Lachryma《Re:Queen’M》単語

ラクリマレクイエム

4.6千文字の記事
掲示板をみる(142)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

        

「虚像?実像?何だっていいわ。
其の王冠は…
女王たる私にこそ相応しい!」

"Malchut"-亡女王 グレイス

        

Lachryma《Re:Queen’M》とは、KONAMI音楽ゲームSOUND VOLTEX III GRAVITY WARS」に収録された楽曲である。

概要

アーティスト かねこちはる
BPM 236
難易度 SOUND VOLTEX
NOVICE ADVANCED EXHAUST GRAVITY
8 13 18(15) 20(16)
pop'n music
EASY NORMAL HYPER EXTRA
16 32 42 49
エフェクト PHQUASE lūcifer
ジャケット 第十のセフィラ - 亡GRACEMichael

()内はSDVX以前の難易度

2016年1月30日に「The 5th KAC オリジナル楽曲コンテスト」で最優秀賞として開された楽曲。
今まではレイシスマキシマジャケットを飾っていたが、本作はIIIボルテ学園を狙う敵として登場したグレイスが描かれている。余談だがエンドシーンによると衣装四天王達がバグ素材にした手作りで、胸元に布を多く盛っているようだ。
さらに今作はセフィロト運命)をテーマにしており、当楽曲は11個あるセフィラのうち「マルクト(王)」に位置する存在。

作曲は「だ!休みだ!自由研究オリジナル楽曲コンテスト」の『雪女』、「第一回ボルテキャラテーマコンテスト」の『INF-B《L-aste-R》』など幅広いジャンルの作品が採用されたかねこちはる

本作における悪役が担当だが、迫あるクワイアを入れつつ綺麗な泣きメロを組み込んでおり、まるで「グレイスとの最終決戦」を演出したような曲となっている。

この曲のADVANCEDからGRAVITY譜面までを解禁するにはまず「雲の彼方」「NEO GRAVITY」「Candy Colored Hearts」「End to end」「EMPIRE OF FLAME」の5曲をAランク以上でクリア
さらにGRAVITY譜面の場合はこの曲のEXHAUSTAAクリアかつ、「Bangin' Burst」のGRAVITY譜面プレーする必要がある。これを解禁するにはインフィニットブラスターでまず「Last Battalion」「Erlung」「choux a la creme」「hellfire」の4つを順番に解禁しなくてはならない。このように条件が前回のロードよりも緩いため、解禁するだけなら「Everlasting Message」よりも難民は出ないと思われる。

譜面はこれまで通り強が集まる舞台に似つかわしい最高難易度Lv16。BTロングと16分階段の複合、12分BTと4分裏打ちFXを合わせた乱打、FX・BTロング拘束されながら3小節以上の16分トリルを処理しなくてはいけないなど、最後まで高密度の盤配置が休みく降り注ぐうえに、フカセ恒例のつまみ芸も健在で全く自重していない。チェイン数も2863と高いためにゲージ重いので、クリアするにはミスを最小限に留める必要がある。
配信当時は同日に登場したBangin' Burst(GRAVITY)と並んで旧難易度方式で最高値のLv16の中でも最強クラスとして扱われ、次回作「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVEN」で行われる新難易度定では、IIIまでの全譜面一となるLv20へと昇格。明確に最譜面であることが公式でも示された。

2016年2月5日より配信が開始された。GRAVITYの下位難易度EXHAUSTは旧Lv15だが、旧Lv15の中では高い難易度なので滅斗を取れるプレイヤーでないとGRAVITY譜面の解禁までが困難となる。

NOVICE譜面は他のThe 5th KACコンテストの曲共々初めからプレイできるが、その譜面は史上初のLv8
クリア失敗での次曲保がないため、慣れてないプレイヤー興味半分で1曲に選んでしまうとTRACK CRASHで終了する可性が高いので注意。レベルが示す通り、半分重なり視覚的に惑わすリア充ダブルや、FXを押しつつのつまみ処理など、NOVICEとしては高難易度テクニックを要されるため、Lv8でも詐称が多い。

ADVANCEDは最後の方にBT同時階段があり、この部分だけ新Lv15相応はあろうかと思われるため、ラス殺しとなっている点に注意。

この譜面GRAVITY、およびKac 2012 Ultimate MedleyおよびXROSS INFECTIONGRAVITY譜面を解禁すると、SKILL ANALYZERにて新たな暴コースが登場。当然この譜面は3曲に用意されており、数多くのゴリラ達の突破を阻む存在となっている。

このように難易度が非常に高い本作だが、さらにこれは他にないギミックが仕掛けられている。
背景は途中からスコアマッチング表示が消えると同時に、眼の形をしたバグと呼ばれる物体からグレイスが画面上半分を覆うほどの大きさで登場する。さらにプレー中、譜面の流れるレーンが消失という今までにない形の初見殺し要素も取り入れている。なお、前者はKAC限定の演出となり、本収録ではグレイス背景が小さく映し出されるため上半分の表示は消えないようになっている。ちなみに、NOVICEではグレイスは登場せず、レーン消失の演出はEXHAUSTGRAVITYだけとなる。
このように譜面や演出においても最高の待遇を得ており、最優秀賞にふさわしい名誉を持った楽曲といえよう。なお、この演出は翌年のKAC最優秀賞楽曲である「iLLness LiLin」、「HE4VEN ~天国へようこそ~」の2曲、及び同氏のKAC最優秀賞記念書き下ろし楽曲である「FLügeL《Λrp:ΣggyØ》」にも受け継がれた。その後も最優秀楽曲にはさらに進化したレーン演出が加えられており、KACの名物と化している。

GRAVITY譜面に関しては、登場から1年以上PUC達成者が存在しない状態であったのだが、
2018年2月20日、配信日から実に2年と3週間越しにして、遂に2013・4thKAC優勝者のえつや(XD2.BOT)氏がPUCを成し遂げたexit
ボルテではこれほどPUCに時間がかかった譜面は異例であることから、Twitterでは「ラクリPUC」がトレンド最高2位、彼が達成を報告したツイートは現時点でRT・いいね数共に1万を突破。さらにこれを記念して公式で期間中この楽曲が条件で開放されるなどといった「ラクリPUCおめでとうキャンペーン」が開催(2/28まで)され、音ゲー界は大きな祭りとなった。

2018年8月10日現在PUC達成者はえつやに加え、CORBY(2018/8/8達成)、さらに1日違いで達成したGGD(2018/8/9達成)、mini(2019/7/28達成)の4名と全員KAC優勝経験者(CORBYはjubeatの個人、団体部門優勝者)であり、現在も暴のさらなる挑戦を待ち構え続けている。

その後、時代が令和となってから最初の、かつVIVID WAVEバージョンアップしてから最初のFLOOR INFECTIONで、まさかのpop'n musicに進出。担当キャラクター残念ながらグレイスではなくレイシスとなっている。最近の譜面のトレンドといえるロングポップが当然のように全譜面に存在しており、SDVXではボスとされてきた曲ではあるが、移植曲の例に漏れずEXは49となっており、本家よりも悪さは抑えられ気味。本家とは違い、途中から強制ダーク(レーンとと判定ラインが見えなくなる)のオジャマがかかることはいが、EXラスト本家GRAVITY再現した、2+8のロングポップ拘束をしながらポップ君を16分交互連打というラス殺し配置が健在。

そしてDDRでもボス曲へ

SINGLE PLAY DOUBLE PLAY
BEGINNER BASIC DIFFICULT EXPERT CHALLENGE BASIC DIFFICULT EXPERT CHALLENGE
5 9 14 18 19 9 14 18 19

2020年2月8日に行われた9thKACDanceDanceRevolution A20の決勝の後、告知されたPOLICY BREAK、そしてFLOOR INFECTION告知にて、DDRに(ΩVERSOULFirestorm共々)移植が決定された。SDVXDDRの同イベントの開催は実に5年強ぶり2度(GUMI楽曲コンテスト3曲、うち1曲は削除済み)であり、しかもDDR側からの移植最強と名高いボス曲であるENDYMIONである事で非常に会場、Youtube実況コメントTwitter共に湧き上がり、当日のTwitterのトレンドにラクリマ、エンディミオン等の話題がトレンドを占拠することとなった。

そして2月28日からのFLOOR INFECTION第38弾で正式に楽曲追加、その後8月6日からのDDR CHALLENGE CRANIVAL PLUSにおいてCHALLENGE譜面が追加された(プレーするにはあらかじめ楽曲を解禁しておく必要がある)。

譜面に関しては楽曲追加時点ですでにEXPERTにおいても869/18ノーツ物量譜面DPに至っては846/12ノーツという譜面最多NOTESかつ足18NOTES数2位となっており、それをBPM236で踏まされるのだからきつい。特にDPSTREAM204というのも相まって、限りなく19に近い18と評されている。

これだけでも充分に酷かったのだが、追加されたCHALLENGE譜面移植曲としては初のLv19譜面であり、かつ速度変化の一切ない楽曲としても初めてのLv19譜面となった。SP譜面EXPERT譜面よりもフリーズアローによる休憩箇所が多いにも関わらず950/13ノーツと大幅に強化されており、ストロンスタイル限界めた結果みたいな譜面に。一応16分の大半は正面で踏めるのが救いだが、ラストValkyrie dimensionの同時が捻りまで込めてくるという人外配置に。Valkyrie dimensionBPM480に対して実質BPM472相当と考えれば、そのヤバさが伝わるであろう。譜面評価の較対ENDYMIONになっている時点で察して欲しい。なお、8/23にBROSONI-(o4ma.)氏によってAAA陥落した。(MISS1まで減少しフルコンも近い)

その一方、DPCHALLENGE譜面も強化されているのではあるが、DPランカーたちの視点によればSPより弱く、ENDYMIONEGOISM 440よりは楽というが聞かれている。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

The 5th KAC オリジナル楽曲コンテスト
入賞作品
雲の彼方
NEO GRAVITY
Candy Colored Hearts
End to end
EMPIRE OF FLAME
The 5th KAC オリジナル楽曲コンテスト
最優秀賞
Lachryma《Re:Queen’M》
この記事を編集する

掲示板

  • 140ななしのよっしん

    2021/02/06(土) 17:30:49 ID: SSV1QLgMnW

    DDRにおけるBEMANI移植曲の潮流を変えたラクリ
    今年は弐寺ポプからも化け物譜面引っ提げて来るだろうか

  • 141ななしのよっしん

    2021/10/07(木) 16:21:08 ID: CYz1Ey5P5U

    更にその後は史上初となるコナステ初のレベル20を冠した続編曲が登場したという…

  • 142ななしのよっしん

    2021/10/07(木) 17:30:10 ID: e69P4WDsp5

    クリマの続編がきた!って騒がれてるけど続編はフリューゲルでしょ?
    むしろフリューゲルの続編じゃないの?《Re:miscense》は

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/23(土) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/23(土) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP