今注目のニュース
松本人志、愛人を作らない理由に驚きの声 「性格的に無理なのよ」
暴行を受け頭が陥没! 犯人のあっけない出所に被害者家族が猛反発
ズボンをはかない息子を怒鳴るも…息子の“大人”対応で怒り方を反省した漫画 「涙が…」

E・HERO マッドボールマン単語

エレメンタルヒーローマッドボールマン

  • 3
  • 0
掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

E・HERO マッドボールマンとは、アニメ遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」に登場するモンスターカードである。

概要

アニメGXで主人公遊城十代が使用するE・HERO融合体のひとつ。
3000という高い守備が特徴。

初登場はVSカイザー戦(1回)。
サイバー・ツイン・ドラゴン」の猛攻をぎ、次のターンに「ハネクリボー」+「進化する」のコンボを決めるため、手札の「E・HEROレイマン」とフィールドの「E・HERO バブルマン」を素材に、として融合召喚された。
だが、カイザーは「融合解除」を発動。「サイバー・ツイン・ドラゴン」の融合を解除した上で「パワー・ボンド」を発動し、「サイバー・エンド・ドラゴン」を融合召喚。「パワー・ボンド」によって攻撃8000となったサイバーエンドでマッドボールマンを攻撃、貫通効果によって十代のライフを削りきった。
カイザーの圧倒的な強さを見せ付けたデュエルである。

その後、サイコショッカー復活の生け贄(十代)をかけたVSサイコショッカー戦でも登場。
デュエル終盤に融合召喚され、装備魔法「クレイラップ」の効果で「電増幅器」を破壊、「電増幅器」の効果により「人造人間-サイコ・ショッカー」は自壊してしまう。サイコショッカーは高寺を乗っ取りリビングデッドの呼び声」を発動、「人造人間-サイコ・ショッカー」を生させようとするが、十代は「神の宣告」を発動しそれを効にした。そしてマッドボールマンでサイコショッカーダイレクトアタックをして勝負を決めた。
防御的なステータスのこのカードがフィニッシャーとなったしいデュエル

次の登場はVSカイバーマン戦。
青眼の白龍」に対するとして融合召喚されたが、返しのカイバーマンターンに「滅びの爆裂疾風弾」を発動され、破壊されてしまった。
このデュエルは最終的に十代が敗北している。

ガエル(美しき王子様)デッキ使いの残念な美人様こと、ローズとのデュエルでも登場。
かっこいい(十代・評)・イケメン王子様(ローズいわく)である「ガエル・サンデス」に対するとして融合召喚された。だが、「おろかな埋葬」、「ハーメルン」によって3体の「黄泉ガエル」が墓地に送られたことで「ガエル・サンデス」の攻撃4000まで上昇、見事に食べられて(戦闘破壊されて)いる。しかし、「ヒーローシグナル」の発動トリガーとなり、悪い魔法使いE・HERO フェザーマン」(戦士族)の特殊召喚につないだ。
このデュエルは十代の勝利に終わっている。

その後はネオスコンタクト融合が中心なっていることや、覇王十代として活動していた期間があったことから、初期の融合HEROの出番は減し、このカードもしばらく出番がかった。

だが、第4期のVSミスターT戦(2回)で久々の登場。
メテオ・ドラゴン」に対して融合召喚され、「メテオ・ドラゴン」に攻撃するが、「ドレインシールド」に阻まれる。装備魔法フュージョンショット」を装備してミスターTに効果ダメージを与えた。だが、ミスターTも「メテオ・ドラゴン」と「沼地の魔神王」を融合素材として「メテオ・ブラック・ドラゴン」を融合召喚、マッドボールマンは戦闘破壊されてしまった。
だが、「魂の結束ソウルユニオン」で「E・HERO ネオス」の攻撃を増強させる際に一役買っている。
デュエルは攻撃の上昇したネオスで「メテオ・ブラック・ドラゴン」を返り討ちにして、次の十代のターンダイレクトアタックで勝負を決めている。

攻撃名は「マッド・スタンプ」。
このカードの攻撃シーンがあるのはVSサイコショッカー戦、VSミスターT戦の2回だが、VSサイコショッカー戦では手から線を発射、VSミスターT戦では飛び蹴りと、攻撃方法が違う。攻撃名自体はどちらも同一のものである。

このカードが召喚されるときは相手の強モンスターに対する防御の場合が多いが、VSサイコショッカー戦を除き、相手は効果で攻撃を増強させるか、このカードを上回るモンスターを召喚してこのカードを破壊している。カイバーマンだけはカード効果での破壊を行っている。

初登場時は狭いの中から這い出るようにして現れた。

このカードが召喚されたデュエルでの十代の勝率は3/5、60である。別に低くはい数字に見えるが、本編における十代の敗北は非常に少なく、きちんと敗北が描写されたものではVSカイザー戦(1回)、VSカイバーマン戦、VSエド戦(2回)、VSオサム戦(回想デュエル途中から描写)の4回だけである(ただし、実質的に相手の勝利であったが何らかの理由で中断されたり、十代の勝利となっているものも含めるともうすこし多い。)。
その敗北回のうちの半分(回想オサム戦を除くと2/3)でこのカードが召喚されている。このカードはなにか呪われているのだろうか。

OCG版

遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX めざせデュエルキング!」攻略本2005年10月13日発売)の付録カードとしてOCGに登場。テキストは以下の通り。


融合・効果モンスター6/地属性/戦士族/攻1900/守3000
「E・HERO バブルマン」+「E・HEROレイマン」
このモンスター融合召喚でしか特殊召喚できない。
遊戯王カードWikiexit より引用

青眼の白龍」の攻撃と同等の守備を持ち、攻撃も下級アタッカーくらいはある。

とはいえ、守備3000のならもっと呼びだしやすい「メタルリフレクト・スライム」がいる。
さらに、同じ融合素材から「E・HERO アブソルートZero」、「E・HERO ガイア」のような強モンスターが呼び出せるというのも痛い。そのため、このカードE・HEROデッキで使用されることはあまりいだろう。

それでも、融合先のバリエーションを増やす的で融合デッキにとりあえず1枚入れておく価値はあった。だが、「記憶破壊者」の登場によりそれまで入れられるだけ入れたほうがいいと考えられていた融合デッキに、必要以上に多くなりすぎないよう数を減らす考えが生まれ、このカードの使用率が減少し始める。
そして止めを刺したのがマスタールール施行に伴うエクストラデッキ融合デッキ)の枚数制限である。15枚までしか入れられなくなったので、素材縛りがゆるいものや優秀な効果を持つものを優先して入れていくと、このカードの入るスペースがなくなるのである。そのために使用率が減、HEROデッキでも見かけなくなってしまった。

HEROの中ではかなり高い守備を持ち、まったく役に立たないというわけではないのだが、他にいいカードがたくさんあるためにあまり使われない、HEROでも影の薄いカードHEROデッキを組むときにエクストラデッキスロットが余ったら入れるのもいいかもしれないが、スロットが余る程度にしか入れられていないのなら、まず優秀な融合HEROを入手するところからはじめたほうがいい。一応、「融合準備」とこのカードバブルマンを用意する事は可

カード名の「マッド(mud)」は泥という意味。狂ったという意味のマッドは「mad」。
融合素材の「E・HEROレイマン」の「クレイclay)」は粘土を表す。粘土(クレイマン)にバブルマン)を加えたらやわらかくなって守備が下がるような気がしないでもないが、守備はクレイマンよりも高くなっている。

このカードは「融合/効果モンスター」だが、効果は融合E・HEROに共通の特殊召喚の制限しかない。これがければ「絶対魔法禁止区域」の対になれたり、「停戦協定」で数に含まれずに済むのだが。しかし、そのおかげで「融合/効果モンスター」では最短のテキストを持つ、どうでもいい記録の保持者となった。

上級モンスターレベル5・6)では、攻守の合計が「氷結のフィッツジェラルド」に次いで第2位である。
下級モンスターの「機皇帝ワイゼル∞」に負けているのは密に 密に。

実は攻略本での収録以来、1度も再録されていないので、少々入手しにくいカードである。


このカードの見たは、クレイマンの顔をバブルマンの顔に付け替えたといった感じであるが、全く同じというわけでもなく、手足や肩の部分が丸っこくなっているなどの相違点もある。

コメントでは「融合失敗」と呼ばれることもある。

関連動画

  

関連静画

関連商品

  

関連項目

掲示板

  • 12ななしのよっしん

    2015/01/19(月) 13:53:29 ID: fUQSPF+KHH

    2015年現在ではダークロウフォームチェンジするという使いがある模様
    有用かどうかは知らない

  • 13ななしのよっしん

    2015/02/04(水) 19:22:53 ID: xyzhxVFUvo

    まず見たの時点でやっつけ臭がひどい

  • 14ななしのよっしん

    2015/08/29(土) 13:36:08 ID: AzlMO2z0J7

    見たもそうだが登場の仕方もアレだろw
    うめき酷すぎww

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/18(月) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/18(月) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP