CX 冀望皇バリアン単語

カオスエクシーズキボウオウバリアン

3.7千文字の記事
掲示板をみる(167)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

混沌の具現たる軍よ。切なる望みをが元へ。
集え、七皇の!CX 冀望皇バリアン!

CX 冀望皇バリアンとは、アニメ遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。

概要

一人残されたバリアン七皇リーダーナッシュが使用するバリアン七皇。七皇のオーバーハンドレッドカオスナンバーズを合わせることでを発揮する。

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/属性/戦士族/ATK 0/DEF 0
レベル7モンスター×3体以上
このカードエクシーズ召喚する場合、
フィールド上の「CNo.10X」と名のつくモンスターエクシーズ
レベル7エクシーズ素材として扱う事ができる。
(Xは1~7の任意の数値)
このカードの攻撃は、このカードエクシーズ素材の数×1000になる。
このカードエクシーズ素材1つを選択し、
選択したエクシーズ素材を取り除く、または400ライフポイント払って発動する事ができる。
選択したエクシーズ素材の「エクシーズ素材を取り除いて発動する効果」を発動する。
このターン、選択したエクシーズ素材をこのカードの効果で再度選択する事はできない。

公式サイト「必勝!モンスターアカデミー」第44回による

世界をかけた遊馬とのデュエルで登場。
フィールド上に次々とオーバーハンドレッドカオスナンバーズを展開したナッシュが、7体をオーバーレイユニットとしてエクシーズ召喚

エクシーズ召喚のせいで「オーバーレイ・ブレッシング」を発動され、遊馬に7枚のドローを許してしまうものの、攻撃7000ポイントとして、まずはCNo.107の効果を発動。遊馬の「No.39 希望皇ホープ」とフィールド上のカードの効果を封じ、続けてCNo.102ホープの攻撃を0にし、さらにCNo.103の効果を発動、2500のダメージ遊馬に与えようとしたが、遊馬CNo.107の弱点を突いて手札から「アリバリア」を発動、ダメージを防ぎ、このカードの攻撃も封じられてしまった。

しかし、ナッシュCNo.106の効果を発動、「アリバリア」を効化し、CNo.105の効果でホープを破壊した。そしてこのカードダイレクトアタックで勝負を決めようとした際、遊馬は手札から「ガガガガーディアン」の効果を使おうとしたことをトリガーCNo.104の効果を発動、「ガガガガーディアン」の効果を効にし、遊馬の手札をランダムに1枚捨てさせてライフを半分にした。
そしてダイレクトアタックを続行したが、直前に墓地へ捨てさせた「クリボー」が効果で墓地から特殊召喚されたため、そちらへ攻撃対を変更した。

カオスを制御し、散って行った七皇たちのために闘おうとするナッシュの姿の前に、遊馬アストラルエクシーズチェンジゼアルZEXALとなる。
遊馬ZEXALの戦いで人間世界危機に陥るが、遊馬九十九一馬やかつての敵、トロンバイロン)の助けもありデュエルは続けられる。

RUM-アストラル・フォース」によってランクアップした「No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ」の攻撃を受けた際は「エクシーズトリップ」でバトルフェイズを終了させることで攻撃を防いだ。

次のターン、ビヨンド・ザ・ホープへ攻撃したとき、遊馬は「オーバーレイ・ウィーカー」を発動、このカードの大量のオーバーレイユニットを利用され、攻撃7200までアップさせられてしまう。ナッシュCNo.103の効果を発動して遊馬に効果ダメージでとどめを刺そうとしたが、これも「ダメージリアクター」で効化され、そのままビヨンド・ザ・ホープ返り討ちにされた。
しかし、「七皇転生」を発動してこのカードと7枚のCNo.を除外することでナッシュ自身へのダメージ効化、さらに「ブラック・レイ・ランサー」を特殊召喚した。

遊馬フィールドにも「No.39 希望皇ホープ」が戻り、ナッシュもさらに「潜航母艦エアロ・シャーク」をエクシーズ召喚。かつての遊馬シャークデュエル思い出すようなフィールド再現される。
だが、ナッシュシャークとしての遊馬との出会いを忘れないとしたうえで、再びナッシュとして遊馬と対峙する。

ホープの攻撃に対してナッシュは「七皇再生」を発動。エアロシャークと「ブラック・レイ・ランサー」をリリースすることでこのカードを復活させ、CNo.101102103をこのカードカオスオーバーレイユニットとして迎撃しようとしたが、ホープの攻撃も「ZW精霊」によって4000まで上がってしまう。

ナッシュは「ドロー・リセットバトル」を発動。これにより遊馬ZEXAL)とナッシュが1枚ずつドロー。
遊馬は「ダブル・アップ・チャンス」を引き、ホープの攻撃8000にして再攻撃。だが、遊馬はみずからホープの攻撃を止めてしまう。遊馬デュエルの中で見つけ出した「答え」を受けて、ナッシュは「栄の七皇」を発動、除外されたままの残りのCNo.をこのカードカオスオーバーレイユニットとして再び七皇がフィールドに集結するが……。


攻撃名は「ランドチャリオッツ・スラッシュ」。

ナッシュはこのカードによってオーバーハンドレッドカオスナンバーズの効果を使用する際、全てライフと引き換えに効果を使用している。これについて、遊馬は「七皇の魂がいるカオスオーバーレイユニットを守っている」というように推測している(もちろん、取り除くと以後のターンでその効果が使えなくなってしまう、アストラルの言うように「攻撃を下げたくない」というような戦略上の理由もあるかもしれないが)。
ナッシュオーバーレイユニットを守る「オーバーレイ・メナス」も使用しており、このカード自体が破壊されるまでオーバーレイユニットが1つも欠けることはなかった。

オーバーハンドレッドカオスナンバーズの効果を使用する際は、それぞれのナンバーズの所有者とナッシュがともに効果を説明するのだが、ドルベだけは、2人が友であったためか、専用の口上がある。「キサマらのしがみつく希望、今こそ意を決し、と散れ!」というもの。

ホープに対して、CNo.102CNo.103の効果のコンボを行っていたが、これより先にCNo.105の効果を使用すれば、ライフの消費を抑えてモンスターを破壊する事が可ではあり、結果論でいえばナッシュ駄にライフを消費したことになる。
もちろん、自らのと友のを優先して使いたかった、遊馬が手札からモンスターを出すことを警したなどの理由があってCNo.102103を優先したとも考えられる。

このカードは「CX」(カオスエクシーズ)と名のついたモンスターである。元々CXは「RUM-バリアンズ・フォース」でバリアンを得てランクアップされたモンスターエクシーズにつく名前である(別作品に登場した「CX ズババ最強ジェネラル」は少々例外だが)。
しかし、このカードの場合、RUMによってエクシーズ召喚されるものではなく、ランクアップされる際に見られる「オーバーレイネットワーク構築」や「カオスエクシーズチェンジ」というセリフもなく、それまでのCXからみるとかなり異質なモンスターである。

カード名には「冀望皇」とある。字は違うが、公式サイト「必勝!モンスターアカデミー」で説明されているように、「冀望」と「希望」は同じ意味。「希」と「冀」を合わせて「希冀」(きき)という言葉もあったり。
このカードは、公式サイトでは「バリアン七皇希望ともいえるカード」と説明されている。

OCG版

マスターガイド4」(2014年3月20日発売予定)でOCGに登場することが「Vジャンプ2014年4月号で明かされている。

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/属性/戦士族/ATK 0/DEF 0
レベル7モンスター×3体以上
このカードは、「CNo.101」~「CNo.107」のいずれかをカード名に含む
自分フィールド上のモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚する事もできる。
このカードの攻撃は、このカードエクシーズ素材の数×1000ポイントアップする。
自分の墓地の「No.」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。
次の相手のエンドフェイズ時まで、このカードは選択したモンスターと同名カードとして扱い、
同じ効果を得る。
「CX 冀望皇バリアン」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

VジャンプWEBによる

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/19(日) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/19(日) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP