JRA賞単語

ジェーアールエーショウ

4.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

JRA賞とは、中央競馬での活躍をたたえるために設けられている表制度である。

概要

創設までのな経緯はWikipediaexit日本中央競馬会公式サイトexit等を参考にしていただきたい。
日本中央競馬会(JRA)が催している表制度であり、前年に優秀な成績を収めた競走馬調教師騎手文化の発展に顕著な貢献があった個人及び団体を選出し表している。
競走馬騎手調教師が対の部門は合計22部門、受賞者と受賞は毎年一月に発表され、表される。

地方競馬海外競馬にも似たような賞は制定されている。

といった具合である。

昔は啓衆社が表していた啓衆賞(1954年から1972年)、機関誌「優駿」で表していた優駿賞(1973年から1986年)という呼び名であり、表も時代とともに変わっていた。

各部門

競走馬部門

現在常設されている表部門は

この11部門である。2023年度よりそれまで最優秀短距離扱いだったスプリンターマイラー部門が分離、それぞれに選出される事になった。
受賞新聞、雑誌、ラジオ等の競馬記者投票によって選出される。
具体的な投票条件は下記のいずれかに該当する者になる。

  • 記者クラブ経験通算3年以上(会友含む)のうち、当該年度において年間を通じてJRAの取材を行った者
  • 専門所属者(各専門5名投票)

年度代表馬のみ年度代表馬を除く10点の部門の受賞から投票で選出される形式となっている。
投票は当該年度にJRA所属経験の他、地方所属(2000年度以降)、外調教(2008年度以降)でもJRA競走成績に限って投票となる。

他にも「特別賞」や「特別敢闘賞」などが存在するが、常設ではない。

2023年度JRA賞受賞馬

部門 受賞 受賞年成績(な勝ち)
年度代表馬 イクイノックス 4戦4勝
(ドバイシーマクラシック宝塚記念天皇賞(秋)ジャパンカップ)
最優秀2歳 ジャンタルマンタル 3戦3勝
(朝日杯フューチュリティステークス)
最優秀2歳 アスコリピチェーノ 3戦3勝
(阪神ジュベナイルフィリーズ)
最優秀3歳 タスティエーラ 6戦2勝
(東京優駿)
最優秀3歳 リバティアイランド 4戦3勝
(桜花賞優駿牝馬秋華賞)
最優秀4歳以上 イクイノックス (戦績は年度代表馬の項を参照せよ)
最優秀4歳以上 ソングライン 5戦2勝
(ヴィクトリアマイル安田記念)
最優秀スプリンター ママコチャ 5戦2勝
(スプリンターズステークス)
最優秀マイラ ソングライン (戦績は最優秀4歳以上の項を参照せよ)
最優秀ダートホース レモンポップ 5戦4勝
(フェブラリーステークスマイルチャンピオンシップ南部杯チャンピオンズカップ)
最優秀障害 マイネルグロン 4戦4勝
(中山大障害)

歴史的には、以下の通りとなっていた(上の見出しの齢は満年齢。賞の名前は当時の年齢の呼び方(2000年以前は数え年、2001年以降は満年齢))。

2歳 2歳 3歳 3歳 4歳以上 4歳以上 距離 マイル ダート 障害 アラブ
1954 最良3歳 最良3歳 最良4歳 最良4歳 最良5歳以上 最良5歳以上 (なし) (なし) 最良障害 (なし) (なし)
1955-1971 最良スプリンター 最良アラブ
1972-1980 最優秀3歳 最優秀3歳 最優秀4歳 最優秀4歳 最優秀5歳以上 最優秀5歳以上 (止) 最優秀障害 最優秀アラブ
1981 スプリンター
1982-1983 最優秀スプリンター 最優秀父内国産馬
1984-1992 最優秀ダートホース
1993-1995 最優秀短距離
1996-2000 (止)
2001-2007 最優秀2歳 最優秀2歳 最優秀3歳 最優秀3歳 最優秀4歳以上 最優秀4歳以上
2008-2022 (止)
2023- 最優秀スプリンター 最優秀マイラ

騎手、調教師部門

現在常設されている表部門は

この11部門である。
競走馬とは違いこちらは成績を基に自動的に選出される。

最多勝利調教師最高勝率調教師、最多賞獲得調教師、優秀技術調教師地方海外の成績を含んだ成績で選出するが最多勝利騎手最高勝率騎手、最多獲得賞騎手地方海外の成績を含まない成績で選出される。その代わり中央、地方海外での総合的な成績を点数化してその点数が最も高い騎手に与えられる「MVJ」部門が存在している。
※注、2012年までは騎手部門も地方の成績などの成績も加算されていたが、この地方の成績で逆転でJRA賞の部門賞を得られないケースがあり、発表の際に分かりにくいなどのがあったため2013年から騎手の部門は純JRAの成績にして、地方海外を含める「MVJ」の部門が新たに設立された。

こちらにも特別賞、特別敢闘賞が存在するが常設ではない。

ちなみによく勘違いされるが、フェアプレー賞、特別模範騎手賞はJRA賞ではなく、厩舎関係者表という別の表で表されるものである。

2023年度JRA賞受賞者

部門 受賞者 受賞年のな成績(代表管理、代表騎乗)
最多勝利調教師 杉山 56勝
(ジャスティンパレス)
最高勝率調教師 木村哲也 0.209
(イクイノックスレガレイラ)
最多獲得賞調教師 矢作芳人 27億3,2768100円
(パンサラッサ)
優秀技術調教師 木村哲也 44勝
(イクイノックスレガレイラ)
特別賞(調教師部門) 該当者なし
騎手大賞 該当者なし
最多勝利騎手 C.ルメール 165
最高勝率騎手 川田将雅 0.305
最多獲得賞騎手 川田将雅 36億4,381万6,000円
最優秀障害騎手 石神深一 障害競走14勝
(マイネルグロン)
最多勝利新人騎手 田口貫太 35勝
MVJ 松山弘平 47ポイント
勝利度数4位、獲得賞8位
勝率4位・騎乗回数1位
特別賞(騎手部門) 該当者なし

馬事文化賞

当該年度において文学美術、その他の作品において文化の発展に特に顕著な功績のあった者に与えられる賞である。具体的には小説や図鑑などの書籍、ドラマ映画などの映像作品、相馬追などの文化に対して受賞されることが多い。またオリンピック術競技・術の世界選手権で3位以内の成績を収めた選手・に対して受賞されることもある。

文化賞には常設ではいが、他にも特別賞や功労賞といった賞もある。特別賞は委員会の推薦があり受賞を必要とされる場合に、功労賞は概ね30年以上があり委員会からの推薦があり受賞を必要とされる場合に授与される。

となる期間は前年度11月~当年度10月末となる。例えば2021年度の場合だと2020年11月1日2021年10月31日が対期間となる。

文化賞選考委員会は文化に関し学識経験を有する10名以内で構成される。受賞者の決定は委員会の3分の2以上の同意をもって行われる。

2023年度JRA賞馬事文化賞受賞者

部門 受賞者 受賞作品
文化 岡田 エピタフ 、ユルリ
特別賞 該当者なし

問題点

競走馬部門の受賞選考は記者投票で行われるため、記者競馬ファン騎手調教師の間にタイトルに対する価値観の違いがあり、それが選考結果に表れた場合、競馬ファン騎手調教師から選考が批判されることもあり得る。

代表的な例を挙げるとするならば1999年エルコンドルパサーの選考に関する話だろう、この年はスペシャルウィーク秋天皇賞とジャパンカップを制覇し古馬王道路線のG1競走を全て連対、グラスワンダースペシャルウィークを破ってグランプリ制覇、と内競走だけ見ればこの年の年度代表馬及び最優秀5歳以上(旧齢表記)はこの2頭に絞られると思われた。しかし実際に最優秀5歳以上及び年度代表馬選ばれたのはサンクルー大賞典や凱旋門賞2着などの2頭に劣らぬ覚ましい成績があるものの内で1戦もしていないエルコンドルパサーであり、スペシャルウィークグラスワンダーの2頭には特別賞が与えられた。この選考に関してスペシャルウィークの管理調教師である白井寿昭調教師は「グラスワンダー年度代表馬なら納得できるがエルコンドルパサー年度代表馬というのは納得できない、内で走っていないからエルコンドルパサーにこそ特別賞を与えるべきではないか、要するに”自競馬より他競馬の方が上です”と宣言してしまったようなもん」と非難している[1]

他にも優秀技術調教師の選考基準が大まかにしか明かされていなかったり、記者投票投票内容を非開にしている記者が存在したりと顕彰馬制度と共通する問題点も存在している。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *一応こうした海外競馬優位の姿勢そのものは90年代ピークに落ち着きつつあり、進出や勝利ハードルもゆるやかになった近年では、2021年G1を3勝したエフフォーリア海外G1を同じく3勝のラヴズオンリーユー年度代表馬投票の結果で「277対18」と圧倒的にエフフォーリアが票を集めて受賞している。
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/25(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/25(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP