今注目のニュース
プロ野球選手引退後の職業は…意外にも「会社員希望」が最多
『スーパーロボット大戦』シリーズがPCに進出。『V』および『X』がスイッチとSteamに移植
自称霊能者がもはやギャグ ホラー漫画家による「怪談取材」での苦労話が悲しみの事実

lsi単語

ダイキボシュウセキカイロ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

LSI(Large Scale Integration)とは、大きなICである。日本語では大規模集積回路と言う。

概要

電子工作をした事のある人は分かるかもしれないが、電子回路は元々は1つ1つの抵抗、ダイオードトランジスタ、配線などの部品をハンダ付けして作られていた。

1959年、後に「シリコンバレー」と呼ばれるロバート・ノイスIC(Integrated Circuit, 集積回路)を発明した。これは機の決まった一定の部分を一気に作って複数の部品をまとめて1つの部品に入れたものである。
これによって製品を作る時には、アンプならアンプICアナログ-デジタル変換ならそれ用の、といった半完成の部品を集めてきて組み立てることによって時間とコストの節約になった。

しかし、コンピュータが利用されるようになるにつれ従来のICでは大きく、重く、消費電が大きくなる(回路全体のサイズが大きいほど必要な電も大きくなる傾向がある)と言う問題が出て来た。

そこで、従来複数のICによって作られていた回路をさらにまとめ、1つの部品にしたものがLSIである。

最も初期のLSIは(当時はSSI ICと呼ばれていた)アポロ計画船、及び着陸船の自動制御用のコンピュータに使用された。コンピュータしで軌修正やドッキングを行う事は非常に困難だったからである。
その後はミニットマンミサイルの誘導コンピュータに使用され、大量生産の技術も出来上がった。

LSIよりさらに大きい集積回路はVLSIと呼ばれ、1971年に発売されたIntel 4004マイクロプロセッサが特に有名だろう。
ちなみに、Intelの創業者の1人に前述のロバート・ノイスがいる。

いまではCPUGPUメモリなどパソコン要部品のほとんどがLSI(VLSI含む)を使用しているように現代社会の基幹技術になっている。

関連動画

製造工程が見れる動画(ちょっと古い)
 

沢山もってますねぇ。
 

関連商品


関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP