F.E.A.R.単語

フィアー

7.2千文字の記事
掲示板をみる(65)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

F.E.A.R.とは

  1. 【単】(fear)恐怖。いわゆるびっくりした系の恐怖ではなく、ひたひたと差し迫って来る恐怖のこと。
  2. Monolith Production制作ホラーFPS。本項にて説明する。
  3. TRPG制作している有限会社ファーイースト・アミューズメント・リサーチ略称

F.E.A.R.とは?

F.E.A.R. -First Encounter Assault Recon-(フィアー ファーストエンカウンターアサルトリコン、期偵察武装部隊の略)とは、2005年SIERRAから発売されたミリタリーホラーFPSゲームである。製作はNo one lives foreverで有名なMonolithが担当。
Half-Lifeと同じくシナリオを中心として制作された近未来FPSゲームであり、高度なAIと相まってファンの多い作品である。

日本においては当初ライブドア(この頃はまだホリエモンが健在)が英語版(こちらはディレクターエディション)と日本語版(こちらは全編吹き替え版)を販売していた。
しかし、2006年1月16日ホリエモン悪魔錬金術……じゃなくてライブドアショックの影により、同年6月6日からすべての翻訳吹き替え業務を取りやめ、その上サポートも打ち切ってしまい、中古にもかかわらずネットオークション等でプレミア価格で取引されるほど入手困難となった。
現在2008年1月25日にイーフロンティアから廉価版(日本語版)として再販され、入手が容易になった。

海外では拡パックが二本発売されている。これらについては日本語版は存在しない。
しかし続編F.E.A.R.2 PROJECT ORIGINでは拡パックの内容については触れない(拡パックは二つともMonolith Productionsが製作に携わっていない)ので、正史ではない外伝的な位置づけとなっているようだ。

シングルプレイ

F.E.A.R.のシングルプレイは大手軍産企業アーマカム・テクノロジー(ATC)社を巡るシナリオを追いかける形式となっている。
同時にアルマの復讐、フェッテルアルマとATC社との関係も描かれている。

パクストン・フェッテル率いるクローン部隊の反乱を鎮圧するためにATC本社ビルに出動したF.E.A.R.隊員。
しかし事件の内容を表されたくないATC警備員は隊員にも攻撃を開始する・・・。

マルチプレイ

当然のことながらF.E.A.R.にもマルチプレイも搭載されている。シングルプレイよりも武器の威が高めに設定されている。
2006年8月17日には無料マルチプレイ専用版であるF.E.A.R.COMBATが配布された。

登場人物

主要な登場人物

主人公
F.E.A.R.部隊の新人、部隊での役割はポイントマン(前衛)。配属々このトンでもない怪事件に巻き込まれる。
人的な身体と反射神経を持つ。その蹴りの強さは一撃で屈強な男をも殺する程。寡黙でハンサム
何故かクローン兵やフェッテルテレパシーを傍受するがあり、数人の敵兵の中を一人で突破していく。
しかしテレパシーの弊による幻聴や幻視等のホラー心霊に度々悩まされることに。

パクストン・フェッテル
事件の首謀者にして、念動クローン兵を揮でき、人の一部を食べる事により記憶を盗むことができる超能力者。
人のクローン兵を率いて反乱を起こすが、反乱を起こした理由は不明とされている(OPにその一端が見える)。
彼の的はストーリーが進むにつれ明らかになっていく。

アル
物語を握るの女。主人公の行く先々に現れ、鮮血の足跡を残していく。非常に念動が強い。

ある理由により、「ワンピース少女の体」と「育ち盛りの女の裸体」の2つのアルマが現れる。

F.E.A.R.(First Encounter Assault Recon)チーム

ベンジャンコフスキー
F.E.A.R.部隊員。主人公先輩にあたる。頭の寂しさは相当なもので、チャック・ハベガーを寄せ付けない。
主人公と別ルートで突入するが作戦行動中に行方不明になる。藤原組長との関係は不明である。

ジン・スンオン
F.E.A.R.部隊員。技術仕官で科学調を担当する。ピザ好きらしいがノートンメイプスの事ではいらしい。

ロウディ・ベターズ
F.E.A.R.部隊の指揮官有能かつ非情で毒舌な上。彼からの通信によって、主人公は事態の全貌をつかんでいく。非情な命をするものの、「あれやこれや」のサポートをしてくれる。だが彼の「グッドラック♪」に殺意を持つプレイヤーは少なくいはずだ。

ダグラスホリディ
F.E.A.R.部隊の護衛役を命じられたデルタフォース隊員の一人。自称爆弾の達人。

レプリカ軍(フェッテルの配下)

レプリカクローン兵)
元は通信手段として念動テレパシー)を使って統率・揮されるATC社の精鋭兵士であったが、隊長フェッテルの反乱により一個大隊(約1000人)全員がフェッテルに支配され、F.E.A.R.隊員に襲いかかる。
テレパシーで意思疎通できる為、爆対策でわざとが遠くなっている。このため敏く、テレパシーによる第六感での作戦行動が可だが、足音などが聞き分けられないため背後からの強襲に弱い。

上述の通り棚を倒してにしたり、プレイヤーの裏をとるべく回りこんできたり、物陰にいる場合は容赦なく手榴弾を投げてきたりと知が高く、この賢さをしてF.E.A.R.の名を高めているほどレプリカ兵は強い。
彼らが出なくなると心霊が起こることが多いため、彼らが出てくるとホッとする。ある意味癒しの存在。

ヘビーアーマー
体の一部をアーマーで覆った重装歩兵。粒子ミニガングレネードランチャーで武装していることが多い。
動きは鈍いものの、高い防御耐久、そして圧倒的な火力プレイヤーを苦しめる中ボス的存在。

正面から待ち構えている事は少なく、いきなりを爆破して驚かせることが多い。

パワードアーマー(REV6 ロボット
二足歩行の陸戦兵器人ではなく中に人が入っている為パワードスーツという表現が近い。
ヘビーアーマー以上の防御耐久を持つ上、基部のロケットランチャーを湯のように乱射してくる強敵。
このロケットランチャーの弾はやろうと思えば打ち落とせる。

アサシン
ATC社の「重力下での密度低下時の身体の復調」などの実験により生み出された新クローン兵士。全身を光学迷彩スーツで包み、実験の成果による足音の少なさや敏捷性を駆使して両手ので格闘戦を仕掛けてくる。
ただでさえ心霊が多くて肝を冷やすことが多いのに、ラップ音やジューシー死体を増やしてくれる困ったさん。
ただ接近しなければ攻撃できないということで、を背にして蹴りまくっていれば勝手に突っ込んであっさり倒れる。

ゴースト
フェッテルアルマの超能力によって現れる、悪意復讐心の凝集体。やけにナイスバディである。

特別な行動は一切せず、主人公に突っ込んでくるだけの敵。しかも拳銃一発でも散する。
しかし、数がまとまって出てくる上に足も速く、触られると大きなダメージを受けるので注意が必要。
何も無い所から出てくる癖にや障物をよけて飛んでくる、非常識なんだか常識的なんだかよくわからない敵。

ATC(アーマカムテクノロジー社)関連

ノートンメイプス
ATCエンジニアで、密命を受け本社に潜入している。密命のついでにF.E.A.R.隊員の妨もしてくる。
行く先々に菓子の袋をポイ捨てする筋入りのピザデブありあまる脂肪アーマーでいかなる爆にも耐える憎い
ダクトを通る際にが引っ掛かったり、天井を突き破って落下する際に屁をしたりする。
彼に「ざまぁ」と言える時を心待ちにするプレイヤーは多いはず。

アリスウェイ
ハーラン・ウェイドのにしてATC社員。物語の中盤、事件の関係者である彼女を護衛する事になる。
しかし高飛車で身勝手で聞かん坊という困ったちゃん。空気の読めなさは血が為せる業か。

ハーラン・ウェイ
おとうさんATCエンジニアであり、社長同様の実質的な元。事件に深く関わっており、度々名前が出てくる。

チャック・ハベガ
フェッテルかじられてた人。まずかったらしくど食べられていない。本名はチャールズ・ハベガー。頭頂部に寂しさが広がっている。

アルダス・ビショップ
フェッテルに捕まって爆弾をとりつけられている人。爆弾を取り付けられていても悲壮感の全くお茶さん。

ビル・ムーディー
ATC社長。フェッテル拉致され、尋問されている。その最期は主人公が看取る事に。

ジェネヴィーブ・アリスティード
ATC社長。人の話は全く聞かないわ火に油を注ぐわ、最初から最後まで何かと厄介な人。
顔が見たい人はF.E.A.R.2へどうぞ。 

ATC警備員
名前通りATC社の警備員。物語の中後半、計画の関係者を始末すべくATC社員やF.E.A.R.チームに襲いかかる。
軍需産業の大手企業だけあって練度も高く装備も充実、人数も多いが、クローン兵ほどではない。

断末魔はやけにやる気い投げやりなにするよう、特に訓練を受けている。
その理由は不明だが、英語版でも日本語版でも同様である事を考えると余程の理由があるに違いない。

タレット
ATC社屋内に配備されている自動座。社員を持たない者には警告しで発してくる。
狙いが正確で火力も高い為、まともにやりあうと相当辛いに遭うが、電を落とす事で化できる場所もある。
何を想定して社内に仕掛けられているかはだが、こんな装置が廊下にバンバンとりつけられている職場ならサボる社員は皆無だっただろう。

UAV(Unmanned Aerial Vehicles)
中を飛びながらレーザーを連射してくる航空機ゲーム中で設計図が確認できる。
プロペラ音とにより存在を確認しやすいが、かなりの強敵なのでこの音や恐怖を感じる人は少なくいはず。
どういう原理で中に浮いてるかは不明。航空機そのものは現在でも実用化されているが、このゲームでは較的非現実兵器である。

イアン・ハイブス
チームの潤滑油となっている世渡り上手さん。ニコニコ動画での人気者。
実は電話以外での出番が一箇所ある。探してみるのもいいかもしれない。

ぁみんな。イアン☆ハイブスだ。今紳士達がオフィスに来たよ。こんなこと言いたくはないんだが、なぜ弾幕られるのかさっぱりわからないんだ。 にとってはどうでもいいことなんだが、顔も出ない電話だけのキャラに世間のが集まるとマズイから。なにせニコニコ動画だけなんだから。でも弾幕よろしく頼むよ。じゃぁ。

その他

ノートPC
通称「タフノート」。驚異的な強度を誇り、爆弾大砲の直撃にも耐える。

電話
ATC社内で利用されている電話ボタン1つで留守電記録が読み上げられるため、ほぼ内線専用と思われる。
ごくたまに叫ぶ。

ラジオ
社員が持ち込んだと思しき電子機器。一連の事件を第三者的視点提供してくれるニクい
部屋に入るとプレイヤーを唐突に大音量でビビらせる。

ネズミ
ちょこちょこ現れるかなり大ドブネズミ。攻撃してくることはないが、撃で殺傷することができる。
この際やたら気のいい血しぶきと、ハンドガンであっても重榴弾の直撃にあったかのような粉砕音がする。

研究所跡、ATC本社
本作は一貫して研究所跡とATC本社(と若干の路地)を突き進むことになる。
冗談のように広すぎる研究所跡とATC本社はよくジョークのタネにされる。

武器

素手以外の武器は手にしていると若干移動速度が遅くなる。

Slo-mo スロー・モー
主人公体から受け継いだにより、一時的に反射神経を高めることができる。
これにより可になるのがSlo-moというシステムで、発動中は全ての物体の動きが遅く見える。
敵が反応する前に先手を取る、敵に投げ込まれたグレネード爆発前に回避、一部イベントをじっくり見る等が可
Slo-moゲージ制だが時間経過で少しずつ回復し、一定値が溜まれば再使用できる。
必要な一に発動して即解除する癖を付ければ、それだけ戦闘を優位に進められるだろう。

CQC 格闘
いわゆる徒手拳。最もく移動できる。
ゲームクローン兵は銃撃戦に強い反面、上述のように背後からの急襲に弱い為、格闘戦も有効な場面が多い。
また主人公の身体の高さから、軽いジャブでも銃器を軽く上回る異常な攻撃を誇る。
スライディンキック死体を数十メートル飛ばすことが出来る等、人間業とは言えず化け物並の威である。
主人公の特殊でもあるスローモーと組み合わせる事で有効な運用が可。、
パニック映画けるモンスター視点の様なプレイを楽しむこともできる。

AT-14 ピストル
最初に持っている武器。軽く精確な反面、コンバットスーツを着ているクローン兵に対しては威が心もとない。
二丁拳銃モードで装弾数を倍にできるが、残念ながら連射速度は変わらない。
撃つ時には想いを込めるのがお約束

RPL サブマシンガン
軽量、低威の連射武器で、クローン兵の武装。
標準的な性で入手機会も非常に多く、ある意味では面みの武器

G2A2 アサルトライフル
サブマシンガン同様の連射武器。こちらもクローン兵の武装。
なので少し重いが、火力重視なので時期を問わずとして使える。
頻繁に入手できる都合上、やはり面みの武器ではある。

VK-12 コンバットショットガン
いわゆる散弾銃。室内戦がである本ゲームでは強武器
そこそこ連射が利く上に近距離で高火力を発揮する為、強敵との戦闘でも頼りになる。
移動速度もほとんど低下せず、かく乱プレイや突撃プレイに最適な武器

10mm HV ペネトレーター
通称「ごっすん」。反動・高精度・静音で大きなを射出し、倒した相手をに縫い付ける鬼畜武器
自体は普通ストッピングパワーに欠ける為、急所を狙わないと対人兵器としては弱い。
装甲貫通の高さからヘビーアーマー等の強敵と相性が良く、盛り上がる戦闘価を発揮する。
HS(ヘッドショット)時の音が良い為、使う人は是非HSを狙って頂きたい。

ASP ライフル
スコープがついている為、中遠距離にも対応可ライフル
3点バーストなので高火力な反面、弾薬が尽きやすく入手機会も少ないので力武器としては使えない。
この為、スコープだけが利用されることもある。後述のパーティクルウェポンが出てくるとその役を終える。

MOD-3 マルチロケットランチャー
3連射式のロケットランチャー
それなりに手で火力も申し分ないが、一度に携行できるのは2門分=30発まで。
5回(リロード込みでも10回)撃てば終わりという継戦の低さが欠点。
入手機会も非常に少ない為、温存せず々に使い切ってしまうのが得策。
後述のパーティクルウェポン、ラピッドキャノンが強すぎて立たない不運武器と言える。

Type-7 パーティクルウェポン
較的現実的な武器が多い本ゲームで異を放つ、SF的な小粒子
の粒子を飛ばし、倒した敵を焦げのにしてしまう鬼畜武器
連射は利かないものの、通常の兵士なら命中しただけで即分解ヘビーアーマーでも数発で倒せるほど高威
ズームが優秀で、狙撃武器としてもASPライフル以上の使い勝手を誇る。心霊等のズームアップにも最適。
余談だが武器側面の残弾表示もSFチック

MP-50 ラピッドキャノン
グレネード弾を発射する多連装キャノン。通称「鬼畜」。
高威で即着弾、装弾数50で連射可、更には爆ダメージも与えるんだから恐ろしい。
その圧倒的な火力パワードアーマーをも簡単に倒せる程。
解禁時期が最も遅いだけあり、ゲームバランスを壊しかねないほど強武器

N6A3 フラググレネード
敵に命中するか一定時間で爆発する手榴弾。攻撃する事によって即爆発させる事もできる。
ゲーム手榴弾同様テクニカルに使えるが、投擲距離が長く爆発範囲も狭いので扱いが難しい。
また算で投下位置を決める性質上、技量の差が出やすい。
敵はグレネードを発見すると行動を変えるので陽動としても使える。
たまに敵AIが投げてくるが、それを銃器で一撃すれば逆に相手が死ぬ。

AT-S 近接グレネード
いわゆる跳躍地雷。敵の接近に反応して中に跳び上がり、爆発物を射出する。
グレネード系で最大の威を誇り、こちらの死に回り込んでくる敵AIの逆手を取ってトラップとして使える優秀な武器
どこに仕掛けてどれだけの敵を倒すか、それをどうやって見るか、プレイヤー戦略性が問われる武器でもある。

M77 遠隔爆弾
や床、敵等にくっつける事が可な吸着爆弾
リモコンスイッチにより、自分で爆発タイミングを調整できる。またりつけた爆弾を回収する事も可
トラップとして使うだけでなく、投擲中に起爆する事もできるので使いやすい。
プレイヤーを苛立たせる特定人物の顔に貼り付け、ストレスを発散する手もある。
ただし本ゲームでは登場人物を殺できず、入手機会も少ないので無駄遣いは厳禁。
余談だが、リモコンスイッチを握っている時の格闘攻撃は非常に強
蹴りはおろかグレネードランチャーよりも高威で隙も少ないという、最も優秀な格闘攻撃に変貌する。

他、拡パックではレーザートーチや重ガトリング砲、敷設座やなど多数のトンデモ兵器が追加されている。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/22(金) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/22(金) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP