今注目のニュース
志村けんさんが死去 70歳 新型コロナウイルス感染で重度の肺炎
狭い穴にネコちゃんが挑戦! 手作りダンボールおもちゃで遊ぶ様子が応援したくなる
「ガトリング砲」と「バルカン砲」 何が違うのか? 一時は廃れていたガトリング砲

F2P単語

エフトゥピー

  • 4
  • 0
掲示板をみる(42)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

概要

F2PとはFree to Play」の略称で、文字通り無料プレイ」という意味。英語圏で課金サービスを導入した基本無料形式のオンラインゲームす言葉である。

同様の産のタイトルオンラインゲームソーシャルゲームもその定義に含まれ、英語圏ではF2Pというジャンルとして扱われているが、内では一部のメディア(開発者インタビューなど)で扱われてる程度で、コミュニティ間で同様のタイトルが呼ばれるときは「基本無料」といったものがほとんどで、おおよそ海外タイトルを呼ぶときに限定されていると思われる。

かつてはオンラインゲームといえば課金制度が一般的であったが、近年それに代わって増えてきたオンラインゲームサービスメジャーな形式である。オンラインゲーム事業が盛んであった韓国では2000年代から導入されていた。インターネットの普及から近年ではF2Pが導入されたゲームは数多く、新規独立企業の参入の窓口になったり、発売されてから時間が経過してしまったゲームの復として導入されている。

基本的には課金サービスを導入した基本無料形式がF2Pと呼ばれており、無料プレイと言っても、フリーゲーム無料配布タイトルは区別されているのが一般的である。同じくフリートイアルフリーウィークエンドも別物である。

Pay to Win

一部のF2Pタイトル課金サービスの中にはゲームの勝敗に影を与えるものがあり、そういった現を支払った者が勝者となるゲームFree to Playではなく「Pay to WinP2W)」と呼ばれている。ゲームを楽しみたい、ゲーム内容に影を与えないアバターなどの課金アイテムだけを楽しみたいというプレイヤーからは否定的な意見が多く、課金サービスを乱用した問題点として使われている言葉である。

詳しくは該当記事を参照。

Free to Win

上記のPay to Win止したWorld of Tanksの開発・運営元Wargaming社による造P2Wの対義として扱われていることもある。

記事のあるF2Pタイトルの一覧

※便宜上内でもF2Pと呼ばれているタイトルに限定。タイトルなどは「オンラインゲーム」「ソーシャルゲーム」の一覧を参照。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/03/30(月) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2020/03/30(月) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP