今注目のニュース
浅野忠信、参院選前に“白紙投票”ツイートで波紋呼ぶ 「白票は意味ないです」「SNSの使い方が天才的」
西日本は蒸し暑く 熱中症に注意
全国で人口減少も...福岡市は「毎年1万人増」 一極集中に拍車、税収も大幅アップ

EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN単語

アースディフェンスフォースアイアンレイン

掲示板をみる(138)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAINとは、2019年に発売予定の3Dアクションシューティングソフト

デベロッパーユークス、パブリッシャーD3 PUBLISHER。現時点ではPlayStation4専用タイトルとしてリリース予定。

概要

D32003年から発売している大人シリーズ地球防衛軍」のスピンオフ作品。

現在ナンバリングされている「地球防衛軍」は第五作まであるが、そちらのシリーズとは打って変わって「荒した地球」を舞台に戦い続けるEDF地球防衛軍)の兵士たちがより丁寧に描かれるとのこと。

他のTPSゲームと遜色のないほど洗練されたグラフィックにより、本家ナンバリングよりも戦術的な操作を行うことができる。アクションも、過去作よりも随分スタイリッシュに動作する。

テーマ曲は新垣隆氏、クリーチャーデザイン大山氏を起用することが決定している。

あらすじ

2028年地球外からやってきた未知の侵略者「アグレッサー」が、巨大な中浮遊物体「ハイクラフト」を使ってわずか三日間のうちに地球全体を飛び回り、世界各地へ次々と巨大生物殺人兵器を投下、人類への攻撃を開始した。

人類は国家の垣根を越えてEDFEarth Defense Force=地球防衛軍)を結成し、この脅威に対抗した。しかしほとんど成す術のないまま攻撃が加えられ続け、都市のほとんどが瓦礫の山と化した。

世界中の軍事拠点も壊滅状態となり、このまま人類は終焉を迎えるかに見えた。

 

2032年PAギアと呼ばれる戦闘用強化外格がEDFに導入された。これはアグレッサーの体内にある未知の鉱物エナジージェム」をコアにして動いており、これによってEDF歩兵人的な身体を発揮できるようになった。

EDFは開発した対アグレッサー用の強兵器の数々を、PAギアを装備した機動歩兵に装備させることで、僅かながらアグレッサー太刀打ちできるようになる。

 

2033年、攻勢をかけたいEDFは、ロサンゼルスに降りてきたハイクラフトに対して総攻撃を浴びせる。開発段階の新エナジーコアを投入してついにハイクラフトの撃墜に成功するが、EDFはその戦の大半と精鋭部隊のすべて、そして新エナジーコアテクノロジーまでも失うことになった。

 

2040年、かつてハイクラフトから投下された巨大生物たちが地上を跋扈し、相変わらず人類は難民となって彷徨っていた。

EDFには最巨大生物に対峙しつづけるは残されておらず、ゲリラ的に抵抗することしか対抗する手段を持てずにいた。

単語解説

PAギア

EDFである歩兵を支える革新的な技術。

エナジーコアエネルギーとし、これを装着することで人的な身体を得ることができるようになる。これにより、本作では兵科による武器の制限が存在しない

数種類のPAギアが存在し、それぞれで得られる戦闘が異なる。

トルーパー

従来のレンジャーに相当する兵科。初期から運用されている扱いやすい兵科という設定。
エナジームーブはシールドを展開しながら短距離ダッシュする回避動作「E-ダッジ」。

ジェットリフター

従来のウィングダイバーに相当する兵科。飛行が可な代わりに低耐久
エナジームーブは飛行ユニットを使用する「E-フライト」。

ヘビーストライカー

従来のフェンサーに相当する兵科。装備した武器が両手持ちとなり、電磁バリアによる防御もある。
エナジームーブは前方に電磁バリアを展開する「E-フィールド」。
但し展開に必要なエネルギー量が膨大な為か、リチャージに必要な時間も長い。

プロールライダー

新兵科。エアレイダーに近い特性も一応持つが、性質はかなり異なる。

他のPAギアべると性はややだが、エナジームーブ「E-ニードル」による移動性の高さはピカイチ。なお、これは巨大生物の吐き出す糸を応用したものである。
その機動を生かすため、ジェットリフターほどではないが装甲が薄いという弱点がある。

またオーバードライブ時にはG-L.I.A.R.(ジライヤ)と呼ばれる機を使用可
これは専用の制御システムを組み込まれた巨大生物をE-ニードルを介して操る技術で、巨大生物もそれ専用に用意されている。このシステムを使って操られる巨大生物は通常個体よりも高くなっており、一騎当千の戦闘を発揮出来る。
また、本システムを組み込まれた巨大生物は「サポートバグ」と呼称される。

エナジージェム

アグレッサーの体内にある未知の鉱石

これを加工することで人類はエナジーコアを得ている。

エナジーコア

膨大なエネルギーを生み出すエナジージェムの加工品。

多くの化石燃料を失った人類は、代わって様々な場所でエナジーコアを利用している。

アグレッサー人類の敵だが、今やアグレッサーから取り出したエナジージェムしではEDFは存続できないほど、重要なエネルギーとなっている。

関連動画

関連商品

発売日が近づいたら追記

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/16(火) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP