今注目のニュース
“今の儂は、どこにでもいるドーナツ好きの、マスコットキャラじゃよ”〈物語〉シリーズより忍野忍のスケールフィギュアが登場
連載したのに単行本が出せない!? 漫画家の厳しい現実を描く実録漫画がTwitterで話題
女王にさえ……英国民がヘンリー王子「離脱」で一番怒ったこと

Justiφ's単語

ジャスティファイズ

  • 6
  • 0
掲示板をみる(45)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「Justiφ's」とは、東映制作平成ライダーシリーズ第4作「仮面ライダー555」の主題歌である。

歌:ISSA
作詞藤林聖子
作曲佐藤和豊
編曲中川幸太郎

概要

2003年3月12日リリースされた、「DA PUMP」の「ISSA」のソロシングルで、「仮面ライダー555」の主題歌である。
カップリング曲は石原慎一が歌う「仮面ライダー555」挿入歌「Dead or alive」。

ISSAの初のソロシングルであるが、公式には2003年4月23日リリースの「PLAY,THIS,SATISFY」がソロデビューと言う事になっている。

ISSA自身は、自宅にコレクションを飾る等、熱心な仮面ライダーファンであり、Avexリリースの一般アーティストがが平成ライダーシリーズメインテーマを歌うとなって、初動売り上げ枚数は平成ライダーシリーズ主題歌の中でも屈の枚数を誇り、仮面ライダー電王までは初動最高の売り上げを記録していた。

歌詞

歌詞の中で

Tell me the truth 信じてた未来

となっている部分が

  • ダメだと 信じてた~
  • カベだと 信じてた~
  • カメだと 信じてた~

空耳に聴こえるが、これは乾巧ってやつの仕業なんだ!

また、タイトルでもあり、サビラストで高らかに歌い上げられる
「The end justiφ's(justifies) the mean」という英文であるが、これは直訳で「結果が過程を正当化する」。
日本語で言えば「勝てば官軍」「も方便」「終わりよければ全てよし」といったニュアンスである英語ことわざである。
正義」を標榜するヒーロー番組としては相当に異質な歌詞なのだが、
しかし全編にわたって「怪人を倒すことは本当に正義なのか?」「正義と悪の界はどこにあるのか?」
という命題を突き付け続けた『555』という作品を徴する、らしいフレーズである。

アレンジ版

いくつかのアレンジバージョンが存在し、劇場版仮面ライダー555 パラダイスロスト」や、TV本編40話の挿入歌として使用された「Justiφ's~Accel Mix~」や、

2009年6月24日リリースされた「Masked Rider series Theme song Re-Product CD SONG ATTACK RIDE Second featuring BLADE 555 AGITΩ」に収録されている、RIDER CHIPSアレンジした「Justiφ's Ver.RIDER CHIPS」と鳴瀬シュウヘイアレンジした「Justiφ's Ver.Shuhei Naruse」がある。

関連動画


関連商品


関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/23(木) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/23(木) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP