今注目のニュース
お祭りでパトカーが一般開放 → 乗り込んだ少年の護送モノマネが迫真の演技
声優界に風紀の乱れ!? 梶裕貴と竹達彩奈の結婚報道で蒸し返された醜態…
耐性菌を倒せる者はおらぬか!→台所用スポンジ「はい…」

Land of a Thousand Dances単語

ランドオブアサウザンドダンスズ

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

Land of a Thousand Dances (邦題:ダンス天国)は1962年R&Bシンガークリス・ケナー(Chris Kenner)によって書かれた楽曲。Land of a 1000 Dancesとも表記される。60年代のR&Bソウルナンバーるには欠かせない曲である。

どんな曲だっけ?

ナー ナナナナー ナナナナーナナナナナナナナナナー♪
ナー ナナナナー ナナナナーナナナナナナナナナナー♪

概要

この曲は1962年に書かれたクリス・ケナーのヒット作である。テレビCMでもよくにする「ナナナー」のメロディタイトル作者を知らなくても聞いたことがあるという人も多いだろう。しかし、この「ナナナー」のコーラス1965年にCannibal & the Deadhuntersリリースした際に付け加えられたもので、クリス・ケナーが発表したときにはかったコーラスである。

R&Bスタンダードとして現在までに多くのアーティストカバーしているが、特に1966年ウィルソン・ピケット(Wilson Pickett)がカバーしたバージョンが有名(というか、「ダンス天国」といえばこれをすことが多い)。アルバム「The Exciting Wilson Pickett」に収録され、R&Bチャートで1位を獲得、ポップチャートでも最高6位という大ヒットを記録した。このリリースの際にタイトルThousandから1000に変えて発表している。そのために、表記ゆれがあるので調べる際は注意して欲しい。

BGMとして

バラエティ番組「ザ・ベストハウス123」に使われる2回以降の「ワン・ツー・スリー!」のシャウトウィルソン・ピケットバージョンイントロから引用されたもの。毎週見ている人でも知っているのはわずかではないだろうか。

平成教育委員会エンディングBGMで流れているのは1992年カーチ中丸の作詞で発表された「こども天国」で、歌っているのはJAMES日の丸&MOMO-CHANG。もちろんこの曲のカバー(?)である。現在盤でレアだとか。

関連動画

海外

日本

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/25(火) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/25(火) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP