G6ライノ自走砲単語

ジーロクライノジソウホウ

掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

G6ライノ自走砲とは、南アフリカ共和国が開発した装輪式自走砲である。

概要

 南アフリカがまだアパルトヘイト人種隔離政策)をやっていた時代。このは自の共産化を防ぐと言う名ナミビアやアンゴラなどの隣積極的に軍事介入するという物騒な側面を持っていた。で、アフリカサバンナを駆け抜け他へ長距離侵攻→さっさと撤兵を速やかに行えるための兵器として開発されたのがG6ライノ自走砲である。 

解説

 155mmカノン『G6』を6輪全輪駆動の台にのっけている。台は新規開発されたもの。一応は存在するが進行方向から見て左右30度しかは振れない。ここら辺はすべての装輪式自走砲の弱点である。最高速85kmでサバンナをかっ飛ばすことが可行動距離600km。
 カノンG6は通常弾で射程30~40km、ロケットブースター弾「VLAP」で射程70kmと言う破格の高性を誇る。つかどこのMLRSだよ。
 砂漠と言う共通点からか、南アフリカのほかアラブ首長国連邦オマーンでも採用されている。

 ライノとはアフリカーンスサイの意味。操縦席から突き出た身や背中が盛り上がったかのように見える巨大ななど見るからにサイそっくりである。

大砲バカ一代、ジェラルド・ブル

 G6の大砲を作ったのはジェラルド・ブルと言う人物。

 カナダ出身で大砲人工衛星を打ち上げるアメリカの『ハープ計画』に係った後(計画がキャンセルされた)、自分で会社を大砲の設計を外注するようになる。G6はこの時代の代表作。
 しかし『人種差別してる兵器開発に係るとは何事だ』とカナダを追い出され、ベルギーイラクスーパーガン(射程うんkmというトンデモ大砲)の開発に係るようになる。うん、死亡フラグ。 

 1990年3月22日、自宅で撃され死亡。どう考えてもモサドの仕業です、本当にありがとうございました。[1]

関連動画

ブル博士解説もあります。

イノの出現は2:56~。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *犯人については隣イランエージェントだとかCIAだとかMI6だとかとも言われている。
この記事を編集する

掲示板

  • 9ななしのよっしん

    2016/08/07(日) 00:45:54 ID: +0822Rm6qV

    タコムからとうとう1/35キットがリリースされます!
    もちろん南アフリカ仕様です。長いこと待ちました・・・。

  • 10ななしのよっしん

    2017/06/27(火) 22:11:58 ID: +0822Rm6qV

    >>azB01JZ52GB6exit_nicoichiba

  • 11ななしのよっしん

    2019/11/02(土) 19:36:52 ID: 9gsMMI9whv

    開発当時の南アは石油備蓄が底をつき、武器禁輸措置のせいで自走対システムが生産できなくなり、アンゴラ内戦での制権を全に喪失
    結果、この車両の長大な航続距離は、キューバ空軍に追い掛け回される距離になっただけの模様

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/18(土) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/18(土) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP