M4カービン単語

エムヨンカービン

  • 5
  • 0
掲示板をみる(112)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

M4カービン(Model 4 Carbine)とは、コルト社アメリカ特殊作戦軍(通称:SOCOM)の要請を受け、M16A2を基に開発したカービンモデルである。現在では、コルト社の純製は元より、他社で生産された「M4クローン」と呼ばれるものまで、M16カービンモデル全般に用いられている。

世界中の軍、警察機関で使用されており、民間分野でも最も人気のあるアサルトライフルの1つである。

概要

カービン(英:Carbine)」とは、本来、騎兵上で扱うことを考慮して全長を切り詰めた小銃のことで、現代ではもっぱらアサルトライフルの全長を短縮した「アサルトカービン」のことをす。小で持ち運びやすく、取り回しが良い反面、反動・マズルブラスト・発射音がしくなったり、命中精度が落ちたりという欠点も持ち合わせている。

「M4カービン」は1942年にアメリカ軍が採用したM1カービンから続く4番の制式採用カービンを意味しており、それまでのM1カービンM2カービンM3カービン(これらは全て同じバリエーション)が1973年に軍から退役して実に25年後の1998年アメリカ軍に採用された。

開発までの経緯

M4カービンを始めとするM16カービンの始まりは、半世紀前のベトナム戦争にまで遡る。

全ての始まり ~CAR-15 サブマシンガン~

ベトナム戦争中、色々あって小銃が7.62×51mm NATO弾を用いるバトルライフルの「M14」に代わって、5.56×45mm NATO弾を用いるアサルトライフルの「M16」に更新された。(詳細はM16の項を参照のこと。)

アーマーライト社が開発したM16は、プラスチックアルミなどの軽合を多用し、それまでの7.62×51 NATO弾より小さく軽い5.56×45mm NATO弾を採用したことにより、M14などの従来ライフルより大幅に軽量することが出来た。M14べて射程距離は短くなったものの、軽量で短くなった全長によりジャングルでの取り回しはM14よりも優れており、現場の歩兵からは非常に喜ばれた。
しかし、特殊部隊指揮官工兵砲兵・通信兵などの技兵、車両航空機の乗員からは、より小で取り回しやすいカービンめられていた。

アーマーライト社からM16の製造権を買い取ったコルト社ではこれを見越して、M16A1を切り詰めたカービンモデル「CAR-15 サブマシンガン(M607)」を開発していた。M607は米軍特殊部隊によりテストされたものの、身を半分近くにまで切り詰めたうえフラッシュハイダーは元のM16A1から変更されなかったため、、マズルフラッシュ反動が酷く、おせじにも扱い易いとは言い難かった。
また、身を切り詰めたせいで命中精度も低下しており、ストック現在M4で使用されているテレスピックストックではなく、単にM16の固定ストックの根元を伸縮できるようにしただけのものであり耐久性が低かったため、結局試験運用に留まり、制式採用されることはなかった。

余談だが、その昔東京マルイが「CAR-15」の名前で販売していた電動ガンモデルはコレである。

M16系カービンの始祖 ~XM177/GAU-5シリーズ~

プロトモデルについては別記事があるのでこちらも参照。 → XM177

これらM607で判明した問題点を善したのが「CAR-15コマンドー(M609/610)」である。M609/610では大フラッシュハイダーを採用し、ストックも従来の脂製ストックから、新設計の簡素な金属製テレスピックストックを採用しており、扱いやすさが善されている。

M609/610は、陸軍に「XM177E1」、空軍に「GAU-5/A」として仮採用され、前線部隊に配備されていった。のちに小良を施した「M629/649」が開発され、陸軍で「XM177E2」として仮採用、空軍では「GAU-5A/A」として制式採用した。身を切り詰めたことで、射程と命中精度が低下したものの配備された前線部隊での評価は上々だったようである。陸軍XM177は前線部隊で広く使用されたが、最後まで正式採用されず、「X」の名前は外されなかった。

M16系カービンの地位確立 ~M727/733~

1982年アメリカ陸軍は老朽化したM16A1を更新する為、大幅に修を加えた「M16A2」を制式採用した。

コルト社は、M16A2をもとに新たなカービンモデル「M723/725」を開発。さっそくアメリカ特殊作戦軍に提出したが、実際に運用してみた兵士の評価は散々だった。当時、M16用に開発されていたアドオングレネードランチャーM203」を装着することが出来なかったからである。そのため軍からの発注も少数に留まった。

同時期、コルト社にはアラブ首長国連邦(通称:UAE)から「M16A2を基にM203を装着できるように良を加えたモデル作ってよ!」という注文を受け、新カービンライフル「M727/733」を開発した。これらのモデル発注元であるUAE首都から「アブダビカービン」と呼ばれた。

M727/733は、それまでのM16カービンの集大成ともいえる存在であり、較的高い性を有していた。そのため、ブラックホーク・ダウンで描かれた「ソマリア・モガディシオの戦い」や「パナマ侵攻」など、1980~90代に米国が関わった紛争・戦争において特殊部隊が好んで使用した。

M16系カービンの頂点 ~M4カービン~

アメリカ軍では、特殊部隊にM727/733の配備を進めると共に、新カービンの開発に着手。M727を基にして各種良を加えた「M4カービン」を開発した。

M4は、それまでM16系の徴とも言える存在だったレシーバー上部のキャリングハンドル(持ち手)を着脱式にし、代わりにレシーバー上部に各種アクセサリーを装着できる20mmマウントレールを設け、ストックに強化リブを追加するなど細かな部分で良が加えられている。また、特徴の1つでもある14.5インチのバレル長は、XM177以来のM16カービンの運用ノウハウから割り出されたもので、火力・命中精度と取り回しやすさを両立する最適なバレル長とされている。ただし、M16より短くなった身は過熱がいという問題も摘されている。

しかし、それを考慮した上でもその完成度の高さから、陸空軍特殊部隊に広く配備されている。なお、現在では一般部隊への配備もなされており、陸軍ではM16A2に代わってM4ライフルとなっている。

スペック・特徴

スペック
全長 850.9mm
重量 3.4kg (マガジンなし)
身長 370mm
機構 リュングマン方式
(ダイレクトインピンジメント)
口径・弾薬 5.56mm NATO弾
装弾数は30
有効射程 500m

全長は850.9mm、重量はマガジンしで3400g。

5.56×45mm NATO弾を使用し、発射速度700-900発/分、装弾数は基本的に30発。

M16A2からの変更点として、伸縮式ストック床)を標準搭載している。これにより固定ストックだったM16とは違って、使用者自身がストックを自分の体格に合わせた長さに調整できるようになった。

また、身が短くなったことでより狭い場所での戦闘もできるようになった(近年の銃撃戦での有効射程について研究されたところ、「あれ?もしかして今よりさらに短距離でも問題ないんじゃね?」という結果が出たことも身が短くなった要因の一つとなっている)。

また、ストック身に加えて、それまでキャリングハンドルだった部分にパーツを別途追加するためのマウントレール「ピカティニー・レール」が装備されており、学照準器やレーザーサイトグレネードランチャー(M203)など装着可になっている。そのためカスタムパーツが豊富である(それを反映してかM16更新版であるA4の方でもキャリングハンドル部分がマウントレールに変わっている)

日本では、サバイバルゲームなどで使って遊ぶ遊戯エアソフトガン)として東京マルイやウェスタンアームズなど数社からM4シリーズが販売されており、エアソフトガンの中では一番人気バリエーションカスタムパーツが豊富に用意されている。

 

モデル・派生

M4 セレクターセミ/バーストになっているモデル
M4A1 セレクターセミ/フルオートになっているモデル
M4 MWS ハンドガード部分にアクセサリーを装備するためにピカティニー・レールを持つMWS(Moduler Weapon System)を装備したもの。ナイツ社製レイシステムRISRail Interface System)を組み込むことがほとんどである。
また、米軍の教範ではM4にRISを装着した物がM4 MWSとされ、特殊作戦群などでは通常のM4よりこちらが使われていることがほとんどである。試験時にはM4 E2とも呼ばれている。
M4 CQB-R M4に近接戦闘用のClose Quarters Battle Receiver(近接戦闘用レシーバー)を組み込んだもので、バレル長が10.3インチに短縮されており、米軍特殊部隊で使用されている。
ナイツ社のRISとLMT社のバックアップサイトが標準搭載されており、短銃身用にナイツ社のQDフラッシュハイダーも装備している。また、CQB‐Rにはブロック1、1.5、2などのバージョンが確認されている。
H&K HK416 H&K社が開発したM4近代カービン。作動方式がリュングマン式からショートストローピストン式に変更されたり、20mmピカティニー・レールシステムを標準搭載するなど、拡性や作動の確実性などを向上させている。
もともと本アメリカ陸軍からM4カービンの修依頼によって作り出されたモデルであり、次期正式採用小銃までの繋ぎとして採用される予定であったが、次期正式採用小銃が予算不足などの事情で調達中止になり、本もM4カービンを大規模修する必要性はそれほどなく、予算的にも必要性は薄いとの理由で一部の特殊部隊に少数配備されるにとどまった。
しかし、その後海兵隊に16インチバレルのモデルに小修を加えたものがM27という名称で分隊支援火器として採用されることになった。また、HK417という7.62×51mm弾仕様の発展もある。当初は「HKM4」と名付けられたが、M4を製造するコルト社から抗議を受けて現在の名称に変更された。

登場作品

Call of Duty 4: Modern Warfare
(コールオブデューティ4:モダンウォーフェア)
FPS ゲームシナリオ内で使用する機会が多い。
は低いが癖がく、反動も小さく扱いやすい。アタッチメントも豊富。
Counter Strike
(カウンターストライク)
FPS は低いが反動が小さい、サイレンサーが装備可
Grand Theft Auto
(グランド・セフト・オート)シリーズ
アドベンチャー 1986年1992年にはM4は存在しないだが、軍の人間が何故か所持している、ちなみに仮にあったとしても軍の制式採用年は1994年である。
Special Force
(スペシャルフォース)
FPS は小さいが反動が小さい、メッキ塗装を施したM4が期間限定で販売された(性は同じ)
Sudden Attack
(サドンアタック)
FPS 命中率も良く、反動も小さいのでヘッドショットに自信が有る人向けの武器
メタルギアソリッドシリーズ アクション 2ではレーザーサイトを装備したM4が登場、4ではM4 CUSTOMと言う名称で登場し、自由カスタムパーツを装着できる
アンチャーテッドシリーズ アクション シリーズ3作に当たる「砂漠に眠るアトランティス」以外のシリーズ全てに登場。
本編では序盤に手に入るAK47上位互換として中盤~終盤にかけて活躍する。
マルチプレイではAK47反動や命中率の点で劣り、威や連射性で勝る位置付けになっている。

映画・ドラマ

24 -TWENTY FOUR- ドラマ シリーズ全編に登場
アイ・アム・レジェンド 映画 ライトスコープレイシステムを装着したM4が登場、ネビルが護身用として所持
トランスフォーマー(実写版) 映画 ダットサイトM203を装備したM4が登場、米軍兵士が所持

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 110ななしのよっしん

    2019/10/02(水) 20:25:02 ID: 0WxZextuwq

    >>103
    MCXみたいなインテグラル・サプレッサーが流行り始めた事に二年の日を感じる。QDサプレッサーべて威や射程は悪化するけど取り回しと軽さ、減音効果で勝るらしい

    >>109
    AK共々、装オワコン化するまで使われそうな気配がある。そして土のカラシニコフさんが悲しむ

  • 111ななしのよっしん

    2019/12/17(火) 18:58:20 ID: hhrw6KgYr0

    記事に実際の交戦距離は以前の想定より短いとかあるが、

    ・200mの距離でも集弾
    ・想定されるボディアーマーを200mで貫通可
    現在小銃のように多くの兵が扱う火器は性が確保できるならも弾も軽ければ軽いほどよい

    ということで、小銃の代わりにMP7系を推すサイトを10年ほど前に見たのを思い出した。

    ボディアーマーの性向上で5.56mmでも貫通不足とされるのが現在

  • 112ななしのよっしん

    2021/02/09(火) 16:09:58 ID: WpgaKd9pOC

    なんだかんだ言ってもアサルトライフル完成形の一つだし
    100年後でも同じデザインが製造されてる気がする

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/03(水) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/03(水) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP