IMAX単語

アイマックス

1.3千文字の記事
掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

IMAXとは、カナダのIMAX社が開発した大映像向けのフォーマットである

概要

70ミリ15パーフォレーションという非常にばかでかいフレームを持ったフィルムを、毎24コマ方向に動かして上映する。(IMAX HDに至っては毎48コマで動かしている)映写機も専用のものが必要で、15000ワット出冷式クセノンショートアークランプを使っている。

何しろ1コマの大きさがブローニーフィルムの67判と同じなので、フィルムの消費スピードが半端じゃない!1000フィートのフィルムを約3分で上映しきってしまうので、1作品あたり40〜60巻ものフィルムを運搬してつなぎ合わせないといけず、そんなことやってられるか!という現場のを受け、最近ではIMAXデジタルというフォーマットが一般的である。ハードディスクユニットケーブルプロジェクターにつなぐだけなので、合理義のアメリカではほとんどのIMAXシアターがデジタル化してしまった。(ただし、画面の解像度2Kに落ちてしまう。)

このIMAXを使った作品で有名なのは、大阪万博で上映された「虎の子」。そして最近では「ダークナイト ライジング」など近年のクリストファー・ノーラン監督作品である。撮では1000巻もの65ミリネガフィルムを消費しまくり(時間換算で約3000分、つまり50時間)、その中から使えるシーンを73分分だけチョイスして12Kハイビジョンスキャナーでデジタル化し、本編に使用したとのこと。1作品に数億かけられるハリウッドならではの暴挙である。余談だがこの作品の撮で、IMAXカメラが2台ぶっ壊れたそうである。

なおIMAX用のカメラはIMAX社でしか貸し出していない。しかも借りる際は3日間の操作講習を必ず受講しないといけず、その期間もレンタルに加算されてしまう。ネガフィルム1000フィートが約19万円、65ミリネガ現像と35ミリ縮小ラッシュプリン制作で31万ほどかかる(これらの作業はアメリカのイマジカでしかやっていない。)このためIMAXで作品を作る場合は、最低でも数十億の予算がないとできないと言われている。

本家IMAXカメラ以外に、MSM9801MSM9802というカメラも存在する。値段は、フルセット4000万もする。ちなみにレンズマウントペンタックス67マウントである。(本家カメラハッセブラッドマウントフィルムセットアップが非常に単純(スリットにフィルムを落とし込むだけ)なため、本家カメラを扱ったことがあるスタッフが、装填の容易さに感動したという逸話も残っている。なおフィルムの幅が広いため、ゲート部分で真空ポンプによるバキュームを行ってフィルムゲートにしっかり吸着させている。と同時にフィルムを固定する上下各4本のレジストピンが出て、フィルムをしっかりホールドしている。ここまでしないとピンぼけネガフィルムができてしまうとのこと。(しかもこれを1間に24回行うので、結構動作音はうるさいデジタル一辺倒なカメラマンが、動作音を聞いて驚いたという逸話がある。)

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/07/05(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2022/07/05(火) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP