JRAの本気単語

ジェイアールエーノホンキ

3.1千文字の記事
掲示板をみる(54)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

JRAの本気とは、言葉の通りJRAが本気を出した競馬PRCMに付けられるタグである。

概要

今までタレントを使ったCMが多かったJRA日本中央競馬会)のCMであったが、2011年度のJRAG1レースCMは、これまでと打って変わって、競馬役である「競走馬サラブレッド)」にスポットを当てたものになっている。CMの内容自体もシンプルながら完成度が高く、なおかつカッコイイ事から「JRAの本気」タグが付くようになった。
CMに登場する競走馬は、各G1レースの歴代優勝の中でも、最も印に残った(あるいは名勝負を繰り広げた)名が続々登場する事もファンから好評を博した。 

この他に、2012年の「近代競馬150周年記念CM(詳細は後述)」や、2005年に放送された「踏み(ラストラン)」など、競走馬役のCMに本タグが付けられることが多い。

2011年度CM「20th Century Boy」

2011年度のG1レースCMは、体の静止画を数カット挟んだのちレース映像を流すという全体的に渋い演出が話題を呼んだ。またCMBGMには、1970年代大人気を博した伝説ロックバンド「T-REX」の「20th Century Boyが使われている。

2011年CMに登場した各G1レースおよび優勝は以下のとおり(詳細は個別の項も参照の事)。
ちなみに登場する優勝はいずれも「20th Century Boy」にちなんでか、「20世紀(それも90年代)に大活躍した競走馬である。

桜花賞ベガ1993年優勝テレビ未放映)
皐月賞ミホノブルボン1992年優勝
天皇賞(春)メジロマックイーン1991年優勝
東京優駿(日本ダービー)トウカイテイオー1991年優勝) 
安田記念タイキシャトル1998年優勝
宝塚記念サイレンススズカ1998年優勝) 
菊花賞ナリタブライアン1994年優勝
天皇賞(秋)スペシャルウィーク1999年優勝
ジャパンカップエルコンドルパサー1998年優勝
有馬記念オグリキャップ1990年優勝

2012年度CM「The WINNER」

2012年度のJRACMは、日本近代競馬150周年記念」という事もあり、昨年好評を博したCMコンセプトをさらに推し進め「The WINNER」テーマに、各G1レースの歴代優勝をより深く掘り下げたものになる。

上半期は2011年度と打って変わったテイストとなり、ブルースロックBGMクールビデオエフェクトロマン溢れるキャッチーメッセージが好評を博した。また扱うレース高松宮記念を皮切りに、桜花賞優駿牝馬(オークス)と範囲がさらに広がり、これに伴いも登場。キャッチフレーズは「次の伝説を見よ」。

下半期はスプリンターズステークスを皮切りに、菊花賞天皇賞(秋)エリザベス女王杯マイルチャンピオンシップジャパンカップ有馬記念CM放送・配信が行われた。なお下半期バージョンからは最後のキャッチフレーズが毎回変わる仕様になっており、CMテイストスロー再生された襲歩中のという変更が見られる。

またエリザベス女王杯CM優勝は登場しないが、「英国王室認」の冠が付いたスペシャル版になっている(2012年エリザベス女王杯エリザベス女王即位60周年記念の「ダイヤモンドジュビリー」記念競争として施行されるため。この名称は英国王室より公式許可を得たものである)。

2012年CMに登場した各G1レースおよび優勝は以下のとおり(詳細は個別の項も参照の事)。

高松宮記念キングヘイロー2000年優勝
桜花賞メジロラモーヌ1986年優勝
皐月賞アグネスタキオン2001年優勝
天皇賞(春)ライスシャワー1993年優勝
優駿牝馬(オークス)エアグルーヴ1996年優勝
東京優駿(日本ダービー)ウイニングチケット1993年優勝
安田記念ニホンピロウイナー1985年優勝
宝塚記念グラスワンダー1999年優勝 
スプリンターズステークスサクラバクシンオー1994年優勝 
菊花賞ミスターシービー1983年優勝 
天皇賞(秋)タマモクロス1988年優勝
マイルチャンピオンシップサッカーボーイ1988年優勝
 
ジャパンカップホーリックス1989年優勝
有馬記念テンポイント1977年優勝 

日本近代競馬150周年記念CM

2012年は、「日本近代競馬150周年記念」にあたる事から、2000年に放送された「21世紀へ」のCMリメイク版として本CM制作され、新旧歴代の名が登場している。本作をる曲は、小田和正の「19の頃」。

ちなみに本CMに登場する名は以下のとおり(詳細は個別の項も参照の事)。

2013年度CM「The LEGEND」

2013年度のG1レースCMは、昨年好評を博したCMコンセプトを踏襲し、よりスタイリッシュな内容になった。CM音楽は、フェブラリーステークスではコーネリアスが担当しており、レース毎に変わる。
今年のシリーズCMで扱われるレースは、現時点ではフェブラリーステークス桜花賞天皇賞(春)東京優駿(日本ダービー)宝塚記念スプリンターズステークス菊花賞天皇賞(秋)ジャパンカップ有馬記念ラインナップとなっている。 

2013年CMに登場した各G1レース及び優勝は以下のとおり(詳細は個別の項も参照の事)。

フェブラリーステークスメイセイオペラ1999年優勝BGM:コーネリアス
桜花賞テスコガビー1975年優勝
BGM:Buffalo Daughter
天皇賞(春)ディープインパクト2006年優勝BGM:MO'SOME TONEBENDER
東京優駿(日本ダービー)ウオッカ2007年優勝BGM:浅井健一
 
ダービー特別編BGM:BREAKERZ
宝塚記念ビワハヤヒデ1994年優勝BGM:PE'Z
スプリンターズステークスフラワーパーク1996年優勝BGM:TK
菊花賞スーパークリーク1988年優勝BGM:avengers_in_sci-fi
天皇賞(秋)バブルガムフェロー1996年優勝BGM:
ジャパンカップシンボリルドルフ1985年優勝BGM:WHITE ASH 
有馬記念テイエムオペラオー2000年優勝 BGMDragon Ash

影踏み(ラストラン)

2005年に放送されたCMで、一青窈の「踏み」に乗せて、競走馬引退の日を淡々と描いているイメージCMである。こちらも名CM人気が高い。しかも泣ける。

祭り編(2000年CM)

2000年に放送されたJRAブランドCMで、小田和正の「」をBGMに、競馬場の一日を描いたものである。こちらもシンプルながらもカッコイイ

夢の第11レース

2015年に放送されたCMで、歴代の名たちが一堂に会したレース

詳しくは「夢の第11レース」の項へ

夢のVS.

2018年から放送されているCMは、その競馬場ゆかりのある名によるマッチレース

関連動画

2011年CM20th Century Boy

2012年CM「The WINNER」

日本近代競馬150周年記念CM

2013年CM「The LEGEND

踏み(ラストラン

祭り編(2000年ブランドCM

10歩編

夢の第11レース

夢のVS.

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 52ななしのよっしん

    2022/05/27(金) 19:20:22 ID: n+x3uxThUA

    >>50
    あと色々と表現が直接的だからかもしれん
    「曲がった左脚」とか「ハンディは強くなるためにある」とか
    イチャモンつけるヤツはつけかねないフレーズ入ってたって判断されたとかかも

  • 53ななしのよっしん

    2022/05/29(日) 14:58:15 ID: EIxAD4w+77

    >>50
    Youtubeで同じ動画アップロードしていた人によると、2012年に放映されていた「The WINNER」シリーズ映像が収録されたDVDの(応募者の抽選?)プレゼント企画というのがあったらしく、この映像はそちらに収録されていたものだとのこと。
    この動画製作者のブログでも見ることができることから、正正銘の本物であるとのこと
    https://dadada.works/jra-g1-2011/exit

  • 54ななしのよっしん

    2022/07/26(火) 17:25:27 ID: affaFH3odV

    インストだけどw.o.d.CMに使われてておったまげた
    嬉しかったわ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/09/30(金) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2022/09/30(金) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP