今注目のニュース
「小学校なら天下とってた」 足が速い男性の魅力とは
節約に悩む妻 「なんで私だけ我慢しないといけないの」
マニア3人がハマった!大人が一生楽しめる「ボードゲーム」をガイド

G級単語

ジーキュウ

掲示板をみる(22)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

G級とは、ゲームモンスターハンターシリーズに登場するランクである。

概要

初登場はモンスターハンターG。以降、タイトル名に「G」が付く作品に登場するようになる(MHP2GMH3Gぽかぽかアイルー村G)。
 
G級は、ハンターギルドが実のある上位ハンターにのみ受注を許可する難易度の高いクエスト
G級の組みに分類されたモンスターはどれも暴で、下位・上位の個体が見せない動きをしてくるという。

集会所6~8(MHP2GではG1~G3)がG級にあたり、その難易度は上位の上を行く。
モンスターが軒並み強化されており、油断すると異常な攻撃の前に秒殺される事が多い。
防御率も上昇しており、与えられるダメージが上位より減少している。
さらにモンスターによっては新技を使うようになり悪質な初見殺しをしてくる。
あまつさえG級のモンスターサイズがやたらと大きい事が多く、攻撃範囲が広い。
また、G級に上がりたての頃は上位防具を使わざるを得ないため非常に厳しい。
G級の洗礼を受けながら素材を集めてG級防具一式を完成させる事でようやく安心して戦えるようになる。
このようにモンスターの攻撃や防御が極めて高くなっている事から、
たとえ一級品の防具を装備していても属性の相性が悪ければ容赦なくキャンプ送りにされてしまう。

その代わりG級モンスターからは厚鱗や尾と言った、より強素材を得る事が出来る。
これらの素材で作成(または強化)された武器・防具は苦労に見合った性を発揮する。
当然G級モンスターにも有効なので、こぞってハンターたちはこれらの武具を作る。
G級では、上位のレア素材である玉などが意外とよく出る(逆鱗と言った下位のレア素材も)。
そのためG級クエストをこなしていると、玉や逆鱗が貯まっている事も。
ただしG級には鱗、殻、玉、大地を穿つ剛といった更にレア素材が存在し、
G級武器の最終強化や防具製作にかなりの頻度で要される。
おかげで全ハンターたちはこれらの素材を血眼になって探すのだが、
確率が一ケタ台なのと物欲センサーの存在で極めてドロップしづらく血の涙を流す者も少なくない。
一応、モンスターが通常より強い代わりにレア素材が出やすいイベントクエストが配信されている他、
クリアすれば報酬で必ず一つはレア素材が手に入る救済クエストがあるものの高難易度
腕に自信のあるプレイヤーが集まった時は、こういうクエストを受けてみるのも一つの手。

G級がある作品の場合、ラスボスはG級のラストに鎮座している。

蛇足だが驚くことにG級のGにはこれといった意味はいらしく「GREAT」や「GUTS」と言った元気の出る句の頭に付くからG級となったらしい。どういうことなの・・・

MHF-G

モンスターハンターフロンティアには元々上位より上に難易度的にも他作品のG級に相当する「凄腕」というランクがあり、さらにその上にSRというランクが存在する状態であった。
そんな中、2013年4月17日アップデートからゲーム名をMHF-Gめると当時にMHFのG級が開放された。
対応ランクは「GR」。

HR999及び一つ以上の武器種のSR999にする(G10からは新HR7にする)と「ギルド要請クエスト」の受注が可になり、
これを達成することでG級に昇格することができる。
また、G級ハンターになるとSR999になっている秘伝書をG級秘伝書にグレードアップさせることが可

その評判はというと、
「G級」の名前をつかったにもかかわらず、
何十時間の頑りをすべてに返す武器強化失敗の賽の河原システムと、
プレウスと猪狩りの再来とも言える特定モンスター連戦システムクッキーポカラドンオンライン)のおかげで、
過去最悪のアップデート」と言われ、G級の評判は過去最悪のものとなってしまった・・・
ため急遽システムの大幅見直しが行われ、
現在は初期の仕様はほとんど残っておらず評判も持ち直している。

難易度に関しては上述の通りG級に相当する凄腕の更に上のSRの上に位置するため、
ここから登場するモンスターや既存モンスターのG級個体の手強さは推して知るべしというところであり、
モンスターだけでなくクエストにも各種の補正がかかっており難易度上昇に拍をかけている。
更にMHF-Gアップデートを続けるゲームであるため、
MHF-Zとなった現在はそのG級の中でも序盤~最前線で難易度は大きく異なる。

また、極限征伐戦、狩煉辿異種穿龍棍スラッシュアックスFマグネットスパイクなどG級から解禁される要素も多く、更にアップデートを重ねたMHF-ZにおいてはメインはG級であり新要素はG級にのみ実装されるのが基本となっている。

GR

HRに代わるG級ハンターランクGR(G Rank)である。
また、G級秘伝書のランクSRからGSRとなる。

これらはG級クエストで得られるGRP、GSRPによって上げることが可であり、そうすることでサブコンテンツがG級に対応したり防具の防御補正が発生したりする。
GRを上げていくことで解禁される要素は以下の通りだが、
一部を除きこれによって受注可クエストが増えていくというわけではない(後述)。
GR/GSRGRPたっぷりクエストログインブースト、プレミアムコース無料開放などを使えば簡単に上がる。

GR 解禁コンテンツ
1~ G級グーク、防具適正GR1
20 防具適正GR2
50 G級プーギー、防具適正GR3
100 G級マイトレ冒険屋、防具適正GR4、G級遷クエスト解禁
150 G級ホルク
200 上位属性晶、防具適正GR5、辿異武器/防具生産解禁、辿異種1解禁
300 防具適正GR6
350 G級プーギー強化
400 防具適正GR7、辿異種2解禁
500 武器勲/HL秘伝珠交換解禁、アイテムボックス容量増加
600 イガーデンG級対応、マイトレG級対応、辿異種3解禁
700 狩人珠第8段階
800 G級武器の生、狩人珠第9段階、辿異種4解禁
999 アイテム・装備ボックス要領増加、購入可追加、アンリテッドモード(後述)解放

G級クエスト

MHF-GのG級クエストにはHR帯までのクエストとは異なる仕様がいくつかある。

ちなみに、G級遷クエスト、辿異クエスト武器勲デイリークエストなどを除いたG級クエストは、
受注条件がGRGSR)1~となっており、クエストの受注にGRによる縛りい。

防御力減算

G級クエストには難易度設定が存在し、これによってハンターの防御が減算される。

難易度クエスト内容に○という形で表示され、(クエスト難易度数値-1)×150の防御減算が発生する。例えば防御800で難易度5クエストに挑む場合、クエスト中の防御800-(5-1)×150200となる。
ちなみに元々の防御<防御減算の場合は防御が1となるほか、1では上記の式通り防御減算は発生しない。
難易度は通常のクエストであれば1~7までに分かれており、G級遷クエストのみ8となっている。
辿異クエスト表記があるがこれは通常のG級クエストランクとは異なり、全て8相当の防御減算が発生する。
また、極限/至征伐戦においては難易度ではなくLvによって減算量が決まる。

なぜこのような仕様になっているかというと、G直前のMHFで意味の薄れていた防御に再び重要性を持たせるためである。
というのもMHF(というかMHシリーズ)のダメージ計算式上、一定以上の防御になるとダメージ軽減が機しづらく、さらにG直前の最新コンテンツである覇種ではの即死攻撃が多く防御を上げる意味がなくなっており、このままモンスターの攻撃を上げていくだけでは、「覇種以上の高難度クエスト(つまりG級)では防御意味」という状態になってしまうと開発運営内で危惧されていた。
故にそれを回避するために防具側の防御に上げ[1]、その代わりクエスト難度に応じた防御減算を発生させることで、「モンスターの攻撃が凄腕+α程度に抑えられており、G級防具で防御を上げれば被ダメージを軽減し多くの攻撃を耐えることができるが、HRSR時の防具を流用するなどして防御が足りないと即死連発」という状況を作る狙いがあったと考えられている。
しかしながらMHF-G2ぐらいまでは調整が上手くいっておらず「G級では防御ど意味がない」と言われていたが、G3以降調整は概ね上記の図式が当てはまるようになっている。

この難易度の後ろの数字)は通常のG級クエストノーマルモードに限り、参加者個々にて任意で数字を落とすことができる。
ただし数値を落とすと報酬が減少し、更に剥ぎ取りが失敗しやすくなる。
この報酬減少はサブターゲットアシストコースレジェンドプーギー持ち帰りすら減ってしまい、を1つ落とすぐらいであればそこまでではないが、7を1にするなどでは影が大きい。
ちなみに変化するのは防御減算のみでありモンスターの攻撃倍率やタフネスは変わらないので、攻撃が痛くなくなるだけでハンター側の火力不足などは解決しないことに注意。
さらに種、始種、G級遷クエストハードコアクエスト、辿異クエストアンリテッドモード難易度が固定となっており変更できない。

この他に前述の通り「防具適正GR」によって防御に補正が発生するが、一言で言えばG級以前の防具や低GRの防具に発生するプラス補正である。
自身の防具と、「防具適正GR」に差があった場合、差に応じて防御が増加する。
部位毎に判定され、増加式は(防具適正GR - 装備中の防具GR)×20
ちなみにG級マークが付いていない従来の防具GR1となる。
自分の防具GRの方が適正GRより高い場合はプラス補正は発生しないがマイナス補正もない。
辿異防具は防具の防御こそG級防具と変わらないがレア度がHR帯のもの=GR1扱いであり、GRを上げていれば(というか上げていないと素材元の辿異種に挑めないが)この補正によって実際の防御がG級防具より高くなる。

受注・参加時に難易度の横には「適正」「注意」「危険」「達成困難」という標が表示されるが、これは補正後の防御がどの程度あるかを表しており、難易度:適正となるのは補正を加味したクエスト中の防御が、士:750以上、ガンナー:500以上になった場合である。
ガンナーの場合に士より防御250低くても難易度:適正となるのは、単に基準値が低いだけであり防御補正自体は士もガンナーも同様にかかっている。
前述の通りMHF-G3以降のG級モンスターは一部を除き基本的に防御によるダメージ軽減が機するようになっているため、「適正」となる値を上回る防御を確保することでG級クエストを安定して回せるようになる。
ただし多くのモンスターが適正防御ラインの装備を打ち破る大技、いは厄介状態異常などを有しているため、HRSRクエスト同様、モンスターに手も足もでないようでは防御を高めていてもやられてしまう。
論、防御が不足しているようでは更に厳しい戦いになる。

クエスト内仕様

防御減算のほかに以下のような仕様がある。

  • 「根性」、「ド根性」の効果が発動せず、上位スキルである「根性」のみ効果がある。
  • 「いたわり+2」のハンター同士が相互不干渉になる効果が発動せず、
    同効果を得るためには「いたわり+3」にする必要がある。
  • 狩猟笛の攻撃及び防御UP旋の効果が変化する。
    攻撃UPは上昇倍率が下方修正、防御UPは倍増ではなく固定値の加算となる。
  • 属性耐性がプラスの値であれば1/2になる。
    なお、遷種や辿異種などの攻撃に付随する属性やられを防ぐために必要な値は非G級と変わらない。
  • 怯み耐性が怯ませる度に増加していく(元々一部の覇種にあった仕様)。
    具体的には怯み耐性=素の耐性値×その部位の怯み回数となっている。
    このため、特定部位を攻撃して怯ませ続けるハメはほぼ不可能
  • 閃光玉にも耐性値上昇が設定され、使えば使うほど効果時間が短くなっていく。
    閃光玉については元から非G級より短めに設定されているが、
    はほぼ同じであり捕獲に支障をきたすことはない。
アンリミテッドモード(ULモード)

MHF-ZZにて追加されたハードコアモードえるモードGR999ハンターのみ受注・参加が可
G級の通常ランクモンスタークエストの一部が対応し、G級特異個体のあるモンスター特異個体、そうでないモンスターは通常個体が登場する。モーションに変化はないが攻撃、防御の効果時間といったスタータスが大幅に強化されており、MHF-ZのG級の最前線にある辿異種などに挑む装備であっても簡単に攻略することはできず、かつての苦戦を思い出すことができる。

ULモードクエストクリアすると、モンスターランクに応じた武器魂・綬・勲をまとめて入手することができるほか、特別な効果が発現するシジル素材となる秘刻印を確率で入手できる。
ギルド優先依頼にも対応しており、入手できる魂・綬・勲が増量し秘刻印の入手確率も上がる。

関連項目

脚注

  1. *G級防具は全部位装備で防御1000を軽くえ、GX一式では1500~2000ほどになる

掲示板

  • 20ななしのよっしん

    2016/11/26(土) 17:23:46 ID: 3tNN0QAQlK

    硬くて時間かかるだけでなんも面くない

  • 21ななしのよっしん

    2017/11/14(火) 13:19:53 ID: 6kfc+keRIz

    XXG級獰猛とかもはやMHFをやっている気分になる
    多いわモーション覚えないと即死レベルの攻撃連打されるわ
    かと言って大量に要される獰猛素材も泥率渋いわで本当しんどい

  • 22ななしのよっしん

    2017/11/14(火) 20:31:42 ID: sFBc9I3S70

    高い難易度バランス調整できてるフロンティアをあんなクソと一緒にしてやるな

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP