今注目のニュース
子連れ入店禁止のカフェ 「バカなの?」と激怒する友人ママに厳しい声
なぜ「事故物件話」が流行るのか……「心霊スポットにドライブ」が流行らない時代の「怖い話学」
荒ぶる猛牛のシルエットがかっこいい! ランボルギーニ、米ストリートアーティストとコラボした「アヴェンタドールS」特別モデル発表

Celeron単語

セレロン

掲示板をみる(32)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

Celeronとは、intelの発売するCPUのうち廉価版に与えられるブランドネームである。

概要

1998年に、Pentium IIの廉価版として発売されたのが最初。

Celeronは低価格で提供される代わりに、その世代の上位CPU(例えばCore2Corei7など)にクロック数が低く抑えられていたり、上位CPUで搭載されている機かれていることが多い。よって、Celeron搭載のパソコンは大きな負荷(例えば動画エンコードや最新のオンラインゲームなど)が掛かる作業には向いていない。

しかしネットブックや一部のタブレットなどに搭載されるintel atomべ同時期に発売されているCeleronの方が高性である。そのため、Celeronインターネットメール、文書作成やDVD鑑賞程度であればストレスなく作業することが出来る。

さらに近年発売されたCeleronはデュアルコア化、内蔵GPUの強化、SandyBridgeHaswellマイクロアーキテクチャの採用、拡SpeedStepの導入など性が以前にべ大きく向上している。

そのため、近年発売されたCeleron搭載パソコンであれば、ニコニコ動画にある大部分の動画コマ落ちや音飛びすることなく視聴可である。

上記の理由よる近年の性向上・消費電低下に加え、コストパフォーマンスの良さから(最も安いもので4千円代から購入可)、ホームサーバー用やサブマシン用のCPUとしてパソコン自作する人からは重宝されている。

オーバークロック伝説

初代CeleronであるCovingtonコアでは、Pentium IIからL2キャッシュのみを抜いたものになっていたため、同クロックPentium IIよりも性が大幅に劣っていた。
しかし、L2キャッシュとの連動が不要になったことで、オーバークロック動作が容易に行えるようになった。
冷却対策をしっかりしたものでは、定格の2倍まで引き上げられたほどであった。
また、次に登場したMendocinoコアでは128KBのL2キャッシュがコアに組み込まれたものの、外付けで半分のクロックL2キャッシュを動かしているPentium IIよりもオーバークロック体制が強いものとなっていて、こちらも倍近いオーバークロックが可であった。さらにL2キャッシュが搭載されたことでPentium IIえる性も手にした。

現在では一部のモデルを除いて、CPUクロック倍率を変更できないようになっている(最大クロック数を自由に変更できるintelCPUプロセッサーナンバーの最後にKがついている)。 

注意点

Celeronは上位のCPUとは異なり、コアの世代が新しくなってもCeleronのままで販売することが多く、ブランド名とクロック周波数だけで較することができない。
たとえば、Pentium 4世代のCeleron 2GHzと、現行のCeleron 2GHzでは3倍近い性の違いがある。

もしネットユーザーサポートで相談する場合、それらだけでなくモデルナンバーや組み込まれているパソコンの機種および番も併せて伝えるようにしよう。 

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP