを削ることによって対処したのだが、納入後に構造強度の不足が判明したための補強修が行われた。
1985年から構造の強化等を行ったC-5Bが50機追加調達されている。
1998年より既存のC-5A/Bに新のアビオニクスとエンジンを搭載する修計画によりC-5M「スーパーギャラクシー」が開発された。修初号機のC-5Mが2006年に初飛行し、現在既存の機体に順次修が行われている 。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 5ななしのよっしん

    2017/07/23(日) 22:10:09 ID: TuPwcgf9qq

    便利だけど、C-130よりもコスト全般が安くて大容量な機体がでてこないと、
    輸送のの座はしばらく変わらないだろうね。
    というか、エンジン革新もしくはコスト無視してでも前線に大きな戦を大量配備しなきゃいけない状況でもない限り、
    C-130がずっと量産されそうな気がする。

  • 6 ななしのよっしん

    2017/07/30(日) 22:11:32 ID: myBaeI/bvI

    ※3
    開発当時は世界最大だったけど、80年代ソ連がもっとデカい輸送機を開発運用してる

  • 7ななしのよっしん

    2021/10/07(木) 13:46:49 ID: O9VS6CnHCj

    F-3の次がF-4になるように、C-2も似たようなことが起きるかな?

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/22(日) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/22(日) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP