ICカードこれひとつ単語

アイシーカードコレヒトツ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ICカードこれひとつとは、未来情報産業株式会社が開発・提供しているAndroidICカードリーダーアプリである。

概要

そもそも「ICカードリーダーアプリって何?おいしいの?」という人も、多くはSuicaPASMOなどの名前くらいは聞いたことがある人が多いだろうし、実際に使っている人も多いと思う。
そんなSuicaなどのICカードを使っていて、こんなことはないだろうか。

  • ちょっと急いでいる時に限って電車に乗ろうと思ったら残高が思ったほど残っていなかった!自動改札ブロックされてっ恥な上に電車に乗りそこねてしまった…
  • コンビニSuicaで支払いしようと思ったら残高が足りてなくて地味に恥ずかしい事になった

ICカードの残高は、レジや自動改札機などで利用するたびに表示される。
つまり、多くの場合利用したその場でしか残高がわからないのである。
必ずしもそれをいつも覚えていられるとは限らないし、急いでいればなおさらじっくり覚えている暇はないだろう。

ICカードリーダーアプリ日本国内に多く出回っている「おサイフケータイ」に使われている「NFC」という技術を使い、ICカード情報読み取る事ができるアプリのことである。
これらのアプリを利用すると、多くのアプリでは現在の残高とカード内に記録されている決済履歴が表示され、支払額や使用した日付、場合によっては時間も記録されていて表示できることもある。

つまり、いつでもどこでもカード残高を使用前に確認することができ、時間とお財布の余裕を持って確実にチャージを行うことができるようになる。
モバイルSuicaなどでは当たり前の機ではあるが、物理カードでは普通なら専用端末でしか確認できなかった情報が対応しているスマホさえあれば簡単に確認できるのである。

こういったICカードリーダーをすでに何かしら使っている人には「ICカードリーダーアプリなんてしくないじゃん」と言われそうであるが、このアプリはとにかく技術者知的好奇心を元に研究を重ねた結果開発された、アプリである。

具体的にどう万なのか、以下に述べる。これらの特徴を見て「おぉーすげー」と思った人は是非活用してみて欲しい。

特徴

  • カードの関連会社非
    ICカードこれひとつはJRなどの各カードの関連会社から公式ライセンスを受けて開発されたアプリではない。しかし、世の中に山ほどあるICカードリーダーアプリはそのカードの関連会社が公式リリースしているもの以外はすべて非アプリである。
    ICカードリーダーアプリに不慣れな人は「非アプリ」と聞くと不信感を抱くかもしれないが、公式が出している特定カード専用アプリ以外は例外はない。特段他のものより強く不信感を保つ必要はないだろう。
    もちろん、アプリを使うかどうかは自由なので、「便利そう」と思うより「でもやっぱなんか怖いわ」と思うなら理に使うことはない。
  • 何でも読める
    多くのアプリSuicaのみ、良くてその親戚(KitacaTOICAICOCAなど)にしか対応していない。これは見たは同じようなICカードでも、データの構造が全く違うからである。
    つまり、別のカードなら履歴情報や残高情報などの並びが全く違うため、並び順の情報を解析するかどこかから提供してもらわなければ対応できないのである。
    ICカードこれひとつでは、開発元の技術者が地な努によりカードから読み取れる情報を分析し、ICカードの規格とスマホNFCリーダーの規格の組み合わせ上データ読み取れる内の45ものICカードに対応。Suica等の全カードだけでなく、全くデータの並びが違う地域のバス会社が発行しているローカルカード普通に読めてしまう。また、新たに利用が開始された新カードにも反応がい。
    地方都市に住んでいる人もあなたの地元のバス会社のカードが対応しているかもしれない。
    対応済なら、バスに乗る前に残高を確認してチャージ機を使ったり、降前に余裕を持って内チャージを頼むことができる。
    また、電車バス用のICカードだけでなく、楽天EdyWAONnanacoなどの物販系カードにも数多く対応している。
  • バス停名も表示できる
    そもそもバスカード読み取れるリーダーアプリどないはずだが、このアプリは何でも読める上に各バス会社の専用端末でしか印字できなかったような乗降バス停名まで表示することができる。額だけ見てもどこに行った日のどの移動の記録かわからないだろうが、このアプリなら一瞭然だ。
    ただし、Suicaなどの全相互利用カードバスに利用する場合、ICOCAエリア以外の地域でのバスについてはバス停名は表示できない。
    これは、事業者側の都合でカード内履歴にバス停IDを記録しない運用となっているためであり、アプリ側の不具合等ではない。
  • 改札口名も表示できる
    公式の特徴紹介では「待ち合わせに便利。うっかり別の改札口から出てしまっても出てきたとこの正確な名称がわかれば来てもらったり正しい場所への行き方確認したりするのに役に立つよね!(要約)」と書かれている。記事立て者的にはライフログの一環と思っておくのがいい気もするが。
  • 店名も表示できる
    おそらく最大の特徴と呼んで良いであろうポイントSuica等の物販利用は、たとえの券売機やチャージ機で履歴を印字したとしても店名は一切わからない。どこで何を買った履歴なのかわからないのである。
    しかし、このアプリならそんな問題は過去のもの。もちろん「何を」買ったかまでは流石に記録されてはいないが、「どこで」買ったか、つまり「どの端末で決済されたか」という記録をもとに店名が表示できるのだ。
  • 情報の多くは利用者からの報告・登録制
    これだけの圧倒的な情報量を持つアプリだが、その大半はアプリ利用者からの報告によって成り立っている。
    カード内には店舗名などが直接書かれているわけではなく、端末には端末IDバス停にも固有IDが割り当てられている。こうしたIDバス停、物販端末やその設置場所は一般に広く開されているわけではない。
    しかし当然、一度それが利用されれば、「ここを利用したときに記録されたIDがここのIDだ」ということがわかる。ICカードこれひとつはこうした報告の整合性を開発サイドが確認した上で、アプリデータベースとして情報を追加することによって、上記のような大量の詳細な情報を表示することができるのである。
  • それでも技術的な限界はある
    実はカード内の情報は何でもかんでも1から10まで読み取れるとは限らず、(というか全部読み取れるカードはもはや異例中の異例)どの場合カード内の一部の領域は暗号化されている。例えばSuica定期券の場合、定期券に関する情報(有効期限、定期券区間など)はプロテクトされている。
    物販端末IDも実は全桁カード内の読み取れる領域に書かれているわけではないため、全的に調べていくと重複してしまう。こうした重複データ全に1件に特定できるだけの情報カード内にないことを理解してアプリを利用する必要がある。
    また、そもそも「カード内に記録されない情報」というものもある。特に多い例がポイント情報である。
    JREPOINTJ-WESTポイントなどの交通系カードポイントバスカードの乗ポイントなどは、カード内ではなく管理会社側のサーバーに記録されていることが多く、そのような場合いくらカード内をくまなく解析しても、それらは一切記録されていないため、アプリで表示することができない。
    また、楽天Edynanacoなどは、決済端末のIDカード側に記録しない仕様であるため、店名表示には対応していない。
  • 有料です
    ICカードこれひとつは大企業が余提供している「サービスの一貫」としての無料アプリではなく、個人が日常の片手間に作っている「趣味の一環」としての簡単なアプリでもない。
    日本素晴らしい技術者が全で取り組んでいる、会社を支えるアプリである。
    これだけの情報量を日々更新したり新しいものを解析したり、ということを「業務」として行っているれっきとした「企業」の「製品」なのである。
    当然それには人件費をはじめとし様々なコストが必要であり、それらは決して無料ではない。

    また、こう言ってはなんだが、「タダだからと飛びつくよくわかってない人お断り」という一面もある。
    以前は全機無料だったり、アプリDL無料プレミアムサービスだけだったりした時期があるが、物販の重複の技術的限界や登録制であることによって起こる、「自分の生活圏から遠く離れた店舗の名前だけが表示される」現カードの盗難と勘違いし警察を巻き込む騒動となるなどの事例があったことから、
    自分が使おうとしているものがどういう機を持ちどういった限界であるかをよく理解した上で「購入」する意思を持った人だけに使用してもらうことを的としている。

種類

現在、ICカードこれひとつには以下の2タイプが存在する。

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2021/03/06(土) 05:42:46 ID: ROPWcRpELM

    ICカードリーダーアプリ自体の記事もここでの解説もないから
    元々その類いを活用してる人以外には用途からして分かりにくく
    用途不明なものとしての特徴を列挙しても魅は伝わりにくい

    逆に意図的に素人には伝わらないようにした玄人向けの記事なら
    関連会社非認のくだりとかは常識的な話だろうし
    有料のくだりは冒頭と被って開発元への称賛もあってでくどい

    イマイチどの層に向けて書いた記事なのかが分からない

  • 2ななしのよっしん

    2021/03/06(土) 11:21:58 ID: 0MFtadDLos

    レスどうも。
    一応「間口を広げたい」「新規利用者開拓の助けになれば」ってつもりで書いたんだけどなまじ自分が用者なもんで方向性がブレてるんだと思う。
    もうちょいリーダーアプリ使ってない人向けの説明ができないか考えてみる

    「開発者への称賛がくどい」ってのもわかるにはわかるんだが有料化の経緯や昨今の「有料であること自体がかれる」異常潮でクソレビューつけられまくってるのが不憫でな…
    称賛がないとは言わんがどちらかというと「製品」なんだから有料なのは当たり前なんやぞってのを言いたかったんよ
    最近そんなあたり前のことすらわかってない連中が多いのは残念ながら事実だしな

  • 3ななしのよっしん

    2021/03/26(金) 18:05:32 ID: DPxkHfshlT

    無料版だったころのこと書かれてない?

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/17(土) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/17(土) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP