今注目のニュース
「5人が並んで花火を見ている写真が撮れた」 しかし、人ではなくまさかの…
誰も死なせない!『オーバーウォッチ』マーシーがfigma化
プロ野球選手引退後の職業は…意外にも「会社員希望」が最多

Dr.ライト単語

ドクターライト

掲示板をみる(82)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

Dr.ライトとは、

概要

CV飯塚昭三(8他)、神山卓三(CDロックマン危機」)、石森達幸(アーケード版)、中博史(OVA版)、佐々山洋一(X8)、麻生智久(イレハンX)、飛田展男(11)、ランドール・ウィーブ(海外版)、園崎未恵(パチスロアビリティ」)」

本名はトーマスライト(Thomas Right)。年齢は57アメリカ出身。
LITマニュアルデザインコンテスト5年連続優勝、世界技術大会賞受賞、ノーブル物理学賞受賞。
趣味コンピューターゲームカラオケ(ロール音痴)。
Dr.ライト、ライト博士、シタマエとも表記される。

ローバート工科大学工学部電子工学科を首席で卒業し、平和の為のロボット研究・開発を続けるロボット工学の第一人者。ロックをはじめとするライトナンバーズを開発した生みの親であり、高度な自思考を持つ人ロボットである彼等の存在はロボット工学会における大きな革命とななった。
実はロックよりも以前に最初の試作の人ロボットとして『DRN.000 ブルース』を制作していたが、動炉に問題点が発覚した為彼の修理を行おうとしたが、誤解の末にブルースは遁走。ブル−スの存在を非開にしており、ロックやロールにもその出自は未だに明かしていないようだ。

自身が開発した工業ロボット達がての学友であるDr.ワイリーの手により暴走する事件が発生し、戦闘用に改造してほしいと志願するロックの熱意に押され、彼を止むロックマンへと改造ロックマンの手によってワイリーの野望は食い止められるが、その後も懲りずに世界征服を幾度となく論むワイリーとの対立は深まり続けている。

ロックマン2では、アイテムを装備するときになぜか上から目線で接してくれる。
この時の口調は「シタマエ!!

ロックマン9では工業ロボットの運用期限を設けそれを迎え次第棄するロボット新法の制定に反対したが、賛成多数により可決を余儀なくされる。ワイリーに唆される形で反乱を引き起こしたロボット達の中には彼が設計した新生ライトナンバーズが含まれていた事に加え、ワイリーの策略によって世界征服を企んだとの濡れ衣を着せられ投されたが、ロックマンの活躍により相が世間に判明したことで冤罪晴れている。

ロックマン アビリティ 史上最大の試練では女性だった。

なお、イギリスアマチュア天文学者であるトーマスライト(Thomas Wright、1711年 - 1786年)とは全く関係ない。

Xシリーズでの出番

ロックマンXシリーズ主人公の一人であるエックスを開発したが、その思考回路がロボット三原則を破る危険性を想定する必要がある為その安全性の確認としてむこう30年間のテストが必要だったが、既に年老いた身の上に研究を引き継いでくれる者がいなかったことから彼を試験機を持つカプセルに封印した。
このシリーズでは「ロボット工学」と称される伝説的な科学者として歴史に名を残しており、時代設定の関係上既に故人のだが、立体映像で現れた時には明確に現状を把握して発言をしていることがあり、体は失われてもその意識は電子ので生き続けているようだ。ゼロに夢の中で出てくる老人(ワイリー)について問いただされた際に沈黙していたことから、彼がワイリーの忘れ形見であることを察している節がある。
ロボット工学の権威として様々な功績を残したライトだが、その高過ぎる技術がかえって周囲の理解を得られなかったのか晩年は孤独だったようで、エックス制作に携わっている段階で既にロックライトファミリーの面々がいなかったものと思われる。
度々エックスに戦う為のを授けており協を惜しまないが、何故エックスを他のライトナンバーズと異なり当初から戦闘ロボットとして開発したのかは不明。初期作品ではリュウを思わせる空手着姿で「波動拳」や「昇竜拳」を伝授してくれる事から格闘としての面があることが示唆されている。

関連動画

関連静画


関連商品

Dr.ライト ニ カンスル ニコニコイチバ  ノ ショウヒン ヲ
タダチニ ショウカイ シタマエ!!

関連コミュニティ

Dr.ライト ニ カンスル ニコニコミュニティ ヲ
タダチニ ショウカイ シタマエ!!

↓ジッサイ ニ シテミマシ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP