今注目のニュース
旦那がイケメンすぎてうらやましい女性有名人ランキング
ポップコーンにガーナチョコをかけちゃった!「ガーナポップコーン」関東甲信越や静岡で発売
池袋暴走「ブレーキに異常なし」 飯塚元院長を過失運転致傷の疑いで書類送検

M・HERO単語

マスクドヒーロー

  • 1
  • 0
掲示板をみる(89)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

M・HERO(マスクヒーロー)とは、漫画遊☆戯☆王GX」に登場するカード群である。

概要

遊城十代が、紅葉から受け継いだE・HEROとは異なる自分だけのデッキを作りたいとして使用し始めたカード群。複数のHERO融合させて新たなHERO融合召喚させたE・HEROと異なり、1体のHEROを「マスクチェンジ」で変身させていく「変身召喚」が基本戦術となる。

また、登場当時はOCGにおいて、シンクロ召喚の登場で融合デッキエクストラデッキ称されており(シンクロ召喚自体は世界観の問題からGXには登場しない)、漫画GXでも、融合召喚を行わないこのカード群の登場を称された。

しかし、登場が遅かったこともあり、実際に使用されたのはVSエド、VSアモンVS吹雪(途中省略)の3戦のみで、戦績は1勝2敗、さらに最終戦ではそれまでの経緯からE・HEROデッキを使用していたため、作中ではあまり大きな活躍を上げることはできなかった。
その後、OCGのストラクチャデッキに合わせて漫画版の読み切りがVジャンプに掲載され、十代と紅葉デュエルが描かれた。


マスクドという名前や見たからも、イメージ戦隊ものなどの日本特撮ヒーローだろう。

漫画版の一部のカードでは「M・H」と表記して「マスクヒーロー」とルビを振る省略表記が用いられていた。コミックスではすべて「M・HERO」表記に統一されている。

OCG版

PREMIUM PACK 13」(PP13)で「マスクチェンジ」と対応するM・HERO2体が登場。おおむね原作の特徴は再現されているが、非融合モンスターのM・HEROがOCG化されていないため、変身元はHERO全般が定された。

下級M・HEROが存在しないため、M・HERO単体でのデッキ構築は不可能だが、E・HEROデッキでの展開手段の一つとして活躍できる。「チェンジ」速攻魔法カードによるバトルフェイズ中の追撃やサクリファイスエスケープ(除去されそうになったカードコストにして除去効果を回避する)も魅

PP13で「マスクチェンジ」と剛火、ヴェイパーが登場、PP14でアシッドダイアンが登場。漫画が連載終了したこともあり、これを最後に長らく新規カードは出ていなかったが、「ストラクチャデッキHERO's STRIKE-」でその他のチェンジカードや新規のM・HEROが登場した。

トラクチャデッキの新規カードには、連動した読み切りで登場したものが多いが、読みきり初出でもブラストと闇はストラクチャデッキOCG化されなかった。これらは別の機会にOCG化されている。

現在属性を除く6属性すべてに存在し、属性、闇属性属性には2体存在する。
チェンジ速攻魔法をサーチする「E・HERO シャドー・ミスト」、そこから変身でき、相手墓地の除外効果を持つ「M・HERO ダークロウ」が強で、また、変身元のモンスターに制限のない「マスクチェンジセカンド」の存在から、HERO以外のデッキにも投入可

各M・HEROの詳細

レベル6融合モンスター

M・HERO 剛火

6/ATK 2200/DEF 1800
自分の墓地HERO×100P攻撃アップする
漫画版)

融合・効果モンスター
6/炎属性/戦士族/ATK 2200/DEF 1800
このカードは「マスクチェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる。
このカードの攻撃は、
自分の墓地の「HERO」と名のついたモンスターの数×100ポイントアップする。
OCG版)

墓地HEROに応じて攻撃を上げる。
十代VSエドで登場。「マスクチェンジ」によって「M・HERO 烈火」から変身召喚。作中初の変身召喚だった。
墓地に2体のHEROがあることにより攻撃200ポイント上げて攻撃したが、「聖なるバリア-ミラーフォース-」を発動されたため、効果を回避すべく「フォーム・チェンジ」で「M・HERO ヴェイパー」へさらに変身した。


OCGでは、召喚条件が付いた点を除けばそのまま再現された。
属性のM・HEROはこのカードしかないので、炎属性モンスターから変身するならばこのカードしか選択肢がないが、効果はあまり強なものではない。攻撃上昇にを向けるにしても、容易に攻撃3000以上を叩きだせる「M・HERO 牙」などがあるうえ、「ミラクル・フュージョン」などの、墓地HEROを除外するカードとの相性も良くない。

フォーム・チェンジ」による変身先としても、選択肢に困らないだけのレベル6のM・HEROは存在するので、強いてこのカードを選ぶ意義はあまりない。HEROデッキ自体がエクストラデッキの取捨選択を要されるため、このカードを入れるくらいならばほかのカードを入れたほうが良いということになりがち。

M・HERO ヴェイパー

6/ATK 2400/DEF 2000
このカード戦闘以外では破壊されない
漫画版)

融合・効果モンスター
6/属性/戦士族/ATK 2400/DEF 2000
このカードは「マスクチェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる。
このカードカードの効果では破壊されない。
OCG版)

効果破壊耐性を持つ。
十代VSエドで登場。自身の効果で「なるバリアミラーフォース-」の効果を回避した。その後もエドのライフを1度は0にするなど、活躍を見せたが、「ヒーローソウル」の効果でエドはライフ0から立て直し、最終的には「V・HERO アドレイション」によって攻撃を下げられ、攻撃を受けて十代の敗北となった。

攻撃名は「フリアティクエクスプロジョン」(英:phreatic explosion、「水蒸気爆発」の意)。

ヴェイパー(英:vapor)は、「蒸気」の意。


OCGでもほぼそのまま再現されている。
効果破壊耐性を持っているため、相手の全体除去などにチェーンしてチェンジ速攻魔法を発動しこのカードを出せば、破壊を回避できる。同じ属性には魔法除去効果を持つ「M・HERO アシッド」もあるので、必要によって使い分けたい。

M・HERO ダーク・ロウ

6/ATK 2400/DEF 1800
テキストなし)
漫画版)

融合・効果モンスター
6/闇属性/戦士族/ATK 2400/DEF 1800
このカードは「マスクチェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードモンスターゾーンに存在する限り、
相手の墓地へ送られるカード墓地へは行かず除外される。
(2):1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外で
デッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選んで除外する。
OCG版)

漫画では特に効果がなかったらしい。
十代VSアモン戦で登場。「M・HERO ダスク・クロウ」を「マスクチェンジ」で変身させ、「ダブルアタック合体攻撃)」で「M・HERO アシッド」とともに「The Despair Uranus」へ攻撃した。


OCGでは2つの効果が追加。前者は「封印イヌン」などの効果を封じられる、後者アモンが多用した「封印の言」サーチへの対抗策と、両方とも一応はアモンの封印デッキへのメタ効果になっている。

サーチ対策、相手の差別除外と、非常に強な効果を持っている。変身元にも「E・HERO シャドー・ミスト」など、扱いやすいカードが多い。「マスクチェンジセカンド」を利用すればHERO以外からも変身であるため、M・HEROの中でも特に使いやすいカード

M・HERO ブラスト

6/ATK 2200/DEF 1800
テキストなし)
漫画版)

融合・効果モンスター
6/属性/戦士族/ATK 2200/DEF 1800
このカードは「マスクチェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターの攻撃を半分にする。
(2):1ターンに1度、500LPを払い、
相手フィールド魔法カード1枚を対として発動できる。
そのカードを持ちの手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
OCG版)

漫画版のテキスト欄には何も書いていないが、「召喚した時相手場上のモンスター一体の攻撃を半分にする」効果を持つ。

特別読みきりのVS紅葉戦で登場。「M・HERO ガスト」が「E・HERO オーシャン」の攻撃を受けた際に「マスクチェンジ」で変身召喚され、オーシャンの攻撃を半減させた。
しかし、紅葉が「E・HERO ジ・アース」を融合召喚したため、十代は次のターンに「マスクチェンジセカンド」で「M・HERO カミカゼ」へと変身させた。


OCGでは相手の魔法を手札に戻す効果が追加された。

(1)の効果で攻撃4400までのモンスターを相手にできる。(2)の効果は魔法を手札に戻す効果。相手ターンでも使えるので、相手エンドフェイズに使うことで、そのターンセットしたカードを使わせない、いわゆるエンドサイクのように扱える。

M・HERO 光牙

漫画ではレベル6だが、OCGレベル8に変更されたため、レベル8融合モンスターの項で扱う。

レベル8融合モンスター

M・HERO アシッド

8/ATK 2600/DEF 2100
召喚時、相手場上の魔法をすべて破壊し
相手モンスターの攻撃300P下げる
漫画版)

融合・効果モンスター
8/属性/戦士族/ATK 2600/DEF 2100
このカードは「マスクチェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる。
このカードが特殊召喚に成功した時、相手フィールド上の魔法カードを全て破壊し、
相手フィールド上の全てのモンスターの攻撃300ポイントダウンする。
OCG版)

特殊召喚成功時に魔法を除去し相手モンスター弱体化させる。
十代VSアモンで登場。
マスクチェンジセカンド」で「M・HEROファウンティン」から変身召喚。効果で魔法を除去し、さらに「封印ニブヌ」を弱体化させて戦闘破壊した。その後もフィールドに残り続け、最後には「ダブルアタック合体攻撃)」で「M・HERO ダークロウ」とともに「The Despair Uranus」へ攻撃した。

攻撃名は「Acid burret」、効果名は「Acid rain」。


OCGでもほぼ再現された。「ハーピィの羽根帚」に近い除去効果は魅的。「E・HERO アブソルートZero」と組み合わせれば相手フィールドをほぼ全に一掃できる。

M・HERO ダイアン

8/ATK 2800/DEF 3000
このカードが敵モンスターを破壊した時、デッキから
4以下のモンスター1体を特殊召喚する
漫画版)

融合・効果モンスター
8/地属性/戦士族/ATK 2800/DEF 3000
このカードは「マスクチェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる。
このカード戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
デッキからレベル4以下の「HERO」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。
OCG版)

戦闘破壊を条件に下級モンスターを特殊召喚できる。
十代VS吹雪で登場。「M・HERO バソール」を「マスクチェンジセカンド」で変身させ、「シンセサイズスフィア」を破壊したことで効果発動。「ハネクリボー」を特殊召喚した。
このカード自体はその後デュエル終了までそのままフィールドに残っている。

攻撃名は「ディスバーション」。


OCGでは特殊召喚できるのが「HEROモンスターに限定された。
バトルフェイズ中に追撃するために使える。ほかにも、「E・HERO シャドー・ミスト」を出せばすぐにほかのM・HEROを特殊召喚できる。

M・HERO カミカゼ

8/ATK 2700/DEF 1900
相手モンスターを破壊した時デッキから1枚ドローできる
漫画版)

融合・効果モンスター
8/属性/戦士族/ATK 2700/DEF 1900
このカードは「マスクチェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカード戦闘では破壊されない。
(2):このカードモンスターゾーンに存在する限り、
相手はバトルフェイズモンスター1体でしか攻撃できない。
(3):このカード戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
OCG版)

読みきりの十代VS紅葉で登場。
マスクチェンジセカンド」で「M・HERO ブラスト」から変身召喚され、「E・HERO ジ・アース」へ攻撃したが、「エレメントカウンター」で攻撃を止められた。その後「E・HERO ガイア」の攻撃を受けた際には「緊急隔」で戦闘破壊を防いだ。
最終的には、「E・HERO Core」の攻撃を受けて破壊された。

作中では破壊耐性のある相手への攻撃しかできなかったため、ドロー効果は1度も使用されなかった。


OCGでは「緊急隔」を内蔵したような戦闘破壊耐性とモンスターの攻撃を制限する効果が追加された。
攻撃制限+戦闘破壊耐性で攻撃に対しては強く、攻撃も結構高い。また、ドロー効果を持っておりアドバンテージを得ることができる。

M・HERO 光牙

漫画ではレベル6だが、OCGではレベル8なのでこちらで扱う。

6/ATK 2200/DEF 1800
相手場上のモンスター×500P攻撃アップする
漫画版)

融合・効果モンスター
8/属性/戦士族/ATK 2500/DEF 1800
このカードは「マスクチェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃は相手フィールド上のモンスターの数×500アップする。
(2):1ターンに1度、自分の墓地の「HEROモンスター1体を除外し、
フィールドの表側表示のモンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターの攻撃ターン終了時まで、
この効果を発動するために除外したモンスターの攻撃ダウンする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
OCG版)

読みきりの十代VS紅葉で登場。
マスクチェンジ」で「M・HERO レイ」から変身召喚され、紅葉の場に2体のモンスターがいることで攻撃1000アップさせ、「E・HERO ジ・アース」へ攻撃したが、「高位次元ガード」で戦闘破壊はできなかった。その後、「E・HERO Core」の効果を受けて破壊された。

攻撃名は「レイザー・ファング」。


OCGでは墓地HEROモンスターの攻撃モンスターの攻撃を下げる効果が追加された。また、攻撃の数値が300上がり、レベルも8になった。
モンスター相手なら最低攻撃3000から、さらに相手モンスターの攻撃も下げられると、戦闘に関しては強モンスター

M・HERO 闇鬼

8/ATK 2800/DEF 1200
テキストなし)
漫画版)

融合・効果モンスター
8/闇属性/戦士族/ATK 2800/DEF 1200
このカードは「マスクチェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる。
「M・HERO 闇」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは直接攻撃できる。その直接攻撃で相手に与える戦闘ダメージは半分になる。
(2):このカード戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
デッキから「チェンジ」速攻魔法カード1枚を手札に加える。
OCG版)

読みきりの十代VS紅葉で登場。
モーメントマスクチェンジ」で手札の「M・HERO ダスク・クロウ」から変身召喚。そのまま「E・HERO ジ・アース」へ攻撃した。その後、「E・HERO Core」の効果で破壊された。


OCGでは直接攻撃できる効果と、モンスター戦闘破壊した時に「チェンジ」速攻魔法をサーチできる効果が追加された。

直接攻撃可な効果を持つが、ダメージが半分になり(2)の効果との相性も悪いため、とどめの一撃などで使用するのがとなる。
(2)の効果は「チェンジ」速攻魔法のサーチ。「フォーム・チェンジ」などを使えば、バトルフェイズ中に追撃が可

「M・HERO ダークロウ」にべて攻めに強いタイプカード

非融合モンスター(未OCG)

チェンジカードによって変身する前のM・HEROたち。全てOCG化されていない。

M・HERO 烈火

4/ATK 1600/DEF 1000
テキストなし)
漫画版)

十代VSエドで十代が最初に召喚したモンスター
そこそこある攻撃で序盤にアタッカーとして活躍。一度は「V・HERO ミニマム・レイ」に破壊されたものの、「破損した仮面」で復活し、「マスクチェンジ」で「M・HERO 剛火」に変身した。

読み切りの十代VS紅葉では、手札から「融合」で「C・HERO カオス」の融合素材となった。

M・HERO バソール

3/ATK 1000/DEF 700
テキストなし)
漫画版)

カード上には書いていないが、作中で地属性と明言されている。

十代VSエドで初登場。序盤に召喚され「V・HERO マルティプリ・ガイ」を戦闘破壊したが、大きな活躍もないまま「V・HERO ミニマム・レイ」に戦闘破壊された。
十代VSアモンでは、「マスクチェンジセカンド」のコストとして手札から捨てられた。
十代VS吹雪でようやく変身成功、「マスクチェンジセカンド」で「M・HERO ダイアン」へと変身した。

読み切りの十代VS紅葉では、手札から「融合」で「C・HERO カオス」の融合素材となった。

活躍のほどはともかく、4戦すべてで使用されている。
レベルの都合上、「マスクチェンジ」からは変身できないため扱いにくいように見えるが、登場しなかっただけでレベル5のM・HEROもあるのだろうか。

M・HERO ダスク・クロウ

4/ATK 1200/DEF 1000
テキストなし)
漫画版)

カード上には書いていないが、作中で闇属性と明言されている。

十代VSエドが初出。終盤に召喚され「V・HERO ポイズナー」を戦闘破壊したが、「V・HERO ウィッチレイド」の攻撃を受けて破壊された。
十代VSアモンでも登場。下級モンスター戦闘破壊していたが、「The Despair Uranus」に戦闘破壊された。最終的に「破損した仮面」で復活し、「マスクチェンジ」で「M・HERO ダークロウ」へと変身した。
十代VS吹雪では手札にあったが最後まで使用されなかった。
読み切りの十代VS紅葉では、「マスクチェンジセカンド」のコストとして墓地へ捨てられた後、「マスク・チャージ」の効果で回収され、「モーメントマスクチェンジ」で墓地へ送って、「M・HERO 闇」へと変身した。

ダスク(英:dusk)は、「夕闇」の意。

M・HERO ガスト

4/ATK 1500/DEF 1600
テキストなし)
漫画版)

十代VSアモンで登場。
後攻1ターンに召喚され、「封印イヌン」を戦闘破壊したが、「封印ニブヌ」に戦闘破壊された。しかし、これをトリガーに「アージャント・ライン」を発動した。
読み切りの十代VS紅葉でも登場。冒頭ですでに召喚されており、「E・HERO オーシャン」の攻撃を受けた際に「マスクチェンジ」で「M・HERO ブラスト」へと変身した。

ガスト英:gust)は、「突」の意。

M・HERO ファウンティン

4/ATK 1000/DEF 1400
テキストなし)
漫画版)

カード上には書いていないが、作中で属性と明言されている。

十代VSアモンで登場。
「アージャント・ライン」で特殊召喚され、「マスクチェンジセカンド」によって、「M・HERO アシッド」へと変身した。

ファウンティン(英:fountain)は、「噴」、「」の意。

M・HERO レイ

4/ATK 1800/DEF 200
テキストなし)
漫画版)

読み切りの十代VS紅葉で登場。
召喚され、直後に「マスクチェンジ」で「M・HERO 牙」へと変身した。

M・HEROに関するカード

「チェンジ」速攻魔法カード

E・HERO シャドー・ミスト」、「マスク・チャージ」の効果で定されている。シャドー・ミストそのものについては当該記事を参照。
偶然含まれてしまった「スターチェンジャー」、「ギアギアチェンジ」を除けば全てM・HERO関連のカード

OCG化されていない「チェンジ」速攻魔法に、アニメGXで登場した「コードチェンジ」がある。

E・HERO シャドー・ミスト
効果モンスター
4/闇属性/戦士族/ATK 1000/DEF 1500
E・HERO シャドー・ミスト」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、
いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「チェンジ」速攻魔法カード1枚を手札に加える。
(2):このカード墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「E・HERO シャドー・ミスト」以外の
HEROモンスター1体を手札に加える。
OCG版)

マスク・チェンジ

魔法カード
場上のM・HERO1体を墓地に送り、同じ属性
2つ上までのM・HEROをエクストラデッキから変身召喚する
漫画版)

速攻魔法
(1):自分フィールドの「HEROモンスター1体を対として発動できる。
そのモンスター墓地へ送り、そのモンスターと同じ属性
「M・HERO」モンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
OCG版)

M・HEROの最も基本的な変身カード
M・HERO初登場となる十代VSエドから使用されている。

OCGでは、レベルの制限がなくなって強化されている。

マスク・チェンジ・セカンド

魔法カード
手札を1枚捨て、場上の「M・HERO」1体を同じ属性8「M・HERO」に変身召喚する
漫画版)

速攻魔法
マスクチェンジセカンド」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札を1枚捨て、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスター墓地へ送り、そのモンスターよりレベルが高く
同じ属性の「M・HERO」モンスター1体を、
マスクチェンジ」による特殊召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
OCG版)

手札コストが追加された代わりに、下級M・HEROから一気にレベル8へ変身召喚できるようになった。
十代VSアモンで初登場。

OCGでは先に登場した「マスクチェンジ」がレベル制限がないためにこのカード上位互換となっており、長らくOCG化されなかったが、「ストラクチャデッキHERO's STRIKE-」で、効果を大きく変えてOCG化。
変身元のモンスターは何でもよくなったため、HEROデッキ以外でも利用可。「精操作」などでコントロールを奪ったモンスターに対して使用することも可

何と言っても強ダークロウHERO以外でも使えるというのが大きく、手札コストが苦にならない【彼岸デッキなどで使用されたことから、2016年4月1日に制限カード定された。

フォーム・チェンジ

魔法カード
自場上のM・HEROをエクストラデッキに戻し
数のM・HEROを変身召喚する
漫画版)

速攻魔法
(1):自分フィールドの「HERO融合モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターエクストラデッキへ戻し、
そのモンスターの元々のレベルと同じレベルカード名が異なる
「M・HERO」モンスター1体を、「マスクチェンジ」による特殊召喚扱いとして
エクストラデッキから特殊召喚する。
OCG版)

レベルを上げる効果のマスクチェンジ2枚と異なり、こちらは同じレベルの間で入れ替える。
十代VSエドで登場。「M・HERO 剛火」を「M・HERO ヴェイパー」に変身させることで、エドの「聖なるバリア-ミラーフォース-」の効果を回避した。

OCGでは戻すモンスターの範囲が「HERO」全般に広げられた。
M・HERO間での取り換えだけでなく、融合E・HEROなども活用できる。「E・HERO アブソルートZero」との相性もいい。

モーメント・マスク・チェンジ(未OCG)

魔法カード
バトル中手札のM・HERO1体を墓地に送り
そのM・HEROと同じ属性8のM・HEROを変身召喚する
漫画版)

発動タイミングは制限されているが、手札のM・HEROから変身召喚できる。

特別読みきりの十代VS紅葉戦で登場。
手札の「M・HERO ダスク・クロウ」を「M・HERO 闇」へと変身召喚させた。

スター・チェンジャー

速攻魔法
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
そのモンスターレベルを1つ上げる。
そのモンスターレベルを1つ下げる。

「GENERATION FORCE」で登場した速攻魔法
全なOCG初出のカードでM・HEROとの関連は全くないが、たまたまチェンジ」と名のついた速攻魔法であったため、「E・HERO シャドー・ミスト」、「マスク・チャージ」の効果を受けられるようになった。しかし、M・HEROとかみ合う効果ではないため実用性はほぼない。

ギアギアチェンジ

速攻魔法
ギアギアチェンジ」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の「ギアギアーノ」モンスター2体以上を
として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを特殊召喚し、
そのモンスターのみを素材としてXモンスター1体をX召喚する。

クラッシュオブリベリオン」で登場した速攻魔法
スターチェンジャー」以上にM・HEROとの関連性がなく、他カテゴリサポートカードである。理やりにでも使いを見いだせそうな「スターチェンジャー」と違い、サーチできたところで本当にどうしようもない。

その他のカード(OCGに存在するもの)

上に挙げた以外で「M・HERO」モンスターに関するテキストを持つカード

C・HERO カオス

9/ATK 3000/DEF 2600
このカード属性「光」としても扱う
場上のカード1枚の効果を効にする
漫画版)

融合・効果モンスター
9/闇属性/戦士族/ATK 3000/DEF 2600
「M・HERO」モンスター×2
このカードルール上「E・HEROモンスターとしても扱う。
このカード融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードモンスターゾーンに存在する限り、この属性「光」としても扱う。
(2):1ターンに1度、フィールドの表側表示のカード1枚を対として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
OCG版)

M・HERO2体を融合変身させたHERO
読み切りの十代VS紅葉で登場。手札の「M・HERO バソール」と「M・HERO 烈火」を「融合」した。ここで漫画は終了してしまったため、残念ながらこのカードの活躍は描かれなかった。

名前のC・HEROは「コントラストヒーロー」と読む。

OCGではE・HEROとしても扱うテキストが追加された。これにより「ミラクル・フュージョン」などによる融合召喚も可になったが、OCGには非融合のM・HEROが存在しないため、融合素材をそろえにくい。

マスク・チャージ

魔法カード
墓地のM・HERO1体とマスクチェンジ1枚を手札に加える
漫画版)

通常魔法
(1):自分の墓地の、「HEROモンスター1体と
チェンジ」速攻魔法カード1枚を対として発動できる。
そのカードを手札に加える。
OCG版)

M・HERO版「融合回収」とでもいう効果。
読み切りの十代VS紅葉で登場。墓地の「M・HERO ダスク・クロウ」と「マスクチェンジ」を回収した。

OCGでは非融合のM・HEROが存在しないこともあってか、HERO全般と「チェンジ」速攻魔法に回収対が広げられた。

未OCG化のサポート

漫画GXに登場し、2014年6月現在OCGに存在しないM・HEROに関するテキストを持つカード
現状のOCGのM・HEROだけでは、「破損した仮面」、「アージャント・ライン」は使用不能

破損した仮面

カード
墓地のM・HERO1体を特殊召喚する
ターン終了時、破壊される
漫画版)

墓地のM・HEROをそのターン限定で生させるカードデメリット回避のためにチェンジカードでそのターン中に変化させるのが基本戦術。また、OCGでは不可能だが、漫画版ならば「M・HERO ヴェイパー」を特殊召喚してエンドフェイズデメリット回避が可だと思われる(実際に行う場面はなかったが)。

十代VSエドで使用。「M・HERO 烈火」を復活させた。
十代VSアモンで再登場。「M・HERO ダスク・クロウ」を復活させた。

マスク・ファンクシャン1

魔法カード
自場にM・HEROがいる時
相手モンスター1体の効果は発動できない
漫画版)

M・HEROの存在を条件に相手モンスター1体の効果発動を封じる。
十代VSアモンで登場。「M・HERO ガスト」が存在することにより、「封印イヌン」の効果発動を封じたが、アモンは同じ効果を得られるカードに隠された言」も用意していたため、結局、「封印の言」サーチは封じられなかった。

様子を見るに、墓地で発動する効果も封じられるらしい。

ファンクシャン英:function)は、「機」の意であり、名前はマスクの機その1といった意味だろうか。
しかし、ファンクシャン2以降は作中に登場しなかった。一応、相手モンスター"1"体の効果を封じるから1と解釈することもできる。

アージャント・ライン

カード
戦闘でM・HEROが破壊された時、デッキから
4以下のM・HERO1体を特殊召喚する
漫画版)

M・HERO版「ヒーローシグナル」と言ったところだが、戦闘破壊されるモンスターにも制限があるのが相違点。
十代VSアモンで登場。「M・HERO ガスト」の戦闘破壊をトリガーに発動し、「M・HERO ファウンティン」を特殊召喚した。

ダブル・アタック(合体攻撃)

魔法カード
M・HERO2体でモンスター1体に攻撃できる
攻撃は2体の合計値になる
漫画版)

M・HERO2体で同時に攻撃する。
十代VSアモンで登場。「M・HERO アシッド」と「M・HERO ダークロウ」で「The despair Uranus」へ攻撃した。

2体による合体攻撃の名称は「M・HERO DOUBLE ATTACK」。

モンスター2体で1体に攻撃をするというOCGではまず再現できない効果を持つ。
類似効果を持つカードとして、漫画Rでは「ユニオンアタック」が登場していた。そちらはOCG化されているが、モンスター1体の攻撃をほかのモンスターの攻撃アップという形で再現している(これだとR作中の「邪神アバター攻略法が再現できないが)。
ほかにも「マジシャンズ・クロス」、「ブレイブアタック」など、2体以上のモンスターを合わせて1体のモンスター戦闘させる効果は、OCG以外ではそれなりに存在している。

カタカナ表記の後にわざわざかっこ()をつけて補足するというわけのわからないカード名。かっこ()を使うカード名と言うのはしい(かぎかっこ「」や二重かぎかっこ『』は例がある)。しかし、漫画GXでは「ドゥラビリティ耐久)」、「プレデション(予言)」と、似たようなカード名のカードも存在する。
OCGには「ダブルアタック」というカードも存在するが、そちらは2回攻撃効果で、これとは関係ない。

HEROの関連カード

M・HEROもHEROであるため、「HEROモンスター定する効果は当然M・HEROも含まれる。ただし、融合モンスターしかいない性質上、一部のカードは対外。

数が多いうえにM・HEROとの関連が薄いものも多いため、ここでは名前を挙げるに留める。
大百科内に記事があるものは当該記事を、ないものは公式サイトのデータベースexit遊戯王カードWikiexitなどを参照。

M・HEROが範囲内となるHERO関連のテキストを持つカード


参考までに、事実上M・HEROが範囲外になるのは以下。
デッキや手札などの融合モンスターが存在しえない場所を定するもの。

関連動画

関連商品

M・HERO

「チェンジ」速攻魔法

その他

関連項目

掲示板

  • 87ななしのよっしん

    2018/08/15(水) 00:40:17 ID: 8rxWbIdsF5

    ワンダドライバー追記して

  • 88ななしのよっしん

    2019/04/24(水) 06:20:43 ID: 8rxWbIdsF5

    X・HEROが作成されました。

  • 89ななしのよっしん

    2019/10/18(金) 19:21:34 ID: bF0prWNzS+

    新規装備魔法(フェイバリットヒーロー)、みんなダークロウから魔鍾洞出すことしか考えてなくて

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/12(火) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/12(火) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP