GUILTY GEAR -STRIVE-単語

ギルティギアストライヴ

7.4千文字の記事
掲示板をみる(247)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

『GUILTY GEAR -STRIVE-』とは、アークシステムワークス開発の2.5D対戦型格闘ゲームである。

2021年6月11日初旬発売予定。

概要

GUILTY GEAR』としてのゲームシリーズとしては4作に位置付けられており、タイトルロゴが"-STRIVE-"のようにローマ数字の4()が浮き出て見えるようになっている。

コンセプトギルティギアの当たり前を見直す」。ということで、大幅にシステムゲームバランス変され、特にマニアックな部分の印は大きく変わっている。

アニメの技法で描かれた2Dに見える3Dグラフィック」という、今やアークシステムワークスのお芸であるグラフィックは前作XrdRev.2から継承・進化しているとのこと。

ストーリー

『慈悲き啓示』による未曽有の危機…最大級のギアジャスティス」の蘇生による人類の駆逐と新人類による新世界創造という論見は、連携した人類とソル=バッドガイ、そして『あの男(ギアメーカー)』によって寸前で阻止され、一時の安寧を取り戻すのであった。

その後、『あの男(ギアメーカー)』こと飛鳥=R=クロイアメリカ合衆国へ投降する。
憎ではれぬ宿敵ソル=バッドガイとの決着を直前に控えて……

GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-より

1か後、G4(各会談)に際し、飛鳥=R=クロイツは米国に投降した意図を明かす。

今から“世界平和”を実験します。

様々な人間の思惑と暗躍の中、未知の滅びに人類は抗い(strive)、確かな未来を掴みとれるのか。

本作も前作GGXrdと同様、アクションゲーム要素なしのドラマ形式のストーリーが収録されている。
今や2.5D表現の先駆者であるアークシステムワークス美麗グラフィックと共に堪されたし。

システム

8方向レバーと5ボタンパンチ(P)、キック(K)、スラッシュ(S)、ヘビー/ハイスラッシュ(HS)、ダスト(D)の5種)で操作し、対戦相手よりも先に体ゲージを奪いきることを的としたゲーム

庭用版を想定して、ロマンキャンセルダッシュなどの各種コマンドを要する基幹的な動作をワンボタンで可になる簡略キーアサインが可になっている。
アークシステムワークス製2D格闘ゲームの例にもれず、構成要素が多いので詳細は個別スクロールにて。

βテスト時点においては開発中かつプレイヤーの反応を見ている段階なので、試遊会の度にシステムが変更されている。現状、ここに記載されている情報はあくまで確定前情報なのは留意されたし。特にクローズβバージョンのU.Iは「社内のアセットを組み合わせている仮置きに過ぎない」とのこと。

ここでは前作XrdRev2からの変更点を中心に記載する。
大きく変更された点は文字で表示しているので、既存作の経験者はそこに注すると良いだろう。

ガトリングコンビネーション

ダストアタック

  • ニュートラルDで発動する全キャラ共通の中段技。
    タメが追加されタメはのけ反るのみだが高速発生、フル溜めHITすればホーミングジャンプが発生し、コンボが可となった。
  • しゃがみDで足払い。全キャラ共通の下段・確定ダウン技。
  • 『前or後ろ入+D』で投げ。従来のレバー入れHS」で投げは出なくなった。
    また、投げの成立に時間がかかるようになり、スカモーションが出るようになったため、投げ暴れが難しくなっている他、以前のような“HSとKを同時入して、スカってもKで隙を小さくできる”という小技が使えなくなっている。
  • 投げ相殺も存在。ただし、従来作と同じく受付猶予は短い。

テンションゲージ

基本的に変更なし。だが、後述の変更要素に繋がるため解説する。

いわゆる「超必殺技ゲージ」にあたるもので、フォルトレスディフェンス(特殊ガード)、ロマンキャンセル覚醒必殺技超必殺技)等の各種特殊操作使用時に消費する。
 
テンションゲージは攻撃を当てたり必殺技発動で増加するのは他の格ゲーと同様だが、GUILTY GEARシリーズではその他にも「攻めに繋がる行動でもテンションゲージが貯まる。
(極端な事を言えば、前に移動するだけでもゲージが貯まる。)

また、本シリーズにはテンションバランステンションゲージの増えやすさ)というシステムがあり、攻めに繋がる行動を取り続けることでテンションバランスが良くなり、テンションゲージがより貯まりやすくなる。
逆に攻めに繋がらない行動(遠距離バックステップを繰り返す等)を行い続けると、テンションバランスがどんどん悪化していき、それでもなお消極的な行動を取り続けると、最後には「ネガティブペナルティ」という罰が課せられてしまう。
ネガティブペナルティ」を受けるとゲージ全部没収に加え、一定時ゲージが増える行動をしてもゲージが増えなくなる。

ガード関連

コンボ・ダウン関連

ロマンキャンセル

  • 「発動モーションと共に打撃属性の円形の波動が発生し、それにHITorガードした相手に特殊な効果を及ぼす」ようになった。
    波動は一部を除いてガードで、発動した状況によって色と効果が変わる。
    また、波動を出すモーションはあらゆる操作でキャンセル。「波動なんかいらないからすぐ次の行動にいく」こともできる。波動が打撃属性なので、ロマンキャンセル波動を食らったらサイクバーストできる”ことは覚えておくといいだろう。
  • ゲージ消費量が全ての色で50%に統一された。
  • 発動モーション中にレバーを入することで、その方向にわずかだがスライド移動するようになった。
    位置調整やロマンキャンセル後の状況をよくすることが出来る。うまく使いたい。

壁張り付け・壁割れ

中食らい状態で画面端に到達すると、ヒビが入るエフェクトが発生する。その状態から高攻撃レベル(強攻撃)のコンボが入ることで追加ダメージに加え、画面端が割れスローモーションになる、そこで追撃することで吹き飛び、隣のエリアへ移動する演出が入る

エリア移動後は画面中央・五分の硬直で仕切り直し(覚醒必殺技の壁割れ演出時のみ、割った側がく動ける)。割った側はテンションバランスが上昇(POSITIVE)するため、テンションゲージ回収のチャンスとなる。

初心者としては「画面端に押し込められたまま逃げられずに負ける」「画面端に追い詰めてもうまく活用できずに逃げられる」ケースを回避しやすくなり、一方上級者にとっても「画面端を割らずに有利な状況を維持する」か、「割りの固定ダメージコンボに乗せつつ、テンションゲージを優先するか」という駆け引きに繋がる、システムと言える。

その他

  • 敵の硬直中に攻撃を確定させたときは『PUNISH』表示が出るため、反撃の成否がわかりやすく。

プレイアブルキャラクター

ソル=バッドガイ
CV.中田譲治
過去に決着を付けるため、200年近くもの間世界を放浪し続ける賞稼ぎ。
従来作通りの快な突進技と一撃必中(当たればデカいが、空振れば大惨事)のコンセプトを持ったガン攻めスタンダードタイプ
コンボが繋がりにくくなった本作だが、横押しの強い技の数々は健在。
カイ=キスク
CV.草尾毅
ソルライバル。本作では衣装カジュアルなものとなった。
従来通りのリーチと判定、波動・昇った迎撃スタンダードタイプ
必殺技ガード削り、HIT時の仰け反り時間が延長する「ショックステート(帯電)」デバフと新技により、攻めのバリエーションが多に。
メイ
CV.こおろぎさとみ
快賊団の女の子装が海賊から女の子らしいパーカーに。
小柄でキレのあるジャンプに反し、単発火力が高いパワータイプに分類される性
突進技やジャンプ攻撃が中心の事故らせキャラなのは変わりないが、飛び道具による間合い制御もある。
アクセル=ロウ
CV.難波圭一
生まれ育った時代に戻る手がかりを探すタイムトララー
鎖鎌によるリーチの長さからダルシム系に近い要素を持つが、引き寄せてガードを崩すにも優れる。
当身・昇といった切り返しは失ったが、中~近距離での迎撃ができる技が増えつつ、アウトレンジエキスパートとして特化することになった。
チップ=ザナフ
CV.川原慶久
に燃える男。忍術を修めているが、相変わらず日本観が勘違いで出来ている。
な機動は鳴りを潜めたが、三段ジャンプ走りを持ち、分身打撃となったγブレードや鋭い通常技といった地上技の強さが大きく底上げされた。
ただし耐久は相変わらず。シッショー!
ポチョムキン
CV.近藤隆
機械の巨兵士Xrdと同じ衣装だが、ディテールが増えよりメカメカしくなった。
シリーズ徴する投げキャラで、高耐久・長リーチだがダッシュ不能なのが欠点。
ガトリングコンビネーションが変更された本作でも過去作と同じ立ち回りにしやすいキャラであり、既存ユーザーでもすんなり染めるのが強み。
ファウスト
CV.近藤隆
己の贖罪のために世界を股にかける闇医者。本作の狂気じみた雰囲気の理由や如何に。
相変わらずの長大なリーチの通常技とトリッキー必殺技が特徴。一新されたアイテムに戦いを合わせられるかがポイント
ミリア=レイジ
CV.住友優子
暗殺組織の現頭領。頭髪武器にした美しき女暗殺者。顔つきがより大人っぽくなった。
「起き攻めの女王」と称されていた彼女は健在。素くも固い機動や、独特の中~近距離の攻め方を理解し、の封殺にたどり着けるか。
ザトー=ONE
CV.子安武人
エディ」を従える暗殺者。攻撃グラフィックが一新され、以前よりも異形感が増している。
エディの攻撃パターンの変化に注エディが担う役割のニュアンスが変わっているが、うまく連携できたときの密度の高い攻め、操作性の変わった浮遊を絡めた択の厭らしさは健在。
ラムレザル=ヴァレンタイン
CV.潘めぐみ
かつて“慈悲き啓示”の兵だった少女
XrdでのPとKの組み合わせによる独自コンビネーションや設置関連の操作は削除され、触りやすさが向上。
所持状態のHSやSのリーチは健在、画面端の火力になる技を持っているなど、行動針も分かりやすいキャラへとリファインされている。
レオ=ホワイトファング
CV.稲田徹
リュリア連王を統治する尊大な第二連王。
背中を向ける独特の構えと、そこから繰り出される緩急自在の双剣術は健在。あのインファイトの強みは本作で発揮できる。
ごりゆき
名残
CV.楠大典
キャラクター。見たはドレッドヘアの黒人だが、和装と吸血鬼
重厚なサムライ剣術が特徴で必殺技必殺技キャンセルできる。
必殺技は『ブラッドゲージ』を溜めるデメリットがあり、満タン時の『ブラッドレイジ』状態は必殺技使用不可、な自傷ダメージが発生するため、ゲージコントロールが要。
ジオヴァー
CV.新谷真弓
キャラクター。霊体のレイ」を憑依させている慇懃な大統領特別警護官の女性
多段技のSや、意図的に隙間ができる各種必殺技や特殊技によるラッシュ・固めが特徴の近距離キャラクター格ゲーにわかりやすいキャラをしており、ステップ移動をうまくコントロールしたときのキレは随一。
御津闇慈
CV.神奈延年
武術に至るほどの舞を修めた男。GGXrd越しの念願のプレイアブル復帰。
ガードポイントシステムは失ったが、効果中に受けた相手の技硬直を伸ばす当身水月のはこび』を獲得。“敵の攻撃を敢えて食らい、攻めに変える”特徴はなおもいている。
イノ
CV.井上喜久子
自分が望む未来に至るべく暗躍する魔女
前進ダッシュ中に浮くホバーダッシュを持ち、中距離からの急接近が強。『狂言実行』を絡めた見切りづらい浮遊連携はアレンジされつつも鋭い。

プロモーションソング「Smell of the Game」

Compose(作曲):DAISUKE ISHIWATARI石渡太輔
Vocal(歌唱):NAOKI HASHIMOTO(橋本直樹)

関連動画

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/09/29(木) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2022/09/29(木) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP