今注目のニュース
山里亮太、タクシー運転手のマナーに困惑 「絶対乗りたくない」の声も
「これが無いと詰む」「万能です」 秋田人が愛するソウル調味料「味どうらくの里」とは
中井りかが”水が飲めない理由”に衝撃 「どういうこと?」

Chara(Undertale)単語

キャラ

  • 26
  • 0
掲示板をみる(282)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(26)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

Charaキャラ)とは、Toby Fox(トビー・フォックス)氏が開発したRPGインディーズゲームUndertale』に登場するキャラクターである。

*ネタバレのようなにおいがする。

*もしあなたがまだUndertaleを遊んでいないか、クリアしていないなら……

*この先を読む前に、ゲームを自分で遊ぶべきだろう。

*……

*………

*…………

*それでも記事を読むことにした。

*Determination.(ケツイ。)

概要

Mt.Ebott(イビト山)に登りモンスター達が住む地下世界に落ちて来た最初の人間で、OPムービーで映る人物及びゲーム開始時にプレイヤーが名前を付ける事になる人物である。

プレイヤーが決めた名前=彼(女)の名前だが、この時「Chara」(日本語版では「キャラ」)と打ち込むと"The true name.(ほんとうのなまえ。)"と表示されるので、これが彼(女)のデフォルトネームだと思われる。

Undertaleファンからは「First Human」「Fallen Child」「First Child」などとも呼ばれる。しかし作中ではこれらの呼び名で呼ばれている場所は意外とみかけない。ただし上記のネームエントリー画面では「the fallen human」(おちたニンゲン)と呼ばれている。

ゲーム開始時では既に故人で、プレイヤーが操作するキャラクターである主人公(Frisk日本語版ではフリスク)とは別人である。ただし、とても関連性の高い関係にあると思われる。

外見

主人公と非常に似通った外見の子ども。首までの長さの黒髪黄緑色と黄色のストライプ柄の長袖Tシャツ色のズボン(長ズボン半ズボンかは本作のファンらの中でも解釈が分かれるところ)を着ている。肌の色は主人公よりめ。最大の違いは主人公無表情なのに対し、Chara笑顔を湛えているところだろう。ピンク色らんでいる。

基本はこの笑顔だが、Gルートを進めた人は心の籠っていない虚ろな笑顔にも感じられるかもしれない。時折陥没したかのようなになる時がある。さらにと口が爛れたような状態で不気味な笑いを上げる、というとても恐ろしい表情も見せる。

性格

True Pacifist Route(平和義者ルート・通称Pルート)クリア後において、Asriel(アズリエル)はChara"not realry the greatest person." - りっぱな ニンゲンじゃ なかった と評している。Asrielく、人間を憎み、「あまり いいものじゃ なかった」理由でイビト山に登ったらしいが、何故人間を憎んでいたかは頑なに話そうとしなかったという。

また、Asrielと2人でAsgoreアズゴア)にバタースコッチパイを作ろうとした事もあったという。ただし、その際二人は"cups of butter(日本語版では「バター カップ1」)"と"buttercups(「バターカップ」つまりキンポウゲ。有)"を間違えて入れてしまい、Asgoreがメチャクチャ具合が悪くなる(got him really sick)事態になっている。Torielトリエル)は当然激怒したが、Asrielが言うにはCharaは"laugh it off"、つまり笑い飛ばしたという。

Genocide Route(虐殺ルート・通称Gルート)を遂した際、残虐な人物として初めてプレイヤーの前に現れる。 [1] 生前の育ての親や親友かつ義兄弟をなんのく殺し、Monster Kidモンスターの子)を「Looks like free EXP.(いい カモだ。)」となんの感情もく殺そうとし、Floweyフラウィ)が恐怖し震えるほどの不気味さ・恐ろしさを相手に与える。狂気の笑顔を浮かべたまま殺戮を繰り広げ、相手からは人間ではいと言われる事も。

Gルートエンディングにて復活した際には、プレイヤーに直接話し掛けてくる。

ちなみに好物はチョコレートと、ここは子供っぽく少し可らしい。

アイテム

GルートのNew Homeニューホーム)ではアイテム「The Locket」(「ロケット」守備99上昇)と「Real Knife」(「ほんもののナイフ」攻撃99)が手に入る。これらアイテムはGルートでしか手に入らない。

「The Locket」はハートの形をしているとのことで、また入手後にアイテム欄から調べると「You can feel it beating.」(こどうが かんじられる。)と表示されることから、ロケットに填められているのはCharaの本物のSOULタマシイ)なのでは?と考察するファンもいる。

ストーリー

生前

地下世界に落ちて来た直後にAsriel Dreemurrアズリエル・ドリーマー)に助け出され、そのままAsgoreToriel夫婦の養子として育てられる。CharaAsrielは親友となり、2人のは地下世界に暮らすモンスター達に希望を与えたという。

ある日、Charaは病を患いそのまま死亡してしまう(ゲームオーバー時に表示されるテキストAsgoreが床にCharaに向けて言った台詞である)。

後述するような「True Pacifist Route」で見つかる記録やAsriel言などから、この「病」についてはCharaが前述のキンポウゲを自ら食べた事による計画自殺であったと考察されることが多い。

その死の際、Asrielに自らのSOULを吸収させて結界を突破させた。地上で残り6つ(Charaのものと合わせて合計7つ)の人間SOULを集めて、結界を壊させる事までが計画であったようだ。

地上に出たAsriel人間と出会ったとき、CharaSOULAsrielを操り人間を殺しまくろうとしたが、Asrielがコレを拒み失敗。結果抵抗のままリンチを受けたAsrielは帰還後に死亡。2人のが子の死によってAsgoreは地下世界に来た人間は殺す政策をとり、Torielは夫と決別しRuins(いせき)に移り住む事になる。

Charaの遺体は当初は居(後に地下世界に来た人間の遺体が安置される場所)に保管されていたようだ。棺桶にはChara(実際にはプレイヤーが入した名前)の名前が刻まれており、またGルートを調べると赤字で「(It's as comfortable as it looks.)」(みため どおりの かいてきさだ)と、に入ったことがあると示唆するモノローグが入る。

その遺体がから消えている理由については、GルートFloweyは「Torielを出ていくときに持ち出してRuinsに埋めたのではないか」「それがを覚ましたのがFriskなのではないか」という考えを告げる。

Neutral Route

ゲーム開始時では既に故人であるため、普通に進めてもCharaと出会う事はい。Charaの存在が分かるイベントWaterfallウォータフェル)に生えているエコーフラワーを通じて聞ける会話や、New Homeで出会うモンスターりでのみ存在を伺える。

True Pacifist Route

True Lab(しんじつのラボ)」で見る事が出来るテープにて、上記の有バターカップエピソードと、CharaがためらうAsrielを取りに行かせる様子や、CharaAsrielが密かに何らかの計画を練っていたことがわかる。これらのテープの内容から、Undertaleファンの間では上の「生前」の節でも書いたように「Charaを使って自殺したのだろう」と考察されることが多い。

ちなみに、これらのテープを内で偶然発見し視聴してレポートを残した人物は、Asgoreには見せない方がいいと判断しそのまま封印した模様。なお、このレポートを残した人物はW. D. GasterW.D. ガスター)、あるいはAlphysアルフィー)と思われる。「True LabのレポートはGasterが書いたものとAlphysが書いたものが混じっており、英語原文テキスト頭文字が大文字になっているレポートはGasterのもの」と考察されることがあるが、このレポートのテキスト頭文字は大文字となっているため記録者はGasterかもしれない。

Charaに固執し主人公=Charaと見ていたAsrielだが、戦闘後にはCharaの死を受け入れ [2] て、主人公(Frisk)の名前を聞いている。もしエピローグ中にある場所で佇むAsrielの下を再度訪れればChara人間性の一端を聞くことができる。

Genocide Route

定数以上のモンスターを殺し続け、全てのボスを殺す事で遂出来るGルートにおいてついに姿を見せる。

Ruinsで「But nobody came.(しかし だれもこなかった。)」になるまで殺戮を繰り返し殺意の一撃でTorielを殺めた主人公悪魔っぷりを見たFlowey(Asriel)はこの姿にCharaの存在を感じたのか、他ルート以上に主人公=Charaとして話しかけてくる。

以降主人公は時折プレイヤーの操作を受け付けず独自に行動をする事がある(勝手に動く事自体はNルート・Pルートでもある)。その際は大抵無慈悲殺人鬼である事を強調するシーンである。プレイヤーの操作や思惑とは関係に行動する場面はゲーム終盤に近付く=ステータスが高いほど多くなり、最終的にプレイヤーの操作を受け付けずに殺しに走るようになる。これはステータスが高いほどChara主人公への干渉度が大きくなるからだと思われる(Gルート遂時にモンスターを殺すたびに強くなったとっている)。同時に文字で表示されるテキストが随所で表示されるようになり、思考もCharaの影が強いか・そのものとなっている。

Floweyや対峙したモンスターからは気味の悪い顔と度々摘され恐怖を覚えさせており、もしかしたらCharaのあの顔を見せているのかもしれない。

事実上のラスボスであるSansサンズ)を殺し、LVが最大の20へと達した主人公Asgoreを会話を交わす間もなく殺し、主人公に恐怖を感じるようになり命乞いするFloweyさえも粉々になるほど何度も攻撃を加え殺する。

直後に、っ暗な画面にCharaが現れ(ゲーム中初の登場)、こちら(操作していたプレイヤー)にり掛け、感謝と自身が転生した理由を話した後、世界を破壊する。その際にプレイヤーに対し世界の破壊を持ち掛けてくる。実のところこの時点でプレイヤーに選択権はなく、どちらを選んでも世界は破壊される。その後ゲームを起動しても何も起こらない。

その後

ゲーム再起動して何も起こらないまま10分経過すると、興味を示したCharaり掛け、SOULタマシイ)を差し出したら世界を再構築しようと持ち掛けてくる。

取り引き成立後は再びゲームを遊べるようになる。しかし「CharaSOULタマシイ)を差し出した」という記録を覆すことはできない。

もしこの状態で再びPルートクリアすると、エンディングに変化が起こる。「Torielと一緒に暮らす」を選ぶとベットで眠る主人公Charaに変わり不気味な笑いを上げる・「行くべき場所がある」を選ぶとラスト集合写真が変化し、中央の主人公の顔がCharaになり周囲の人物に×印が塗り付けられる。

再びGルートクリアするとCharaから「世界を作り直してはそれを破壊し続けるのか」と問い、プレイヤーんだ感覚を持っていると摘し、さすがの自分もこれは理解出来ないある意味付きを受ける。その後、暗にGルート以外のに進むよう勧めた後に世界に還す。

これらEDはファンからは「Soulless Pacifist Route」・「Soulless Genocide Route」と呼ばれている。1度でもGルート遂した後では、たとえリセットしようが「Soulless」な結末は変わらない。もしっ当な結末を望むのならゲームデータを弄り全に最初から始めるしかない。

(なおファンの間ではこれらのSOULタマシイ)を差し出したあとのプレイについて、「この世界は1度破壊された後にCharaが作り直した世界で、出てくる人物はSOULい形だけの存在である。」と考察する人も居るようだ。しかしゲーム内で「出てくる人物はSOULい形だけの存在である。」と示唆する台詞シーンいようである?これはルート通称の「Soulless」を「主人公SOULを差し出した」という意味ではなく「出てくる人物みなにSOULがない」と解釈することで生まれた、二次的な設定かもしれない。)

関連動画

関連静画

関連項目

脚注

  1. *ただし、このCharaは所謂「メタ発言」も多く、生前の彼(女)と同一の人格であるかは解釈が分かれるところである
  2. *... I know. You're not actually [Name], are you?[Name]'s been gone for a long time. - …わかってる。 キミは ホントは [名前]じゃない。[名前]は もう ずっとまえに いなくなっちゃったもん。

掲示板

  • 280ななしのよっしん

    2019/09/25(水) 21:24:35 ID: FR4ZZkBXS2

    このキャラは殺せないのか
    残念だな

  • 281ななしのよっしん

    2019/10/04(金) 01:30:37 ID: qleoq3iFNJ

    >>280
    フラウィー共々初めつーか大昔に死んでた悪霊みたいなもんだし

  • 282ななしのよっしん

    2019/10/18(金) 21:54:47 ID: SgutXA4P7n

    生前から例のHellsingおっさんみたいな口調だったのかなあ(公式和訳版)

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/22(火) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/22(火) 14:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP