今注目のニュース
京都アニメーション「残念で言葉に出来ません」 事件についてコメント発表
機内で授乳の母親に乗務員が覆うよう指示 オランダの航空会社に批判
「京アニ放火殺人事件」犯人は精神疾患で減刑かと物議 弁護士に聞いた結果

FAIRY TAIL -鳳凰の巫女-単語

フェアリーテイルホウオウノミコ

掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

FAIRY TAIL -鳳凰の巫女-とは、2012年8月18日開されたアニメ映画である。

概要

真島ヒロ原作週刊少年マガジン連載の人気作『FAIRY TAIL』の映画第一弾として開された。

作品は前作「RAVE」もアニメ化し、ゲーム化、小説化なども行われたが、映画化だけはわず、また当時のマガジンアニメ事業自体にもやや消極的だったことから、「RAVE」のアニメ版は多くの伏線を残したまま第一部終了時点で未完のまま終了。

その後、FAIRY TAILが連載され、3年にしてアニメ化、さらにDVDパッケージバックヤードが備されていなかったRAVEと異なり、時代が進んだことでアニメ版のソフト化が較的期にい、その特典映像の中でっ先にナツ役の原から「次は映画にしたい!」との要望が(半分は落で)出された。

原作人気もさることながら、その再現度と拡設定の豊富さからマガジン原作アニメとしては3年ものロングランとなり、2011年末についに作品初の映画化が発表された。

原作者自身も「らくがき」と称したキービジュアル衣装設定など大きく関わり、監督には同年忍たま乱太郎映画も手がけた藤森也を抜し、脚本はテレビシリーズと同じく十川誠志が担当した。

魔法の表現技法や画調は放送しているテレビシリーズではなく、原作版を基にしている。

原作者のTwitterにて、2013年2月発刊の単行本36巻に映画本編を丸ごと収録したDVDが付属することが予定されていると発表された。
これとは別に単品Blu-ray Discも発売予定。両者には特典として「はじまりの」の新作アニメも収録予定。
また、原作Twitter上にファンからの要望で「映画ソフトに(の不自由な方々も楽しめるように)日本語字幕を収録してほしい」というものがあり、反も大きかったことから収録が決定。数少ない「日本語字幕入り」のアニメーション映画仲間入りを果たす。原作者もスタッフも気付かなかった部分であったため、これについてはインターネット時代ならではの末端ファン映画スタッフを動かしたといえる。

物語

ナツたちがから帰還して暫く経ったある日。

妖精尻尾は「港町を襲う盗賊団の頭ギースを捕らえてほしい」という依頼を請ける。盗賊団自体は壊滅させたものの、を半壊させた上にルーシィのミスギースを取り逃がしてしまう。

当然ながら報酬もパアとなり、落ち込んで帰路に着くルーシィは不思議な黄色モモンと少女エクレアに出会う。エクレアは記憶をくしており、首に提げた鳳凰石を何処かに届けなければならないという。

シャルルの不吉な予知から、エクレアに同行したナツたちだったが、突如闇ギルドカーバンクルの襲撃に遭う。

カーバンクルベロニカクリーム王子よりエクレア拉致し、鳳凰石を奪うことを命じられたのであった。王子の狙いは鳳凰石によって封じられた鳳凰を復活させ、不老不死となり世界を支配することだった。仲間を守れなかったことに責任を感じたルーシィは彼女を必ず救い出すことを決意。

鳳凰復活を阻止するため、そして仲間を救い出すため、妖精尻尾過去最大の戦いに挑む!

主な登場人物

ナツ・ドラグニル
妖精尻尾魔導士。幼い頃火竜イグニールに育てられた滅魔導士鳳凰石を巡る戦いで闇ギルドカーバンクルとの壮絶な戦いを繰り広げる。

ルーシィ・ハートフィリア
ナツチームでは一番経験の浅い魔導士。依頼に失敗し、落ち込んでいたところ、エクレアに出会う。そっけない態度のエクレアに最初は戸惑うものの、彼女が自分と同じ悲しみを共有することを知ってから彼女を「仲間」として迎え入れる。しかし、彼女らには最後に残酷な運命が待っていた。

エクレア
本作品のキーキャラクター。実質的な映画としての主人公。記憶を失っており、鳳凰石の欠片を何処かに持っていかなければならないという使命だけを頼りに各地を放浪していた。魔法が嫌いで、妖精メンバーにも冷たく接していたが、後にルーシィに心を開き、彼らの仲間として迎えられる。実は400年生き続けた不死の身体の持ちでその体は鳳凰と運命を共有している。後に子どもの姿に転生し、ようやく安息の日々を手に入れた。

モモ
エクレアが連れている黄色(モモンガ)で、一の理解者。誕生経緯は前売り券特典冊子を参照。ディスコミュニケーション的な態度をとるエクレアに対して周囲に謝りするなど素直な性格。最期はエクレアを助けるため、自ら炎の中に飛び込んだ。

エルザ・スカーレット
妖精尻尾最強女性魔導士。この作品で購入した衣類をどうやって魔法間にストックしているのかが初めて明らかになった。また、ある願望が非常に強いことが今回の勝利のきっかけとなる。

グレイ・フルバスター
露出魔で氷の造形魔導士。とうとうこの作品では裸でをうろついたところ逮捕されてしまうというシーンが描かれた。彼の脱ぎ癖は伝染するらしく、ナツと二人で非常に美味しい所を持っていっている(当然ながら、観客には見えないが・・・)。また、最近の負け癖が祟ってか、ナツやガジルが単独で敵と交戦したのに対し、彼はジュビアと二人がかりでようやく互という有様だった。

ウェンディ・マーベル
12歳(19歳?)の滅魔導士。この作品ではパジャマ姿を披露したほか、射的にチャレンジして思わず空気で的に当ててしまうという可らしいシーンが描かれた。しかし、冒頭でハッピーを図らずも酷いに遭わせている。

その他

既にキービジュアルキャストなどからも明らかなように、X791年を舞台にした作品。

時系列としては、ナツにまだウェンディの酔い止め魔法が効いている点や、マスターマカロフとなっていることから、から帰還後、アニメオリジナル星空の鍵編との間に位置する作品と考えられる。但し、若干矛盾があり、ギルドの建物が全盛期のままであったり、星空編に登場していたギルダーツが既に立った後であるという部分もある。

(この先ネタバレにつき反転実は物語自体は7年前から描かれており、前売り券冊子の「はじまりの」がそれに当たる。ここで、闇ギルドリーダーディストが何故不死を願うのか、エクレアが実はゼレフと同世代という映画版への伏線が登場している。反転ここまで)

この手の作品では、本当にイメージカットになりがちなキービジュアルシーンもきちんと映画で使われており、特にそのシーンドラえもん映画世代は必見である(実はこのキービジュアルは初開時、ルーシィの手にギルドマークが描かれているという致命的なミスがあったが、後に修正されている)。

また、賛否両論となったオープニングテーマも実際に使用されたのは本当にキャラ紹介のオープニング時だけでまさに「使っただけ」という「上手い使い方」をしてあり、「この時期に韓国人が関わった映画を観るのは・・・」と敬遠しているファンも安心してご覧いただけるだろう。寧ろ、エンディングに流れるルーシィ歌唱のテーマの方が映画本編に関わる楽曲となっている。

肝心の本編だが、久々王道原作アニメ付き映画という形になっており、ここまでに登場したメインギルドメンバーど登場するオールスター作品的な部分もある。原作アニメ通して戦闘が描かれなかったマカオワカバ戦闘シーンも僅かながら登場する。だが、残念ながらストーリーの関係上、一番人気青髪の彼がスクリーンに登場することはかった。次回作での登場を期待しよう。

ちなみに、ミラジェーン役の小野涼子は、この映画リサーナを演じる櫻井浩美ウェンディ役の佐藤聡美の三人っておびで観に行ったことをTwitter上で明かしている。

関連生放送

関連動画

関連商品

FAIRY TAIL  -鳳凰巫女-に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

FAIRY TAIL  -鳳凰巫女-に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

  • 9削除しました

    削除しました ID: YGKeDHtZFA

    削除しました

  • 10ななしのよっしん

    2013/01/31(木) 23:31:41 ID: 2OrfUUDl3u

    >>9
    これはただの推測だけど
    アニメの方はよく見るとキャラクターの細かな動きがほとんどない
    これはおそらく何年も続けるために静止画をそのままスライドさせる等といった方法で、
    キャラクターを動かしつつ、できるだけ作業を減らすものだと思われる

    ただ、映画となるとその逆の事をしなければならない
    映画ではキャラクターをどれだけ動かせるかがポイントとなるから
    実際今回のこの映画静止画はほとんどない
    アニメスタッフめられるのは、「どれだけキャラを動かしつつ経費削減できるか」
    映画スタッフめられるのは、「どれだけキャラを短い時間で動かせるか」だと思う

    まあ一つの解釈ってことで

  • 11ななしのよっしん

    2015/09/24(木) 07:19:23 ID: oNR+qbGsa3

    もうこれって上映して3年経つのか・・・いなぁ

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP