im@s☆roy@le単語

アイマスターロワイアル

2.5千文字の記事
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

im@s☆roy@leとは、春日野Pニコマスデビュー作で、アイドルマスターの登場人物がバトルロワイアルのようなプロレスのような戦いを繰り広げる動画シリーズである。

本編MMDモデルを用いながらもNovelsM@ster調のテキストストーリーで進行し、要所(に題名となっている技の際)でMMDによるムービーを1~5程度(均3位)使用する手法の作品となっている。

概要

初投稿2012年1月11日。総話数は35話(2012年4月5日完結)。

話の大筋は、仕事後に突然とある建物半ば拉致のような形で集められた765プロアイドル達が、バトルロワイアルプロレスを掛け合わせたルールの下、最後の一人になるまでプロレスをしてもらうというもの。

経緯だが、アニメ版8話であずさと関わった石油王がその後、高木社長と交流を始め、自分の結婚の際に図らずも助してくれた765プロへの恩返しの意味を込めて、765プロ及び所属アイドル支援してくれる事になった。
ついては石油王で広めるにあたり、で流行しているプロレスを用いたPVでてっとり民にとっついてもらおうという試み・その流れから今回の企画プロジェクトワルキューレ(戦乙女計画)”に至る。

今回の戦いの内容は録画され、石油王765プロPVとして使用され、その後アイドル達は石油王でもアイドルデビュー、また、優勝者には特典として世界有数のコンサート会場でのツアーが用意される。

ルール
 *会場はなぎさ町という場所。企画中は住民に出ていってもらっているが、警備は恐ろしくザルでも入りたい放題。が難なく入れる点を律子摘している(16話)
 *参加者=アイドル達の肩にはセンサーが取り付けられており(見えないのは気にしない!)、ここ(両肩)に5kg以上の圧が3かかると失格(所謂ピンフォール)。
 *相手に技を掛けられた状態で(←ここは本部で説明忘れられている)『ギブアップ』と発すると失格
 *かが退場すると会場にゴングが鳴りく。が退場したかのアナウンスはなし。優勝者が決定した時点でその旨を告げるアナウンスが流れて企画は終了となる。 

主要プロダクション

この作品での設定(性格や所属事務所の偏移)は、原作とは若干異なる場所があります。アイドルの所属事務所は第01話時点での所属事務所です。

登場人物詳細は大百科記事”アイロワの登場人物一覧”を参照。

765プロダクション(=ナムコプロダクション)

キャラが所属している事務所。今回、前述の運びで海外進出計画の第一ステップとして、プロジェクトワルキューレを行う事となった。公式でお染み。設定は961関連以外は1準拠に近い(律子アイドルである点など)ながら、2準拠のところも(貴音がいない、双海真美が単独アイドルである事など)。

所属アイドルは下記の通り。ランクは当シリーズ内での設定です。15歳以上を全員Bにしようと思ったら、この記事書く直前に上げた25話であずささんをCにしてて(瑞樹の発言)、逆にはるちはみきをB、他をCにしてみました。

社長高木順一朗社長代理の沼(下の名は不明)、プロデューサー春日野(下の名は不明)、事務員に音無小鳥。他にもPが存在するとも考えられる。

876プロダクション(=バンナムプロダクション)

765プロと友好的な関係を築いている小さな芸事務所プロダクション春香く『常識人ばかり(褒め言葉:24話)』。当シリーズに登場するプロダクションでは最も公式に近いプロダクションと言える。

社長石川実マネージャー岡本まなみ。また、水谷絵理プロデューサーとしてフリーランス尾崎玲子がいる。

西園寺プロダクション(=3104プロダクション)

漫画アイマス小説アイマスに登場したプロダクション。それぞれ別の登場人物が存在していたが、当シリーズでは所属人員が合体した形になっている。また、我那覇響四条貴音西園寺所属となっているのが他シリーズと大きく異なる点。

シリーズではプロジェクトワルキューレを破綻させる為になぎさ町に乗り込んで、765プロ876プロの所属アイドルシリーズ中盤にて戦いを繰り広げる事になった。所属アイドルは下記の通り。

その他、社長西園寺美神プロデューサー小早川瑞樹の実)など。

和風プロダクション(=02プロダクション)

西園寺同様、ワルキューレプロジェクトを破綻させる為に会場に乗り込んできた。所属アイドルは総じて戦国BASARAキャラモデルを使用。765プロ同様、所属アイドルの最高ランクはB(十和田斎)。

社長プロデューサー、及び他の所属アイドルに関しては不明。

藤波プロダクション(2473プロダクション)

876同様、765と業務提携をしているプロダクション社長波、プロデューサー西村という人物がいる事だけは判明中。今回の企画の過さに対して電話で警鐘を促した。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

;=ω)あ、特に御座いません()。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2014/04/24(木) 12:41:21 ID: /MYKcro96W

    これほどもっと評価されるべきが似合うものもそうそういまい

  • 2ななしのよっしん

    2016/09/30(金) 21:47:18 ID: bEnnYc/o9U

    作だと思うし作りこんでるしちゃんと完結もさせてるしストーリーもそこそこなのにね。もう少し伸びていいと思う。

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/29(水) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/29(水) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP