今注目のニュース
TGS2019:ラーメンの「湯切り」をゲームにするという悪魔の発想 神奈川工科大「湯切の頂」で決めろ天空落とし!
「吉本も含め、公取委はどんどんメスを入れて」芸能事務所の問題についてロンブー淳が橋下氏と語り合う
体外受精で受精卵取り違え 肌色の異なる赤ちゃん誕生で高額訴訟へ

MAMBO A GO GO単語

マンボアゴーゴー

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

MAMBO A GO GO とは、2001年KONAMI (現コナミデジタルエンタテインメント)が販売していた音楽ゲーム

概要

ラテン系の楽曲をメインとした楽曲が中心で、コンガモチーフとした一つと手前2つにボタンが設計された操作パネルが3つ計9個操作するが、実際全部使うのはHARDNORMALの一部難易度だけで、EASYでは何処をいてもOKの判定となっておりコアBEMANIユーザーと言うよりショッピングセンターなどに向けたファミリー層などを狙った商品であったが音楽ブームの陰りもあり1作のみで終わった。

ゲームは他の音楽ゲームのようなゲージ製のクリアレベルではなく一定の判定を持たせたゲージとなっておりGOOD以上で次のステージに進むことができた。また、同じような曲調を扱うゲームSAMBA DE AMIGO!(サンバDEアミーゴ)同様にゲージが低い場合背景が暗くなる・キャラがしぼむといった演出がなされていた。

画面のキャラクターは関節がねじ止めされた木製人形のようなコミカルキャラクターとなっており、代表的なコンガモチーフとしたキャラクター(SIR CONGA)は当時アニメ化されて流行に。あずまんがちよ父とも重ねられたこともあった。2015年現在ではpop'n musicキャラクターとして一部選択可である。

このゲームに収録されていた楽曲はCD販売もされていないため現在では聞くことが不可能な曲もあるが、ポップンDDRではGamelan de CoupleDanceEvolutionではLover's HighREFLEC BEATではGamelan de CoupleNova emoçãoと言った楽曲が収録されており、今でもTOMOSUKEが手掛けたマンボの楽曲をプレーすることが出来る。

(え?pop'nボタンがかぶってるじゃないかって?何を言ってるんだ。あれはあれで楽しかったんだよムービーが荒いとか画面がみにくいとか言うんじゃない)

関連動画

関連楽曲

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/15(日) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/15(日) 16:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP