FM TOWNS単語

エフエムタウンズ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

FM TOWNSとは、富士通1989年2月より発売を開始した「ハイパーメディアパソコン」である。

称はTOWNS、うんずなど。富士通公式の正式な表記はFMTOWNS

概要

日本で初めてCD-ROMを標準搭載したパソコンであり、32ビットCPU32768色表示同時発色や1024個まで表示可(実質的に使えるのは220280個程度)なスプライトFM音源6和音+PCM8和音+BEEP1和音を標準搭載しているなど、当時としては強マルチメディアを備えていた。

OSTownsOSMS-DOSのラッパーとして標準搭載。このOSでは32ビットのメモリ間をフルに活かすことができた。また、同社のビジネスパソコンである「FMR-50シリーズと一部互換があり、TOWNSMS-DOSを用いるとFMR-50向けのビジネスソフトが動作した。当時一定のシェアを占めていたワープロOASYS」のTOWNS版「FM OASYS」も有名。

開発環境のF-BASIC386とコンパイラが結構優秀だったり、TownsGEARというオーサリングソフトが標準でついていたり、OSおまけソフトが充実したりしていたので、割と容易にその性の恩恵を受けることができた。ただ、さらに上をすとなるとHigh-Cコンパイラと386|ASM Toolkitというかなり高価な開発キットが必要となっていた(それぞれ別売)。後にデバッガと統合されたセットが発売されたがそれでもホビープログラマには結構な負担となった。ちなみにC++コンパイラもあったそうだが15万円したらしい。後に、フリーソフトであるGNU C Compilerが使えるようになりだいぶ障は下がった。

また、教育用のソフトを多く出す戦略を取っていたので、当時は小中学校に結構納入されていた。小さい頃に学校TOWNSの姿を見たことがある人は決して少なくはないはずだ。また文教市場専用モデルとして、ノート(ただしバッテリー駆動はできず、重量は5kgあるのでラップトップと言った方がふさわしい)も存在する。

あまり知られてないが、TOWNS専用のWindows95が存在し、多くの対応ソフトウェアが動作する(また逆に多くの対応ソフトが動かない)。時代がWindowsに染まりつつあったTOWNS末期には、AT互換機(FMV)にTOWNSパーツの一部をくっつけてTOWNS互換機を実現させた、FMV-TOWNSなんてのも発売された。

同時期のパソコンであったPC-9801X68000べるといまいち地味である。X68000とは方向性に一部似ている点があったので、発売当時はしばしば信者間で論争になったらしい(今でいうゲハみたいな感じ)。

CD-ROMの大容量やCD-DA高音質を活かしたアドベンチャーゲーム等ではアドバンテージを持っていた。データウエストによる「サイキックディテクティシリーズ」など、ゲーム内にアニメーション動画を取り入れたタイトルが登場して一世をした一方、スプライト微妙だったり、PCMの扱いが難しいなどもあり、アーケードゲーム移植では完成度で他機種の後を拝することがあった。そんな中でも英国シグノシス社の「マイクロコズム」「スカベンジャー4」などはいずれも滑らかなCGムービーで展開する3Dシューティングで、素の386でも全く処理落ちしないという抜きんでた技術を見せつけていた。

アドベンチャーゲームRPG(と、エロゲなどはPC-9801からの移植も多く、こちらは概ねアップグレー移植になっていたのだが、なぜか「イースシリーズだけはついに移植されなかった。FM-77とかには移植されていたのに。

なお、FMV-TOWNSを含めた本体色がい機種は内蔵音の他にDAT同等音質リニアPCMを音として使用することができる。

フリコレ

TOWNSという文化において重要な位置づけを占めていたのが、富士通より公式的に年2回発行されていた「フリーソフトウェアコレクション」、略して「フリコレ」である。1989年から1995年までに11巻まで発行されたほか、FM TOWNS マーティー用にフリコレ4~6の収録内容を再編集した「フリコレMARTY」も発行された。

これはTOWNSユーザーが作成したBASICプログラムツールゲームなどのフリーソフト、絵・音楽動画などの自作データサークル募集などのテキストデータを郵送などで募集して集めてCD-ROMにし、2500円(ほぼ実費に近い)で販売していたものである。

インターネットがなかったこの当時、フリーソフト開したり入手したりするにはものすごく高い接続料(1分ウン十円とか)を払ってパソコン通信をやる必要があったので、その恩恵を受けられる人はかなり限られていた。しかしTOWNSでは、CD-ROM標準搭載という利点を活かしてこういうことを公式的にやってくれたので、パソコン通信とは縁遠い人を含んだかなり幅広い層のユーザーフリーソフトの文化が広まることとなった。

フリコレとは別に、旺文社が実施していた中高生対ソフトウェアコンテストの入選作品集もCD-ROMで発売されていた。値段はフリコレと同等。中高生の作品と言うことで完成度はピンキリだったが、中にはを据えて遊べる本格RPGがあったりと侮れないものがあった。

関連動画

TOWNS動画を探したい場合はTOWNSexit_nicovideoタグFM-TOWNSexit_nicovideoタグフリコレexit_nicovideoタグを参照。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 9ななしのよっしん

    2016/08/09(火) 23:10:20 ID: 2B47fvME/E

    記憶が曖昧だけどPC-8801MCよりCD-ROM搭載かったんだね

  • 10ななしのよっしん

    2016/10/27(木) 21:58:28 ID: yCvjgtxyIS

    この時代のCD-ROM搭載PCといえば断然Townsイメージだよね。NECPCエンジンでの採用はかったが、パソコンの方はそれ程を入れてなかった。PC-FXが「98CD-ROMドライブにもなる」なんていう訳わからん機持ってたりして、標準装備にしていく戦略は考えてなかったんじゃないかと思う。

  • 11ななしのよっしん

    2020/07/29(水) 18:33:06 ID: OUblHdO0T/

    >発売当時はしばしば信者間で論争になったらしい(今でいうゲハみたいな感じ)。

    微妙に違うな。
    正しくは、今でも信者間で言い争いしている。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/27(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/27(水) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP