今注目のニュース
「働いた後のビールはうまい」現象は脳科学的に正しかったことが判明 報酬を得るための努力が報酬の価値を上げる
呪われた湖? 夏になると200体以上の白骨が浮かぶスケルトン・レイク、DNA検査で新事実発覚
痛車160台以上が集結 静岡のベイエリアで「シスフェス2019」開催

Half-Life2単語

ハーフライフツー

掲示板をみる(97)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

Half-Life2とは、Valve Softwareによって開発されたFPSゲームである。「Half-Life」の続編にあたる。

概要

2004年に発売されたFPSゲームグラフィックエンジンが前作1のQuakeエンジンから、本作のためにVALVEが5年かけて開発した「Source Engine」に切り替えられた。
エンジン美しいグラフィックや、リアル物理再現を「これでもか!」と言うほど魅せてくれ、前作Half-lifeの名に恥じない性を秘めている。

物理エンジンを使ったパズル要素は現実世界にもヒントがあるものも多く、「へぇ」という一言を引き出すのに十分な魅を持っている。

前作と同じく各マップ特定の箇所にプレイヤーが差し掛かると次のものがロードされるという方式を採用しており、ステージといった明確な区切りが存在しないシーレスストーリー展開になっている(上のチャプターの区分も、あるところに差し掛かるとチャプター名が画面上に数間表示されるだけである)。

同様にイベントシーンムービーを使わずリアルタイムレンリングされ、それもすべてプレイヤーの操る主人公ゴードン視点撃される仕組みになっている。ただしテクスチャやモデルデータの膨大化によってマップロードが頻繁に入るようになり、そのロード時間も前作で数だったものが数十に増加しているため、テンポが悪くなったという批判も多い。

イベント特定の見えないトリガが視界に入ると起こるようになっているので、ヘタをすると用意されているドラマをすっ飛ばして次に行ってしまう可性もあり、2周3周に前回までは見ることの出来ていなかったドラマを発見したりして 驚くこともある。それもまたこのゲームの楽しみの一つである。

ゲーム中の武器には、前作でも登場したバールcrowbar)やハンドガンサブマシンガンなど現実に存在するものから、パルスライフル、グラビティガンなど現在科学では到底ありえないような武器まで登場する。

ラビティガンの存在は「物を積み上げて行けない所に行けるようになる」、「弾がくても物を投げて敵を倒せる」などこのゲーム自由度を極限まで高める事となり、Half-Life2を他のゲームと一線を画す要素の一つとなった。

続編として「Half-life:Episode one(HL2:EP1)」「Half-life:Episode two(HL2:EP2)」が存在する。

ストーリー(ネタバレ注意)

舞台は前作から約15年後の世界主人公ゴードン自身はG-Manによって別次元閉されていたために老化はしていない。
Xenの生態系が地球に根付き、ブラック・メサ時代の上ブリーン博士が支配する管理された東欧都市「City 17」を中心としてストーリーは進行する。G-Manによって半ば理やり送り込まれた主人公レジスタンスとともに支配者であるコンバインと呼ばれる兵士ブリーン博士率いるXen軍との戦いに身を投じることとなる。

登場人物

関連用語

バール
序盤でバーニィから投げ渡される工具にして、初代HLでおなじみの近接格闘武器。本ゲーム中では近距離いては最強クラスの攻撃を誇る。一部のプレイヤーからは「エクスカリバール」とも呼ばれ、俗称として「バールのようなもの」がある。
ガッポイ
コンバイン兵のこと。「Outbreak」というフレーズ線独特のスレボイスで再生された結果、「ガッポイガッポイ」と連呼しているように聞こえた為、コンバイン兵の通称として広まった。また、レジスタンスコンバイン兵を見つけたときの「コンバイン!」という叫びも「ガッポイ!」と聞こえなくもない。
子猫パワー
ダッシュ時などにゲーム画面左下に現れる「予備パワー」と言う文字視聴者が間違ってそう読んだことから生まれた誤字。一部MODの中には日本語HL2予備パワーをわざわざ子猫パワーに変換するものもある。
子猫
ヘッドクラブの事。一部では「顔面騎乗」と呼ぶ者もいる。
太田さん
ゾンビが発する空耳セリフ。彼らが発する叫び(Oh God,Help me!の逆再生)が「太田さーん!コワイ!コワイワイワイ!!」「ヤーヴァイ!コレヤーヴァイ!!」と言っているように聞こえるため、そう呼ばれるようになった。
VALVE社長Gaveが度重なる発売延期に対してプレイヤーめた物。2発売時は未完成品(HL2:Anon)がリークされたために延期、続編のEp1も延期、Ep2も延期した上にBlackBoxと呼ばれるパッケージも販売中止になり、さながら修羅の国の会社のような延期を繰り返したことからめられるようになった。
(ただし、作中のコメンタリーを読むと開発者がいかに考えてHL2を作っているかがよくわかるだろう)
バニーホップ
通称バニホ。SourceEngineバグジャンプする際、頂点からの降下時に重力速度が適応される」「移動速度重力速度を加味する」を利用して、ジャンプしながら移動することで毎回重力速度分の速度上昇を得ること。最終的に某指揮官機もビックリ速度が得られ、Speedrun動画では多用されている。余談だがHL2SourceEngineには他にも「物を下に敷いた際に自身の体重が加味されない」等の明らかバグのような現実装されており、同エンジン物理演算方面にも利用されていることからフリーマンの経歴とともにネタにされている。)
ゲーム内のいたるところに散見されるマークレジスタンス徴として掲げられている。元々は前作の舞台である「ブラックメサ研究所」のロゴマークであり、フリーマンが着ている防護H.E.V.スーツ」にも付いている。正確には入ではなくλラムダ)。

MOD

Modification File、いわゆる拡プログラムのこと。PC版Half-Life2はSourceエンジン特性により一般ユーザーにも容易に拡できるようにデザインされており、新しいマップを追加したり、まったく別のゲームに作り変えることが可である。

MODは原則として無料開され、数のMODが今も開発・開中である。Half-Life2の人気が高い理由のひとつがここにある。
特に、内容を自在にいじることができる「Garry's Mod」が有名。

関連動画

プレイ動画(ノーマルプレイ)

実況動画

プレイ動画(縛り・バグ・チート)

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/21(水) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/21(水) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP