今注目のニュース
「彼氏の服装がひどい。イカデビルのTシャツ着てきた」と悩む女性 「逆に付き合いやすそう」という声も
「内々定です→ごめん間違いでした」は通用するのか?
納豆のプロに聞いた!海外の「納豆」事情

CNo.101 S・H・Dark Knight単語

カオスナンバーズヒャクイチサイレントオナーズダークナイト

掲示板をみる(65)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

現れろ、CNo.101
満たされぬ魂の守護者よ。暗騎士となってを砕け!
S・H・Dark Knight

S・H・Dark Knight

CNo.101 S・H・Dark Knightとは、アニメ遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。

概要

ナッシュの使用する「No.101 S・H・Ark Knight」がランクアップした姿。

エクシーズ・効果モンスター
ランク5/属性/族/ATK 2800/DEF 1500
レベル5モンスター×3
このカードは「No.」と名のつくモンスター以外との戦闘では破壊されない。
エクシーズ素材を持っているこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
このカードを自分フィールド上に特殊召喚し、
このカードの元々の攻撃分だけ自分のライフポイントを回復する。
1ターンに1度、相手フィールド上に存在するモンスター1体を
このカードの下に重ねてエクシーズ素材とする事ができる。
このカードが「No.101 S・H・Ark Knight」をランクアップして
エクシーズ召喚に成功した場合、以下の効果を得る。
このカードエクシーズ素材すべてを取り除いて発動する事ができる。
自分の墓地から「No.101 S・H・Ark Knight」1体を特殊召喚する。

公式サイト必勝!モンスターアカデミーexit」第28回による

神代凌牙を取り戻そうとするIVとのデュエルで登場。
RUM-七皇の剣」によって墓地No.101が特殊召喚されてランクアップされる。効果でIVの「CNo.15 ギミック・パペット-シリアルキラー」をオーバーレイユニット化し、ダイレクトアタックしたが、「ギミック・パペットシャドーフィーラー」の効果によって、IVを倒すことができなかった。
その後、「No.40 ギミック・パペット-ヘブンズ・ストリングス」にストリングカウンターを乗せられ、「CNo.40 ギミック・パペット-デビルズ・ストリングス」の効果で破壊されてしまったが、効果で復活。CNo.40の攻撃を受けた際には「オーバーレイコネクト」でカオスオーバーレイユニットを復活させることで再び復活効果を発動させ、ライフ5300まで回復した。

さらに効果でIVCNo.40カオスオーバーレイユニット化したが、その効果をトリガーに、「パニックシャッフル」を発動されてしまったために、とどめは刺せなかった。

そのターンの終わりに、ナッシュIVに、仲間たちがバリアン七皇によって倒される姿を見せつける。外道に堕ちたナッシュの「ファンサービス」に、とうとうIVの前のナッシュを「牙」ではないと言い切るが……。

IVはこのカードを相手にせず、「CNo.88 ギミック・パペット-ディザスター・レオ」の効果ダメージと特殊勝利条件によって勝利したが、ナッシュは「オーバーレイ・アワード」でこのカードの(カオスオーバーレイユニットCNo.88に与えることで特殊勝利を封じた。

モンスター効果を受け付けないCNo.88によってこのカード素材補充が不能になったナッシュは、「運命のクロス・ドロー」を発動、たがいにドローし、ナッシュはドローした「サイレント・ウォビー」をIVフィールドへ特殊召喚、それをこのカードカオスオーバーレイユニットとすることで効果を使えるようにした。
その後、CNo.88へ攻撃して自爆することでバトルフェイズ中に再び特殊召喚し、それによって「パワーストリーム」を発動。攻撃1000ポイント強化されたこのカードの攻撃でCNo.88を倒し、ナッシュ勝利した。


VSベクター戦で再登場。「RUM-七皇の剣」でNo.101からランクアップされた。
効果でベクターの「アンブラルゴーレム」をカオスオーバーレイユニットにして除去し、ダイレクトアタックベクターに大ダメージを与えるが、ベクターはこのカードの対策もしっかり立てており、このダメージトリガーに「カオス・ライジング」を発動、「CNo.65 裁断魔王ジャッジ・デビル」を特殊召喚されてしまった。

ベクターはさらに「カオス狂宴」でかつての仲間CNo.を出し、もう仲間がいないことをナッシュにつきつける。そして、このカードは「CNo.104 仮面魔踏士アンブラル」の攻撃を受けて破壊された。直後に自身の効果で復活はしたものの、続けて「CNo.102 光堕天使ノーブル・デーモン」の攻撃によって破壊、今度は素材もないため復活はわなかった。

最終的に、ベクターの「RUM-千死蛮巧」によって、このカードレベル6扱いとなり「CNo.5 亡朧龍カオス・キマイラ・ドラゴン」のオーバーレイユニットとなった。


遊馬と組んでのVSドン・サウザンド戦でも登場。
RUM-七皇の剣」によってランクアップされ、直後に自身の効果でNo.101を復活させた。さらにNo.101でダイレクトアタックを決め、このカードの攻撃で決着をつけようとしたが、先ほどの戦闘ダメージトリガーに「ヌメロン・ウォール」の効果を発動されてしまい、バトルフェイズを終了させられた。

そのころ、アストラルが隠されたフィールド魔法ヌメロンネットワーク」を見つけ出し、デュエルフィールドへと持ち込む。ドン・サウザンドは地上世界にとって守ろうとするが、私を信じて破壊するんだというアストラルの言葉を受け、ナッシュは「ヌメロンネットワーク」を破壊することを決める。

このカードの効果で「ヌメロン・ウォール」をカオスオーバーレイユニット化したうえで、ナッシュは「海底噴火」を発動、このカードや「ヌメロンネットワーク」を含む全てのカードを破壊して、このカードは自身の効果で復活した。

だが、次のターンにはドン・サウザンドフィールドに「CNo.1000 夢幻虚神ヌメロニアス」が降臨、その効果によってこのカードが奪われてしまう。その後、CNo.1000の身代わりにされるなどしていたが、最終的には遊馬カイト)の「No.100 ヌメロン・ドラゴン」の効果によって破壊された。


VS遊馬戦でも登場。
1ターンに「RUM-七皇の剣」でランクアップされ、「ドッペルシャーク」でこのカードの分身を作りだしたが、次のターン遊馬は「No.11 ビッグ・アイ」の効果でこのカードを奪ってしまう。遊馬はこのカードの効果で「ドッペルシャーク」をカオスオーバーレイユニット化し、ナッシュへ直接攻撃を決めたが、ナッシュはこれによって「七皇の双璧」を発動した。

次のターン、このカードは「CNo.102 光堕天使ノーブル・デーモン」の攻撃を受けて破壊され、素材がこのカードにあることによってナッシュフィールドに復活、遊馬へ直接攻撃するが、「ガガガガードナー」に防がれた。

その後、「アルティメットホープ」を装備した「No.39 希望皇ホープ」の攻撃を受けて破壊されるが、「オーバーハンドレッドカオスユニバース」によってすぐに復活、最終的には「CX 冀望皇バリアン」のオーバーレイユニットとなった。


相手モンスター素材化する効果の効果名は「ダークソウル・ローバー」、自身を復活させる効果の効果名は「リターンフロムリンボ」。
リンボ(limbo)とは、「辺」のこと。いわゆるリンボーダンスのこともlimboとつづるが、特に関係はない。

召喚の際はNo.101の方舟から飛び出してくる。

カード名のS・H・Dark Knightは、「サイレント・オナーズ・ダーク・ナイト」と読む。放送終了後の提供画面では、「S・H・ダーク・ナイト」と表記され、S・Hの部分に「サイレント・オナーズ」とルビが振られていた。

ランクアップ前のS・H・Ark Knightは、S・H・Arkを「シャーク」と読め(ルビでは「サイレント・オナーズ・アーク」)、これはナッシュシャークとしての気持ちが残っている表れではないかと公式サイト「必勝!モンスターアカデミー」で触れられていたが、このカードは間にArkの前にDが入ったことでその読みが成立しなくなっている。シャーク神代凌牙)としての思いを断ち切ったということの表れだろうか。

OCG版

LEGACY OF THE VALIANT」(2013年11月16日発売)でOCGに登場。

エクシーズ・効果モンスター
ランク5/属性/族/ATK 2800/DEF 1500
レベル5モンスター×3
1ターンに1度、相手フィールド上の特殊召喚されたモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターをこのカードの下に重ねてエクシーズ素材とする。
また、エクシーズ素材を持っているこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
自分の墓地に「No.101 S・H・Ark Knight」が存在する場合、
このカード墓地から特殊召喚できる。
その後、自分はこのカードの元々の攻撃分のライフを回復する。
この効果で特殊召喚したこのカードはこのターン攻撃できない。

素材にできるのは特殊召喚されたモンスターに限定された。また、自身の復活効果は墓地No.101が存在することが条件となり、そのターンの攻撃を封じるデメリットがついた。No.101の復活効果は削除された。

相手モンスター素材にできる効果を持つ。破壊ではなく、このカードフィールドを離れない限り相手の墓地へも行かず再利用されないという非常に強な除去となる。
発動条件やコストも一切ないため、RUM適当モンスターからランクアップするなどして気軽に効果を使える。ただ、相手に奪われた場合はこの手軽さがデメリットになりうるという点には注意が必要。

自己再生を行う効果を持つ。
発動条件にNo.101が定されているが、このカード素材になっている必要はないため、条件を満たすのは容易。No.101自体の汎用性も高いため、別々に使うこともあるだろう。素材を持っているという条件もあるが、1つの効果を使っていれば素材があるはずなので、しつこく復活することができる。
ライフを回復できる効果もあり、直接相手に影を及ぼせるものではないが、2800ともなればそれなりに心強いものがあるだろう。一応の弱点としては、あまり見かけるものではないが、「シモッチによる副作用」などで回復をダメージに変換されると厳しいというくらいか。

発動条件のない強な除去を持つため、「RUM-リミテッド・バリアンズ・フォース」でランクアップする場合のランクアップ先としても非常に有用。魔法除去なら「CNo.104 仮面魔踏士アンブラル」など、いくつかを使い分けるといいだろう。

弱点としては、破壊以外の手段による除去や、素材を補充する間もなく何度も破壊されてしまう場合、墓地No.101を除外されてしまうことなど。油断はできない。
アドバンス召喚体とするデッキや、「妖仙獣」「スピリット」といったフィールドから自発的に離れるカード群も少々苦手。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 63ななしのよっしん

    2016/06/15(水) 11:44:44 ID: ldF/U2PUcI

    >>59
    返しのライトニングワンパンされて自己再生もできないのは悔しいでしょうねぇ

  • 64ななしのよっしん

    2016/11/12(土) 13:37:22 ID: K2ZRh60chF

    まぁ墓地に送ってくれるだけ有情
    生自体はそんなに難しくないしデッキに戻されちゃうと流石に損した気になるな

  • 65ななしのよっしん

    2017/10/11(水) 14:09:55 ID: xKqKpUAwgy

    最近破壊以外の除去増えたからなぁ…
    バウンスに除外ばっかで再生がほとんど役に立たん…

急上昇ワード

最終更新:2019/09/21(土) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/21(土) 13:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP