E351系単語

イーサンゴウイチケイ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

E351系とは、JR東日本振り子式車両である。

概要

JR東日本中央本線特急あずさ」の高速化と老朽化していた183系189系の置き換えを的として製造した車両。直流車両であるが、振り子機構を搭載した為300番台の形式とされた他、初めて「E」を付けられた車両でもある。
振り子式車両を投入する事になったのは中央本線には急カーブが多数存在し、振り子によるスピードアップを狙った為。

振り子機構は381系自然振り子ではなく制御付き自然振り子を採用し、傾斜度は5°。これによりE351系では本則+25km/hを実現した(但し、半径400m以上の場合に限る)。また、最高速度も130km/hに向上させている。
なお、振り子機構は八王子駅信濃大町駅間のみの使用で、他の区間においては振り子機構は停止されている(※現在信濃大町駅には到達しないため松本駅までの使用となる)。

尚、あまり知られていない話であるがE351系は中央東線の高規格化によりいわゆる「スーパー特急」としての運用も考慮されていた車両であり、160km/h運転に備えた設計がなされている。ちなみに電動機である「MT69」は、許容回転数が7000rpmという鉄道車両用としては非常に高い値に設定されている。(E231系MT73電動機は許容回転数5800rpm)

1993年12月に「あずさ」として投入され、翌1994年にはE351系で運転される「あずさ」を「スーパーあずさ」として区別しており、最速で新宿駅松本駅間を2時25分で結んでいる。
但し、このE351系は5本60両で製造が終了しており、「あずさ」系統に残っていた183系は振り子機構を搭載していないE257系に置き換えられた。
また、JR東日本ではE351系以降振り子式車両は製造されておらず、2016年以降に導入されたE353系空気ばね式体傾斜装置を採用した車両となる。なお、E351系はE353系への置き換えにより、定期運用が2018年3月16日、最終運転が2018年4月7日を以て終了となった。残念ながら1両も保存されることなく全解体されることとなった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 6ななしのよっしん

    2015/01/16(金) 01:09:24 ID: b47nvW86Wn

    >>sm25351906exit_nicovideo

    バブル崩壊と、もらい事故大月駅脱線)のマスゴミ報道に翻弄された苦労人なんだね。そのスペックを生かせないと言う悲しさよ。

  • 7ななしのよっしん

    2018/03/22(木) 19:06:03 ID: rICGrio+vL

    いよいよ定期運用も終わって後はさよなら運転ですね…
    というかE351って臨時用に残るん?なんか全解体とか新聞に載ってた気がするけど

  • 8ななしのよっしん

    2020/02/22(土) 23:20:28 ID: PHKfCZFSQd

    構造の複雑さ故に解体されてしまった悲しき車両

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/18(金) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/18(金) 20:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP