今注目のニュース
「しかたにゃい……今日はベッドゆずってやるにゃ!」 ネズミのおもちゃにベッドを譲るイケ猫に胸キュン
塩谷歩波『銭湯図解』が「日本おふろ大賞」に! 「日本サウナ大賞」にはドラマ「サ道」など
日本語が分からず学校をドロップアウト、ギャング化する若者も…「不就学児2万人時代」の日本

EeePC単語

イーピーシー

  • 4
  • 0
掲示板をみる(39)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

EeePC[1]とは、ASUS社のNetBookパソコンシリーズ名である。

概要

ULCPC(ウルトラローコストPC)、UMPC(ウルトラモバイルPC)、NetBookなどと呼ばれるカテゴリにあたる。一般的なノートパソコン(10万円〜)にべて、極端に安い(4万円〜)ことがもっとも特徴的である。その分、パソコンとしての性は数世代以上前のものとりなり、液晶も安価な小のものを搭載している。

当初の的としては、OLPCのような「低所得層向けの、インターネットを見るためだけのコンピュータ」として開発された、と言われる。しかし、2007年11月海外Linux搭載の初代EeePC 4Gリリースされると、予想に反してパソコンマニアの間で話題になった。それらを受けてASUSは、2008年1月日本国内版であるEeePC 4G-Xをリリース日本向けの変更としてWindowsXP ULCPC editionを搭載した。

EeePCの販売は、Vista需要が冷え込みつつあったPC市場に衝撃を与えた。特に、B5サブノート市場はほぼメーカーが押さえていたが定価が20万を越えるものも少なくなかったため、4倍前後の価格差は脅威になった。EeePCの反の大きさから、他メーカーAcerMSIHPDellなどが同種のPCを発表。それに続く形でNEC東芝Epsonも参戦を発表し、いわゆるNetBookと呼ばれるカテゴリを作り出した。2008年上半期のPC出荷台数では、1〜2割がこのNetBookカテゴリのものらしい。

後続シリーズが追加された現在では、旧世代機はさらに低価格で販売されている。特に、初代4G-Xとイーモバイル同時契約セット価格が100円になったため、100円パソコンとまで言われる。ただし、この販売方法はイーモバイルの2年契約が付いてくるため、総額で見ると安くなるとは言えない。また、性能面仕様を理解せずに買っていまい、後々トラブルになるユーザがいるようだ。

にもNetbookが登場したせいでノートPC市場全体が価格競争を始めてしまった上に、廉価版のCeleronでさえ十分なパワーを併せ持つようになってしまった為、2010年代に入った頃にはAtomを搭載していたNetbookは「安いばかりでパワーが貧弱なオモチャ」と言う烙印を押されてしまい、ひっそりと姿を消した。しかしこのEeePCの登場がければ現在の「5万円台からデュアルコアCeleronのエントリーモデルが買える」と言う時代はやってくる事はかっただろう。偉大なマイルストーンである。現在はもうノートとしてのEeePCの展開は終息しているが、ブランド名はその血筋を受け継いだデスクトップ「EeeBox」とエントリーモデルTransPad「EeePad」として生き永らえている。

初代EeePC 4G-Xのスペックは以下の通り

シリーズ展開

日本国内でに販売されているもの。WindowsXPULCPC editionを搭載する。後期~末期にはWindows7 Starter版も出た。

他に海外向けがある。WindowsXP以外にLinuxであるXandrosを搭載したモデルや、更にSSD容量が少ないモデルなどをリリースしている。

特徴

長所

当時はまだ登場したてで非常にしかったSSDを先駆けて搭載している事が最大のウリであった。これにより、いくら落っことしたり振り回したりしても従来のHDDマシンのようにフリーズする心配がい。スマートフォンもまだかった(「乗るしかない、このビッグウェーブに」は奇しくも後継機901-X発売日の前日の出来事である)当時、ノートパソコンを電を入れたままカバンに入れて何の気兼ねもく外出出来ると言う事は画期的な事だったのだ。また、ドライブも非搭載なので全なるゼロスピンドルマシンと言え、圧倒的な静音性を実現した。

パソコンとしてはかなりのミニサイズ、軽量であり、持ち運びも楽々。しっかり標準で無線LAN搭載なので、ちょっと台所に持っていって音楽聴きながらレシピを見ながら料理、なんて事も手軽に出来た。901シリーズ等のAtom搭載モデルではバッテリーの持ちもよく[3]、ちょっと釣りキャンプに行って現地で稼働させて切れる頃には帰る、なんて芸当も出来た。

短所

見ての通り、メインストレージが4GBしかない。初期値ではCドライブきが1GBを切ると言う最初からクライマックス状態である為、あの手この手でき容量のやりくりに苦労する。またSSDが独自の形状と接続形式である為、大容量に交換する事も難しい。Cドライブハンダ固定だがDドライブは着脱が出来るので、そちら向けにバッファロー等からEeePC専用32GBSSDなんて代物も出た(後述)。それを使いDドライブBIOSからCドライブにして使うという離れ業を行ったり、デフォルトで付くSDカードスロットドライバを使ってリムバブルHDDであるかのように見せかけてプログラムインストールする等の方法もあった…等々とにかくいじり甲斐のあるマシンだった。逆にこれらを聞いてワクワクしたようなタイプ人間ならば、いい遊び具になるだろう。

耐久性がやや低い。特にメインマシン並に使っていると、とにかくキーボード劣化い。筆者は年に1~2回のペースで交換しており、既に4枚の壊れたキーボードが鎮座しているレベルでチャチな出来。現役当時は交換用パーツが潤沢に市場に溢れていたが、現在新品を調達するのは困難を極める。

2014年4月8日、惜しまれつつWindowsXPサポートが終了した。これはつまりNetBookたるEeePCをネットに繋ぐにはOS更新が急務であると言う事だが、次世代OSであるWindowsVistaの要するHDD容量は最低15GB、最新版のWindows10でも16GBき容量を要する。これはHDDモデルのEeePCならともかくSSDモデルのEeePCには難題であり、ハンダ付け増設不可の初代4G-X(701)はもうどうしようもない。900番台以降は発売当初はEeePC専用なんて触れ込みでSSDが出たが中身は単なるmSATA仕様の汎用SSDである為、手に入れば一応増設は可だが現在組み込み用SSDmSATAではなくM.2に移ってしまっており、今後はかつてのIDE仕様HDD同様に先細って行き入手性も悪化するものと思われる、やるならめに確保したい。またCPU仕様により、Windows7以降定番となった64bitOSは動作しない。よって潰しの効かない32bitWindows10を入手して軽量化を施すか、あるいはXubuntuGoogle Chrome OS等の軽量なLinuxOSを使う必要がある(元々EeePCはその為に作られたようなものではあるが)。いずれにせよ、今から生涯現役で使うにはユーザーが試される。PC98シリーズX68000ユーザーに聞かれたら鼻で笑われそうだ。

NetBookの区別

NetBookというカテゴリはEeePCによって生まれたといっても過言ではないカテゴリである。そのため、まだ十分な定義はないが、その名の通り「Netに繋ぐだけの性ノートPC」と言われる。

似たようなカテゴリとして以下の様なカテゴリがあるが、やっぱりどれも一般的ではないので、てきとーである

関連項目

関連コミュニティ

EeePCに関するニコニコミュニティを紹介してください。

ニコニコとEeePC

ニコニコ動画Flash動画を扱う、較的重いサイトである。

動画エンコードにもよるが、ニコニコを楽しむにはEeePC 901-XならH.264高画質動画以外であれば大丈夫。他ではちょっと性が足りないようだ。詳しくは関連動画を参照のこと。

関連動画

手頃な価格と制限の多い規格と言う組み合わせは、特にいが好奇心は旺盛な学生PCオタクの心の琴線に触れるには十分であり、発売当時は色々と手を加えて動作を軽くするサイトブログがそこらじゅうに溢れた。上がっている動画も、そのように色々と遊び倒した内容のものが多い。ちょうどニコニコ動画明期とEeePCの発売時期が重なっているのもそれに拍を掛けている。

脚注

  1. *ASUS | Eee PCexit - 公式ホームページリンク切れ)
  2. *このサイズカーナビ用の液晶が大量に余っていた為にそれを流用し、結果的にコストを劇的に抑える事に成功した。しかし縦480と言う解像度XPの要する最低解像度(600)を満たさない為、色々な場面で不都合を生じる事になる。これでけて出した次の900-X以降は1024x600が流になった為、不便さは解消された
  3. *当時のノートPCバッテリーは1~2時間も持てばいい方で、オプションの大容量バッテリーを購入しても3時間持つかどうかと言った有様だった。そこへ然とカタログ値8.3時間を引っ提げてやって来たのだから、他メーカーが焦るのも当然である

掲示板

  • 37ななしのよっしん

    2014/09/09(火) 21:25:58 ID: PlJbJd2z7+

    EeeBookシリーズで復活するみたいね

  • 38ななしのよっしん

    2016/11/17(木) 18:26:58 ID: 3MFF4gncJJ

    エェェ…

  • 39ななしのよっしん

    2018/01/20(土) 01:13:25 ID: Xq2iPMsZ/W

    これはいい記事。
    門外にもわかりやすく、また、筆者自身の経験がを添え、ユーザー追記百科事典における手本といえるような記事。

急上昇ワード

最終更新:2019/11/20(水) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/20(水) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP