Chapman Stick単語

チャップマンスティック

  • 1
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

 Chapman Stick(チャップマン・スティック)とは、タッピングで発音するエレクトリック楽器である。

 通称はスティックだが、ドラムスティックと区別するため、発明者であるエメット・チャップマンの名前と併せてチャップマン・スティックと呼称する事が多い。タッチボードと呼称する事もある。

概要

 1970年代前半に登場した弦楽器で、構造はエレクトリックギター/ベースとほぼ同じだが、ピックを用いて弦を弾いて音を出すのではなく、フレットに対し弦を叩き付ける事(タッピング)で発音するのが最大の特徴。プレイヤースキンヘッドおっちゃんが多いのも特徴。

 ギター等のようにフレットを押さえ弦を弾いて発音するのではなく、一本でタッピングで発音するため両手の自由度が高い。そのため両手で演奏をするのが前提の設計で、ギターベースよりもかに多くの音を同時に奏でる事ができる。
 多くの場合、ベースパートコードメロディラインを同時に両手でタッピングして発音する。そのため演奏技術自体はピアノに通じる部分もある。一応、通常のギターのように弾く事も出来る。

 熟練したプレイヤー演奏は、それが一本の楽器とは思えない程の複雑なメロディと音色を持つものとなる。音だけを聴くとその凄さが伝わらない事が多い。だが動画を見ると(特にギターベースの経験者は)その変態性がよくわかる。習得には並外れた努が必要で、それがこの楽器のいまひとつ市民権が得られないの一つとなっている。 

外観と特徴

 外観上の特徴は、多数の弦がられた幅広のネックだけのような外観をしている(アコースティックギターのような構造の共鳴ボディを持つものもある)。共鳴器となるボディを持たず、ピックアップコントロール類はThe Blockと呼ばれるユニットにまとめて内蔵されている。
 出メロディパートベースパート独立している2チャンネル。そのため各パートそれぞれの音作りが容易に行え、エフェクトも別でかけられるのが特徴。
 弦のスケールは36インチ。初期のものは34インチである。

 基本的には立奏を前提に設計されており、ボディ背部のフックズボンのベルトなどに引っ掛け、ナットフックに専用のストラップを繋げてたすき掛けにし、これらの2点支持で身体に固定する。これによって両手はフリーになるため両手での演奏が容易に行える。
 また座奏のために腿の上に木製のバーを渡してそこに固定したり、スタンドに固定して演奏するプレイヤーも居る。

 音質などはギターバリトンギターに似るが、機質でどこか退的なサウンドが特徴。ギターベース用のエフェクター等も使用可である。というか、エフェクトスティックの音はやや味気ないため、残エフェクトはほぼ必須と言ってよい。 

 アンプは上記のように2chのため、ギターアンプベースアンプなど2系統を用意する事が多い。
 機材や演奏スペースなどの理由で2ch対応のアンプコンパクトミキサーを使用する者も多いが、その場合イコライザがチャンネル毎に独立していないと音が混ざりやすい。
 エフェクターギター用、ベース用がそれぞれよく使用される他、ステレオ入出PAエフェクターなどもよく用いられる。またごく僅かながらスティック専用のエフェクターも存在する。 

 Warr GuitarKOYABU BOARD等、似た構造のタッピング楽器をひとくくりにしてスティックと呼ぶ事があるが、これは誤り。このジャンル楽器が圧倒的に知名度が少ない事によると思われる。

 内での流通がそもそも少ないため弦の確保が困難で、ベースパートはともかく、メロディパートに対応する太さの弦で長さの足りるものが少ないため代用品の確保が難しい。 

チャップマン・スティックの種類

 Chapman Stickは特殊な楽器ゆえか、多様なヴァリエーションが存在している。

主なチャップマン・スティックの奏者 

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/31(土) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/31(土) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP