今注目のニュース
プロ野球選手引退後の職業は…意外にも「会社員希望」が最多
見なくなった「2000円札」に店員が“偽札”疑い? 沖縄では10年で流通数倍増
迷子の犬や猫を救え!アメリカのピザ屋がピザの箱に迷子ペットのチラシを貼って宅配するという試みが開始される

M24チャーフィー単語

エムニジュウヨンチャーフィー

掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

M24チャーフィーとは、アメリカ軍第二次世界大戦において開発・運用した軽戦車である。
チャーフィーは称で、アメリカ軍で機甲部隊の発展に尽し、「機甲部隊の」と呼ばれたアドナ・R・チャーフィー・ジュニア少将の名前を由来とする。

概要

 それまでのアメリカ軍戦車とは異なり、機甲作戦における広範囲の任務に対応できる汎用な戦車として開発された。新40口径75mmと避弾経始を考慮した装甲を持ち、大戦期の軽戦車としてはかなり高性である。そしてなによりカッコイイ

 第二次世界大戦では実戦配備の遅さから少数が実戦を経験するに留まった。朝鮮戦争にも参加するが、こちらではT-34-85に苦戦を強いられ、戦後開発のM41軽戦車に役を譲ることとなる。日本警察予備隊(後の自衛隊)にも重装備として供与され、自衛隊では1974年まで現役だった。

開発経緯

 開発の原因は1942年の北アフリカにおけるドイツ軍イギリス軍の戦いに遡る。この戦いにおいてイギリス軍はアメリカから借りたM3スチュアート戦闘任務に投入したが、ドイツ軍ボコボコにされてしまったM3スチュアート37mmでは対戦車でも対歩兵でも火力不足であり、防御も十分でないことが露呈したのである。

 この結果を受けて、アメリカ軍の新戦車には「75mmクラスとより強固な装甲」が要された。しかし、この要開発中だったT7戦車にねじこんだ結果、武装変更や装甲強化などの設計変更で重量が25トンに増大してしまう。最終的にT7戦車はM7戦車として採用されるも、中途半端な性だったため僅か7両が生産された時点で注文をキャンセルされてしまった。その後、M7中戦車レイアウトM5スチュアートの駆動系を組み合わせた新のT24軽戦車が開発されることとなり、これがM24チャーフィーとなる。

 M24チャーフィーはキャディラック社製自動変速機とトーションバー方式のサスペンションを搭載し、オフロードでの高い機動性と操縦性を得ている。装甲は最大で25.4mmとM3スチュアートM5スチュアート(両方とも最大50mm)と較しても薄いが、避弾経始を考慮した形状とすることで防御を確保した。にはM4シャーマンと同じ弾を使用可で、よりコンパクト40口径75mmM6を採用し、軽戦車としては破格の火力を確保している。

 1943年後半に試作車両完成1944年3月には量産が開始され、大戦終結までに4000両以上が生産された。

実戦

 1944年末からヨーロッパアメリカ軍戦車部隊にM5スチュアートの代替として配備され始め、「バルジの戦い」にも参加している。戦車部隊にはおおむね好評で、オフロードでの機動性や信頼性、そして特に新75mmが好まれた。M24チャーフィーは積極的に敵戦車と戦うような運用はされなかったが、それでもドイツ軍戦車と戦わざるを得ない状況になった時、この75mmはとても頼りになったのである。と言うか、今までの軽戦車に積まれていた37mmが豆すぎたと言うべきか。実際、ドイツ軍4号戦車を撃破した例も存在する。

 一方で、それまでのずんぐりむっくりなアメリカ軍戦車とは全く異なるスマートなシルエットだったため、鹵獲兵器でもいのに味方の部隊から敵戦車だと誤認されて攻撃された事もある。パンサー・パプス()」なんてあだ名までつけられたり。

 配備が遅かったこともあり(大戦中にM24チャーフィーを受け取れなかった戦車部隊もあるくらい)、第二次世界大戦中は少数が実戦を経験するにとどまった。その後、朝鮮戦争にも参加するが、T-34-85に苦戦。戦後開発された後継のM41軽戦車に後を譲った。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP