今注目のニュース
田中みな実、番組打ち上げ呼ばれずショック「えっ…」
アンミカ、新人時代に遭遇した「地獄絵図」 ショーで悲鳴が聞こえて…
夜なべしてHTML、おばあちゃんにフォトショをおねだり…… 「キラキラ素材屋さん」管理人が当時を語る

LEXUS単語

レクサス

掲示板をみる(120)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

レクサス (LEXUS) はトヨタ自動車の高級ブランドである。北ヨーロッパアジア中東、中南アフリカオセアニア65で展開されている。

概要

日本では初の日本メーカーによる高級ブランドである。トヨタの1ブランドであり、ディーラーは現存のトヨタ系列のディーラー体となっているものが大半である。値引きなしを原則とし、タクシー用途や暴力団関係者には販売しないとしている。

ディーラーの建物のデザインは統一されており判別がしやすい。また高級ディーラーとしてはしく日本のすべての都道府県ディーラーが存在する。また店舗においては"高級ブランドにふさわしい最高のおもてなし"を志向し、独自の接客マナーなどが設けられている。

ちなみに内展開時に商標でトステム(現・LIXIL)と一騒動あり、自動車側はトヨタ、住宅側はトステムで決着となった。

レクサスができるまで

"優れた信頼性・良好な燃費・安価な値段設定"で北での地位を確固とした日本トヨタはその一にあった。需要拡大途中での1980年代後半のジャパンバッシングこそあれど、消費者の信頼は確固たるものがあったのだ。しかしその一方で、「壊れないが所詮安物の大衆」というイメージがまとわりつく結果ともなり、高級市場への参入は厳しいものとみられていました。今で言うならばヒュンダイが高級を販売するようなもの。では何故レクサスブランドは成功したのか。それはレクサスが戦場としているアメリカでの、レクサス設立当時の高級ブランドの有様から説明しなければならない。

当時のアメリカ合衆国(以下U.S.)では高級=アメリカドリームを掴んだ「勝者のシンボル」であり、高級自体もそれを誇示するかのように重厚かつ威厳のあるものだった。その手の高級を作るのはごく一部の伝統あるメーカー(キャデラックリンカーンなど)に限られ、故障が多くても伝統の名の下に許容される状況が知らぬうちにできあがっていた。ただ、オーナー側はというとそれに対して潜在的不満があったのも事実で、それ以外にも威圧的デザインを好まないオーナーも少なからずいた上に、若年層には名門ブランド=古臭いという図式が知らぬ間に出来上がっていた。[1]

当時高級市場への参入を考えていたトヨタはここにを付け、「日本の優れた経済性と故障のしにくさに旧西ドイツの高級レベルの品質を足した」自動車を作り上げることに成功。それがLS、トヨタ名はセルシオ。これと行してES[2]も作ってたものの、いざ初代ESを売ってみたらトヨタ・カムリOEMと間違われたりすることもあって、初代LS程には売れなかった。
初代ESをに初代LSはマーケティングの優秀さが幸いしU.S.その他々で大ヒット。一度ドイツブランドダンピング[3]を疑われたが、見事払拭した。

ちなみに同時期に前述のホンダ系高級ブランドアキュラ」と、日産系高級ブランドインフィニティ」が立ち上げられ、どちらも高級ブランドとして今もうまくやってる様子。もちろんレクサスも。その一方、レクサスに続いて日本進出を予定していましたがこの2ブランド、どちらも気後退の影白紙撤回している。そちらで販売予定だった種の一部は何故か普通ホンダ日産で売ってたりしている。[4]

なお現在のレクサスはトヨタブランドとの切り離しを的に、「レクサス・インターナショナル」なる社内カンパニーを組織。トヨタから独立した意志決定が速に為されるようになっている。またスピンドルグリルと呼ばれる特徴的なグリルをレクサスの顔とし、以前の地味イメージとは打って変わって、より感情に訴えかける作りをする方針に変化した。

レクサスの日本販売車種 (2019年3月現在)

セダン

クーペ

SUV

コンパクト

Fモデル

販売終了車種

モータースポーツ

日本ではトヨタブランドが強に根付いていたため、レクサスの内でのブランド向上を図って2006年からスーパーGTGT500クラストヨタはレクサスの名で活動することになった。2006年から2013年まではSC430が参戦し、2006、200820092013年タイトルを獲得している(2008年チームタイトルのみ)。2014年からはスピンドルグリルのRC-Fで参戦、高い戦闘力を発揮するもGT-Rに一歩及ばない展開が続いていたが、2016年終戦で逆転タイトルを獲得した。2017年からはLC500が投入され、開幕戦でレクサスの全6チームトップ6を占める歴史勝利を収めた。

その他日本のレクサスとしては、章男社長率いるGAZOOレーシング活動の一環としてニュルブルクリンク24時間レースへのLFAIS-F、RCなどでの参戦が行われている。

においては、レース参戦費より開発費重視だったことや、良い意味で地味イメージを大切にしたこともあり、デイトナ24時間にエンジンチューニングしたものを供給をするのみであった(それでも2006~2008年に3連覇を遂げている)。

しかし章男社長の、これからはレクサスも感情に訴えかけるブランド作りをするという方針から、RC-FのGT3車両が作成された。2014年から開発が続けられ、2017年に満を持してホモロゲ―ションを取得。スーパーGT、IMSA、VLNなどでセミワークス参戦がされることとなった。なおこれらのレース活動も全てレクサスGAZOOレーシングの名の下に行われている。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *ちなみにホンダの高級ブランドアキュラ」がレクサスの数年前にできている
  2. *トヨタでの名はウィンダム日本ではレクサス行きにならずに販売終了。
  3. *商売敵を潰すために採算割れレベルのような安い価格を付けること。
  4. *アキュラTSX(→アキュラ・TLX)→ホンダ・アコードインフィニティ・G(→インフィニティ・Q50)→日産・スカイライン
  5. *ハッチバックアルテッツァジータ。
  6. *3代からは日本専用種に

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/21(土) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/21(土) 13:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP